フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

マニラのニノイ・アキノ空港について|市内へのアクセス・注意点など

留学や旅行などでフィリピンを訪れる日本人は、数多くいます。

フィリピンに到着すると、まずは空港を通るはずです。

フィリピンの首都マニラにある「ニノイ・アキノ空港」は、世界の旅行者を受け入れるフィリピンの玄関口となっています。

そこでこのページでは、ニノイ・アキノ空港にフォーカスし、空港での過ごし方や市内へのアクセス、周辺ホテルなど情報をまとめました。

旅の最初、もしくは最後にトラブルを起こして思い出が台無しにならないように、ぜひこのページを参考にして準備してください。

マニラのニノイ・アキノ空港とは?

マニラのニノイ・アキノ空港とは?

かつてはマニラ国際空港と呼ばれていましたが、政治家の個人名を冠し「ニノイ・アキノ空港」に解消されました。

ニノイ・アキノ空港には4つのターミナルがあり、国際線、国内線のハブとして、なくてはならない存在です。

ニノイ・アキノ空港の特徴をみていきましょう。

ターミナルの数は4つ

ニノイ・アキノ空港のターミナルは4つありますが、ターミナルビルの間の連結はほとんどありません。

ターミナルを移動する際は一度外に出て、連絡バスに乗る必要があります。

コードシェア便や乗り継ぎがあるときは、ターミナルビルを間違えないように注意して下さい

それぞれのターミナルを簡単に説明します。

ターミナル1(国際線専用)

ほとんどの国際線ターミナル1を利用します。ジェットスタージャパンや日本航空(JAL)も含まれています。

ターミナル2(フィリピン航空がメイン)

フィリピン航空、および子会社PAL エクスプレス専用の空港ターミナルビルです。

日本では東京、大阪以外にも、新千歳空港、中部セントレア空港、福岡空港に就航しています。

ターミナル3(国際線&国内線)

2008年に作られた最も新しい空港ターミナルです。

ターミナル1.2とはちょうど正反対の位置にあるので、徒歩での移動は難しいでしょう。

全日空(ANA)やキャセイパシフィック航空(香港)、シンガポール航空などが使用しています。

ターミナル4(国内線専用)

フィリピン国内間の移動に使われるターミナルです。フィリピン・エアアジアやセブゴーといったフィリピンの格安航空会社が使っています。 

24時間営業

空港自体は24時間いつでも入ることができ、早朝便を待つ多くの人々が空港で夜を明かします

ターミナル内では、ファストフードなどが24時間空いていますので便利です。

マニラの治安のことを考えると、深夜にタクシーでホテルに向かうよりは、空港で夜を明かし朝から行動することをおすすめします。

ニノイ・アキノ空港内のあれこれ

ニノイ・アキノ空港内のあれこれ

ここではマニラの空港の中について、マップやお店、出入国手続きを詳しく説明していきます。

ニノイ・アキノ空港のマップ

日本人が使うジェットスターや、セブパシフィック、ANA、JALが発着するターミナル1と2の地図を載せます。

ニノイ・アキノ空港のマップ

ニノイ・アキノ空港のマップ
(出典:JAPPH ジャフ

ニノイ・アキノ空港にあるお店・レストラン

免税店で買い物を考えている方は、デューティーフリー・フィエスタモールがおすすめです

JALやジェットスターが就航するターミナル1の近くにあります。

大型のショッピングセンターのような作りで、見るだけでも1時間以上はかかりそうなほど多くのお店が並んでいます。

あまり買いすぎて持ち出し可能な量以上となってしまわないように、ほどほどに楽しむようにしましょう。

ターミナル1の出国前にはお酒やタバコなど以外にも、スターバックスやハンバーガー、パスタ、ピザなどが食べられます。

ニノイ・アキノ空港にあるお店・レストラン

イミグレーションの方法

イミグレーションとは出入国管理のことで、フィリピンに着くときにあるものです。

飛行機を降りてしばらく進むと、入国審査のカウンターがありますので、外国人用カウンターに並びます。

入国審査のときにはパスポート以外にも、入国カードといわれるものを提出しなければなりません。

入国カードは飛行機の中で配られますので、そこで書き終えておくとよいでしょう。

実際の入国審査で聞かれることとしては、以下のようなものがあります。

入国審査で聞かれること(例)

Q: How long will you be in the Philippines? 

(どのくらいの日数フィリピンに滞在するんですか?)

Q: Where are you going to stay in the Philippines?

(フィリピンにいる間はどこに滞在しますか?)

Q: What is the purpose of your visit to the Philippines?

(フィリピンに来た目的はなんですか?)

Q: What is your occupation? / What do you do? (職業はなんですか?)

英語でのやり取りは、だいたいこのようなことが行われます。

あらかじめ自分の旅程については英語で答えられるようにしておくとスムーズでしょう。

空港から市内へのアクセス

空港から市内へのアクセス

空港からの主な手段を紹介します。

一番スマートでストレスが無いのはタクシーですが、少しでも費用を抑えたいという方はバスを利用するのがよいです。

それぞれみていきましょう。 

マニラ空港からの移動手段①タクシー

タクシーには、イエロータクシーと白タクの2種類あります。

イエロータクシーは空港から走ることを正式に許可されたタクシーです。

初乗り料金が70ペソで、400mごとに4ペソ上がっていく仕組みとなっています。

一方の白タクはいわゆるフィリピンで一般的なタクシーで、初乗り料金40円、300mごとに3.5ペソ加算されます。

地元の人が安い白タクを使う傾向にありますが、混雑している時間だと長蛇の列ができているので、待たなければなりません。 

マニラ空港からの移動手段②バス

事前にホテルを予約して、空港からのバスも手配していれば問題はありません。

そうでなければエアポートシャトルバスを利用してください。

Air21という企業によって運営されているUBE Express (UBEはUltimate Bus Experienceの略)が数年前から運行を開始しています。

ベンツへのバスを使用しており、座席のシートも快適です。

空港からは 「Mall of Asia方面」「ホテル エルミタ方面」「マカティ方面」、そして「パサイ方面」の4つのルートがあるので、滞在場所がバス停から近く、荷物の少ない時はバスを使いましょう。

値段は片道150ペソです。 

マニラ空港からの移動手段③Grabカー

日本でタクシー配車サービスの「Uber」は浸透していますが、Uberのフィリピン版がこちらの「Grab」というサービスです。

目的地を選択すると、距離に応じて自動的に料金が計算されます。

一般のタクシーをGrabで呼ぶことも可能ですが、Uber Carという一般の人が登録している車がおすすめです。

手数料がかからない上に、登録されている車が全て新車なので乗り心地快適だからです 

マニラ空港のラウンジ・マッサージ施設

マニラ空港のラウンジ・マッサージ施設

マニラの空港で乗り継ぎなどの時間が数時間あるという方に、ラウンジはマッサージ情報を求めました。

マニラ空港のラウンジサービス 

3つのターミナルのうち、ターミナル4の除く全てのターミナルにラウンジがあります。

JALであればターミナル1、ANAはターミナル3のラウンジが利用可能です。

利用に際してはカードステータスや上級会員などの条件がありますので、確認をする必要があります。

またメンバーシップで無い方でも、一回の利用あたり20ドル前後で利用をすることができます。

マニラ空港に関する注意点 

マニラ空港に関する注意点 

マニラ・ニノイアキノ空港はお世辞にも評判の良い空港とは言えません。

その証拠として、米CNNが2012年に行った「10 of the worlds’s most hated airports」(世界でもっとも嫌われている空港)という不名誉なランキングの第5位に当空港がランクインしているからです。

なぜこのような不名誉な評判が生まれてしまったのでしょうか。

マニラ空港の注意点①:施設の劣化、雨漏り

利用客からあげられる第一の点は、空港施設の保守管理の悪さです。

エレベーターのは陳腐化が進み、建物中には雨漏りが起こっている箇所もあります。

またソフト面では、入国管理官が賄賂を要求したりなどが指摘されています。

マニラ空港の注意点②:ポーターやタクシーのぼったくり

フィリピンだけに限ったことではありませんが、空港から市内までのタクシーでぼったくられてしまったという話をよく聞きます。

日本語で「荷物を持ちましょうか」と近づいて、善意でしてくれると思ったら実はお金を取るポーターだったというケースもあります。 

マニラ空港の注意点③:空港周辺の渋滞が常態化

空港とマニラの首都圏の間には鉄道がありません。

そのため道路の渋滞かが常態化してしまい、空港までの所要時間が読めなくなります。

そのため搭乗手続き時間よりもかなり余裕をもって到着しておかないと、渋滞に巻き込まれ「ノーショー」に陥る可能性もあるのです。 

マニラ空港の注意点④:空港税を払う必要あり

当空港だけに限ったことではありませんが、国際線施設使用料として550ペソ必要となります。

ただし、航空券を支払う際にすでに550ペソが含まれている場合は、現地で払う必要はありません。

航空券を予約する際に550ペソが加算されているかどうかを確認するようにしてください。 

まとめ:マニラのニノイ・アキノ空港について

まとめ:マニラのニノイ・アキノ空港について

このページでは、フィリピンの玄関口であるニノイ・アキノ空港に関して紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

インターネットには「世界一最悪な空港」などといった良くない評判を見て、心配になる方もいるかもしれません。

読者の皆さんを怖がらせるつもりはありませんが、日本語が通じないフィリピンですので、トラブルを未然に防ぐためにも、できることはやっておくべきでしょう。

この記事を参考にして、少しでもニノイ・アキノ国際空港のことを知っていただけたら幸いです。

その他のフィリピンの空港に関する記事はこちらをご覧ください。

【最新版】マクタン・セブ空港の施設、市内アクセス、注意点を徹底解説

【最新版】フィリピンの主要空港一覧|空港での過ごし方、注意点など

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。