【最新版】フィリピンの主要空港一覧|空港での過ごし方、注意点など | フィリピン大学留学ナビ
フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

【最新版】フィリピンの主要空港一覧|空港での過ごし方、注意点など

フィリピンは日本と同様、南北に細長い国です。

7000もの島からなるフィリピンでは、国内の移動であっても飛行機が便利です

そこでこの記事では、北から南までをカバーするフィリピン各地にある主要な空港をまとめました。

ニノイ・アキノ空港やセブ・マクタン空港などは訪れたことがある方なら一度は使ったことがあるはずです。

仕事や旅行などで、フィリピンの地方都市に行く予定の方は、ぜひ参考にしてください。

フィリピン行きの航空券についてはこちらの記事をご覧ください。
【フィリピン留学の航空券】相場や安い時期、おすすめ航空会社を紹介

フィリピンの主要空港①:ニノイ・アキノ空港

フィリピンの主要空港①:ニノイ・アキノ空港

フィリピンの玄関口としての役割を果たすのが、首都マニラにある「ニノイ・アキノ国際空港」です。

かつてはマニラ国際空港と呼ばれていましたが、「ニノイ・アキノ」という政治家の名前に改称されています。

ニノイ・アキノ空港のターミナルは4つ

ニノイ・アキノ国際空港のターミナルは全部で4つです。

日本から就航しているジェットスター航空や日本航空(JAL)はターミナル1を、そして全日空(ANA)やキャセイパシフィック航空(香港)、シンガポール航空などはターミナル3を使っています。

それぞれのターミナルの連絡は非常に悪く、バスを使っての移動となります

到着前には、自分がどこのターミナルを使うのか、確認しておくとよいでしょう。

市内までの交通手段

タクシーを使う場合は、一般的な白タクと、空港専用のエアポートタクシーがあります。

白タクは初乗りが40ペソで地元の人がよく使っています。

エアポートタクシーは黄色い色が目印で、初乗りは70ペソです。

その他、バスで市内に行く際は、UBE Express (UBEはUltimate Bus Experience)というシャトルバスがオススメです。

空港からは4つのルートに分かれていますので、滞在する場所や語学学校が停留所から近い場合はバスを使いましょう。

市内の渋滞には十分注意を

ニノイ・アキノ国際空港の注意点は、市街地の渋滞です。

鉄道がないため、空港までの道路が時間帯によっては混雑します。

渋滞にはまってしまうと、到着時間を計算することが難しいです。

搭乗時間に間に合わなければ、最悪の場合「ノーショー」となり、お金は返ってきません。

したがって、特に帰りの飛行機は時間に余裕を持って出発しましょう。

マニラのニノイ・アキノ空港について|市内へのアクセス・注意点など

フィリピンの主要空港②:セブ・マクタン空港 

フィリピンの主要空港②:セブ・マクタン空港 

日本人の語学留学地としても人気の高いセブ島。

そのセブ島の隣にある小さな島、マクタン島にあるのがセブ・マクタン空港です。

2018年7月に新ターミナルが完成

これまでのセブ・マクタン空港はターミナルが1つのみで、国内線と国際線が混在していました。

しかし国際線専用のターミナルが完成したことにより、これまでのターミナルを国内線専用とし、利用者にとってより利便性が高まりました。

木材を基調としたドーム状の天井は、清潔感に溢れています。

おみやげ屋やレストラン、マッサージやラウンジもありますので、やることがなく手持ち無沙汰になる心配はありません。

24時間オープンの空港

セブ・マクタン空港は早朝便に乗る利用客のために24時間空いています

一部店舗(ファストフードなど)も営業をしています。

「絶対に乗り遅れたくない」「朝の渋滞が心配だ」という方は空港に前泊をするか、もしくは空港周辺のホテルを予約するといいでしょう。

市内までの交通手段

セブ空港から市内までは、車でおよそ30分です。

タクシーは、マニラの状況と同じで、2種類あります。また公共のバスも朝7時から夜23時時まで運行しています。

タクシーを利用するときは、メーターがついているか、ついていたとしてもドライバーがメーターを使っているかを確認してください。

【最新版】マクタン・セブ空港の施設、市内アクセス、注意点を徹底解説

セブ島行きの航空券についてはこちらの記事をご覧ください!
【セブ島への航空券】LCCの料金相場や注意点を徹底解説

フィリピンの主要空港③:バコロド=シライ空港

フィリピンの主要空港③:バコロド=シライ空港

フィリピンのネグロス島北西部に位置するバコロドは、ニノイ・アキノ国際空港やセブ・マクタン空港から国内線でいくことが可能です。

(ネグロス島はセブ島の隣の島ならで、セブ島からであればぬるいことも可能) 

旅行慣れしている方は「ジプニー」を使おう

空港の駐車場にジプニーが駐車しており、バコロド中心にあるターミナルまで走っています。

しかしこれはあくまで、フィリピンに何度も訪れて旅慣れしている人におすすめをしたい移動方法です。

荷物が多い方は、無理せずにタクシーを使うようにしてください

街中までは15分で500ペソ(約1000円)でいくことができます。

フィリピンの主要空港④:クラーク空港

フィリピンの主要空港④:クラーク空港

車で約2時間ほど北上したところにあるのが、アンヘレス市です。

民間の語学学校も多数あり、留学でクラーク空港を使う人も多いことでしょう。

マニラ空港に比べて人が圧倒的に少なく、出入国審査(イミグレーション)も混まないのが便利な点です。

市内への移動方法はタクシーがメイン

クラーク国際空港はフィリピン政府が定める経済特区の中にあるため、ジプニーやトライシクルが空港敷地内に入ることが許されていません。

また徒歩で入ることもできませんので、移動はタクシーかバスを使うことになるでしょう。

フィリピン版Uberの「Grab」

アプリを使った配車サービス「Grab」はマニラやセブ以外の大都市でも利用することが可能です。

大きな荷物がある人や、友達数人と移動をする方にとっては周りに気を使うことがなく、かつ安心です。

ただし、アプリは日本にいる間にアカウントを作っておく必要があります。

フィリピンの主要空港⑤:ダバオ空港

フィリピンの主要空港⑤:ダバオ空港

ニノイ・アキノ空港、セブ・マクタン空港に着いで利用客が多いのが当空港です。

日本からダバオへの直行便はないので、バニラエアセブ空港で乗り換えて行くことになります。

飛行機の代わりにフェリーを使うこともできますが、1日以上かかってしまうのでおすすめはしません。

空港から市内までのアクセス

ダバオ空港から市内まではタクシーを使うのが一般的です。

空港を出てスロープを進むと右手にタクシー乗り場があります。

係員が乗るタクシーを指示してくれますので、順番に乗っていきます。

空港からダバオ市内まではおよそ200ペソ(400円)と、かなりお手頃です

フィリピンの主要空港⑥:イロイロ空港

フィリピンの主要空港⑥:イロイロ空港

パナイ島とギマラス島の中間中間地にあるイロイロ市。

日本からの直行便はないため、マニラもしくはセブから乗り継ぐことになります。

実は空港は市内からは少し離れており、イロイロ市から空港まではおよそ20 kmです。

空港からはタクシーかバスでの移動がメイン

荷物が多い場合は、タクシーを使うのが一番安全でしょう。

交通状況にもよりますが市内までは約300ペソ(600円)と、フィリピンの物価としては少しお高めです。

費用を抑えたい方は、SMモール行きのバスが70ペソで出ていますので、そちらを利用してください。

しかしバスは時刻表がなく、ある程度人数が揃ったら出発するという流れですので、注意が必要です。

フィリピンの主要空港⑦:プエルト・プリンセサ空港

フィリピンの主要空港⑦:プエルト・プリンセサ空港

フィリピン人が選ぶ一番きれいなビーチがパラワン島にあります。

そのパラワン島にあるのがプエルト・プリンセサ空港です。

食事施設が2.3個とおみやげ屋だけの非常にコンパクトな作りです。

小さな島の空港という雰囲気ですが、マレーシアのコタキナバルからも国際線が飛ぶ立派な国際空港です。

2017年のリニューアルでセキュリティは万全

プエルト・プリンセサ空港はリニューアルされて間もないこともあり、空港内のセキュリティや施設もしっかりとしています。

一度出るとまだ入るにはセキュリティチェックを受けなくてはなりません。

フィリピンの主要空港⑧:スービック・ベイ空港

フィリピンの主要空港⑧:スービック・ベイ空港

もともとはアメリカ軍が基地として使っており、現在は民間の空港として利用されているスービック・ベイ空港。

フィリピンのルソン島、スービック経済特区にある国際空港です。

就航しているのはPacific Pearl Airwaysのみ

基本的にはPacific Pearl Airwaysという航空会社のチャーター便のみの利用ですので、空港周辺は非常に閑散としています。

セブ島やプエルト・プリンセサ、ソウルを結ぶ便があります。

スービック市内へ向かうのは、タクシーを利用してください。 

フィリピンの空港の注意点

フィリピンの空港の注意点

最後の章では、フィリピンの空港で気をつけるべきことを3点紹介します。

国内を旅行中に思わぬトラブルに陥ってしまわぬよう、以下のようなことに気をつけてください。

①ターミナルフィーを払う

例えばセブ島のセブ・マクタン空港では、利用者全員に850ペソ(約1700円)の空港使用税(ターミナルフィー)を徴収しています。

現金をすべて使い切りたいという方は、850ペソを残しておきましょう。

またチケット購入時に常に空港使用税が含まれている場合がありますので、その場合は空港で二重に払う必要はありません。

②ポーターやタクシーのぼったくり

空港出て最初に気をつけたいのが、タクシーで市内に向かう時です。

フィリピンに着いたばかりだと相場が分からず、提示されたんだたんが高いのか安いのかが分かりません。

必ずメータータクシーを選んで乗るように心がけましょう

またぼったくりを防ぐために、空港内のツアーデスクなどで市内までの一般的な金額を聞いておくと、 ぼったくりだと気づくことができます。 

③市内からの所要時間を確認

グーグルマップなどで、滞在先から空港までの所要時間が表示されますが、その土地ごとの交通状況を考える必要があります。

例えばマニラであれば、時間帯によっては道が非常に混雑するでしょう。

鉄道などがないため、全ての人が道路を利用するためです。

帰国日は特に注意を払い、前倒しで行動をすることをおすすめします。

まとめ:フィリピンの主要空港一覧

まとめ:フィリピンの主要空港一覧

このページではフィリピンの主要国際空港一覧を紹介してきましたが、いかがでしたか。

旅行でフィリピンに行く方は、マニラやセブ島の空港を必ず利用することになります。

ここで紹介をした注意点も含めて、ぜひ参考にしてみてください。

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。