【フィリピン留学の航空券】相場や安い時期、おすすめ航空会社を紹介 | フィリピン大学留学ナビ
フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料相談

【フィリピン留学の航空券】相場や安い時期、おすすめ航空会社を紹介

「フィリピンに留学するけれど、航空券の相場っていくらなんだろう……」

と悩む方は多いのではないでしょうか。

フィリピン行き往復航空券の相場は、

  • FSC(JALやANAなど)で10万〜15万円
  • LCCで3万〜6万円

です。

ただしこの値段は、航空会社やシーズンによって変動します。
留学費用を節約したい場合は、安く購入するコツを知っておくことが欠かせません。

安く購入する方法を知っていると、費用を数万円ほど節約することも可能です。

とはいえ、具体的に安い航空券を購入するコツは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • フィリピン行き航空券の相場
  • 安い航空券を見つけるコツ
  • おすすめの航空会社
  • フィリピン行き航空券を購入するときの注意点

を紹介します。

まずは、フィリピン行き航空券の相場から大まかに見ていきましょう!

フィリピンの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

フィリピンの語学学校をチェックする!

フィリピン行き航空券の相場はいくら?【片道と往復】

フィリピン行き航空券の相場はいくら?【片道と往復】

はじめにフィリピン行き航空券の相場を

  • 片道
  • 往復

にわけて紹介しますね。

【片道】フィリピン行き航空券の相場は1万5,000〜8万円

片道の航空券の相場は、以下の通りです。

  • LCC(セブパシフィックなど):1万5,000〜3万円
  • FSC(JALやANAなど):5万〜8万円

LCCは特に安いです。
セール期間と重なったタイミングだと、2万円以下で購入することが可能です。

【往復】フィリピン行き航空券の相場は3万〜15万円

往復の航空券になると、料金の相場は以下の通りです。

  • LCC(セブパシフィックなど):3万〜6万円
  • FSC(JALやANAなど):10万〜15万円

FSCはサービスが提供されるぶん、料金が高くなります。

対してLCCは、食事や映画などのサービスがありません。
サービスを最小限におさえることで、低価格での販売が実現しているのです。

航空券を低価格で購入したい人はLCC、高くてもサービスを求める人はJALやANAなどのFSCがおすすめです。

ここまでフィリピン行き航空券の料金相場を紹介しました。

しかし安く購入するコツを知っていると、さらに低価格で航空券を購入することが可能です。

そこで次は、フィリピン行き航空券を最安値で購入するコツを紹介しますね。

フィリピン行き航空券を最安値で購入するためのコツ

フィリピン行き航空券を最安値で購入するためのコツ

ここからは、フィリピン行き航空券をさらに安く購入するコツとして、

  • 経由便を利用する
  • LCCのフライトを選ぶ
  • 安い時期に留学する
  • 比較サイトを活用する

の4つを見ていきましょう。

フィリピン行き航空券を安く購入するコツ1:経由便を利用する

1つ目のコツは「経由便を利用すること」です。

そもそも航空券には、以下の2種類があります。

  • 直行便:日本から目的地まで1本の飛行機で到着できるフライト
  • 経由便:日本から目的地まで2本以上の飛行機で到着できるフライト

そしてそれぞれには、以下のメリットとデメリットがあります。

【直行便】

  • メリット:乗り換えが必要ないので、移動が楽にできる
  • デメリット:料金が高くなりやすい

【経由便】

  • メリット:料金が安い
  • デメリット:乗り換えが必要なので、時間がかかる

料金を重視するならば、経由便を選びましょう。

例えばセブ島までのフライトでは、直行便と経由便で料金に以下の違いがあります。

  • 直行便:4万〜6万円
  • 経由便:3万〜5万円

経由便を選ぶだけでも、数万円ほど安くなりますよね。

浮いたお金は留学中の遊びや観光に使うことができます。

フィリピン行き航空券を安く購入するコツ2:LCCのフライトを選ぶ

2つ目のコツは「LCCのフライトを選ぶこと」です。

はじめにLCCとFSCでは、料金にいくらかの差があらわれるとお伝えしました。
LCCは先ほどもお伝えしたように、食事や映画、預け荷物などの追加サービスを利用できないためです。

そのぶんLCCの料金は安く、金額の差は5万円以上になることも少なくありません。
浮いたお金が5万円もあれば、授業料や滞在費にまわすこともできますよね。

LCCの航空券は荷物が少ない、娯楽サービスが必要ない人におすすめです。

またLCCでも、携帯に映画や電子書籍をダウンロードするなど自分で準備をしておくと、退屈をしのぐことも可能です。

フィリピン行き航空券を安く購入するコツ3:安い時期に留学する

3つ目は「航空券の安い時期に留学すること」です。

航空券の値段は、シーズンによって変動します。

例えば以下の通り。

  • 航空券の高い時期:年末年始やゴールデンウィーク、お盆など旅行シーズン
  • 航空券の安い時期:長期休暇の直後などオフシーズン

航空券の高い時期は休暇であり、多くの人が旅行するシーズンですよね。
飛行機を利用する人が増えるので、飛行機のチケットが余ることはほとんどありません。

高い値段でも売れることが多いため、航空会社が値下げすることはほとんどないのです。

対して長期休暇が終わったあとは、旅行する人が少なくなります。
フライトの席が余ることを防ぐため、航空券の料金が安くなりやすいのです。

特に安い時期は、

  • ゴールデンウィークが終わった直後から6月頃まで
  • 夏休みが終わったあとの10〜11月

などです。

時期を選べるならば、留学は5月中旬から6月、もしくは10〜11月頃を検討してみてください。

フィリピン行き航空券を安く購入するコツ4:比較サイトを活用する

4つ目は「比較サイトを活用すること」です。

比較サイトとは、さまざまな航空会社のチケットを検索できるサイトのこと。
目的地と日時を入力するだけで、安い航空券を一覧で表示してくれます。

比較サイトの中には、最安値を保証するものも少なくありません。
自分でさまざまな航空会社のサイトを探すより、スムーズに航空券を見つけることができます。

比較サイトは例えば、

などです。

気になる方は、サイトでフライトの検索だけでもしてみてください。

ここまで航空券を安く購入するコツをお伝えしました。

とはいえ、実際にどの航空会社を選べばいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、フィリピン行き航空券を安く購入できる航空会社を紹介しますね。

フィリピン行きの航空券でおすすめする航空会社3つ

フィリピン行きのフライトを運航するおすすめの航空会社として、

  • フィリピン航空
  • セブパシフィック航空
  • エアアジア

の3つを見ていきましょう。

フィリピン行き航空券が安い航空会社1:フィリピン航空

フィリピン行き航空券が安い航空会社1:フィリピン航空

フィリピン航空は、フィリピンが運営するナショナルフラッグです。

  • 往復航空券は平均5万円
  • セブ島やマニラまでの直行便あり
  • 利用できる空港は羽田や成田、関西、名古屋など

フィリピン航空はFSCです。
そのためフライト中は食事や映画が提供され、預け荷物にも追加料金は必要ありません。

料金は少し高くても、直行便でスムーズに移動したい人におすすめです。

フィリピン行き航空券が安い航空会社2:セブパシフィック航空

フィリピン行き航空券が安い航空会社2:セブパシフィック航空

セブパシフィック航空は、フィリピンのLCCです。
セブ島やマニラまでのフライトを運航しており、日本人留学生も数多く利用しています。

  • 往復航空券は平均4万円
  • セブ島やマニラへの直行便と経由便あり
  • 利用できる空港は成田空港

セブパシフィック航空のフライトは、昼に出発するものが中心。
お昼からゆっくりと出発したい人におすすめです。

フィリピン行き航空券が安い航空会社3:エアアジア

フィリピン行き航空券が安い航空会社3:エアアジア

エアアジアはマレーシアが運営するLCCで、主にクアラルンプール経由のフライトを運航しています。

  • 往復航空券は平均3万円
  • マレーシアやタイを経由する便が多数
  • 利用できる空港は羽田や関西、名古屋など

エアアジアでフィリピンまで移動する場合、経由便になります。
しかし経由地はマレーシアやタイなどになるため、東南アジアを旅行することも可能です。

留学の前後に東南アジアを旅行したい人におすすめです。

ここまでおすすめの航空会社を紹介しました。

しかしフィリピン行きの航空券を購入するときには、いくつか注意点があります。
次で詳しくお伝えしますね。

フィリピン行き航空券を購入するときに注意したい3つのポイント

フィリピン行き航空券を購入するときに注意したい3つのポイント

フィリピン行き航空券を購入するときの注意点として、

  • 往復航空券を購入する
  • パスポートの有効期限を残しておく
  • LCCで荷物を預けるには追加料金がかかる

の3つを解説します。

ポイント1:往復航空券を購入しておく

1つ目は「往復航空券を購入すること」です。

フィリピンは片道航空券での入国が許可されていません。
その理由は「外国人の不法滞在を防ぐため」です。

そのため留学期間が短期でも長期でも、往復航空券を購入して入国するようにしましょう。

ただし出国する航空券の行き先は、日本以外でも問題ありません。
タイやマレーシア、バリなどほかの国へのフライトなら、日本行きより安く購入できることもあります。

とにかくフィリピンを出国する航空券だけは、必ず用意しておいてください。

留学の場合はオープンチケットもおすすめ

長期留学の場合、オープンチケットを購入するのもおすすめです。

オープンチケットとは、帰国する日にちを後から変更できるチケットのこと。
搭乗区間のみ指定しておくので、購入時に帰国日は指定しません。

長期留学の場合、帰国日の目処が立たない場合も多いかと思います。
とりあえず決めた日にちをあとから変更するとなると、追加費用が発生してしまいます。

必要ない費用を支払うことは、なるべく避けたいですよね。

オープンチケットなら航空券はおさえているので、帰国前に慌てて購入することもありません。
日時もあらかじめ決めることができるため、余裕を持って留学を楽しむことが可能です。

帰国日が先になりそうな方は、オープンチケットも検討してみてください。

ポイント2:パスポートの有効期限を留学期間ぶんだけ残しておく

2つ目は「パスポートの有効期限を確認しておくこと」です。

フィリピンへ入国するとき、パスポートの有効期限は「留学する期間分だけ」必要です。

以前は「留学する期間+6ヶ月」の残存期間が求められましたが、変更されました。
現在必要な残存期間は、留学する期間だけで問題ありません。

1ヶ月の留学なら1ヶ月分、6ヶ月の留学なら6ヶ月の残存期間が必要です。

事前にパスポートの残存期間をチェックし、少ない場合はパスポートを更新しておきましょう。

ポイント3:LCCの航空券は預け荷物に追加料金がかかる

3つ目は「LCCの預け荷物は追加料金がかかること」です。

先ほどLCCは、サービスの利用に追加料金が発生するとお伝えしました。
例えばスーツケースなど大きい荷物を預ける場合、3,000〜1万円ほどの追加料金を支払うことになります。

追加料金をおさえたい場合、荷物はなるべく少なくすることをおすすめします。

例えば、

  • 衣服はフィリピンで購入する
  • シャンプーなど消耗品も現地で用意する

などです。

追加料金をおさえることで、結果として留学費用も節約できます。

フィリピン行き航空券は、相場や安い時期を調べれば低価格で購入できる

フィリピン行き航空券は、相場や安い時期を調べれば低価格で購入できる

今回は、フィリピン行き航空券について解説しました。

おさらいすると、フィリピン行き航空券の相場は以下の通りです。

【往復航空券】

  • LCC(セブパシフィックなど):3万〜6万円
  • FSC(JALやANAなど):10万〜15万円

またフィリピン行き航空券は、以下の方法でさらに安くすることも可能です。

  • 経由便のチケットを購入する
  • LCCのフライトを選ぶ
  • 安い時期に留学する
  • 比較サイトを活用する

そしておすすめの航空会社として、以下の3つを紹介しました。

  • フィリピン航空
  • セブパシフィック航空
  • エアアジア

最後に紹介した注意点もあわせて、上記の中から購入する航空券を探してみてくださいね。

またフィリピン留学では、航空券以外にも学校などをあからじめ選んでおくことが必要です。

学校選びのポイントについて、詳しくは以下の記事をご覧ください!

【フィリピン留学】学校選びがスムーズになる7つのポイント

フィリピン留学の効果は?【留学期間ごとに徹底解説!】

フィリピン留学を徹底解説!特徴・メリット・デメリットを完全網羅

フィリピンの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

フィリピンの語学学校をチェックする!

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。