ゼン イングリッシュ(ZEN English) | フィリピン大学留学ナビ
フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

ゼン イングリッシュ(ZEN English)

ゼン イングリッシュ(ZEN English)
学校名ゼン イングリッシュ(ZEN English)
予算目安6.3万円〜
おすすめ度 ★★★★★
  • 基本情報
  • 料金
  • 写真・動画
  • 宿泊先・
    周辺情報

ゼン イングリッシュ(ZEN English)の概要

ゼン イングリッシュ(ZEN English)は前身校が2009年にセブ大学と南フィリピン大学と提携する形で設立されました。
そこから7年後の2016年に南フィリピン大学との提携解消によって日本人専門の語学学校としてゼン イングリッシュ(ZEN English)が設立されました。

ゼン イングリッシュ(ZEN English)の教育

ゼン イングリッシュ(ZEN English)では「真面目留学」をコンセプトとして英語を学びます。
これは他の語学学校のように旅行気分ではなく、真剣に英語を学ぶ環境の整備です。
実際に、学校の受け入れに関しても真面目に勉強できると学校に認められた人しか入学することができません。このようなコンセプトのもとゼン イングリッシュ(ZEN English)では少人数制の体制を取り、確実に英語力を伸ばします。
またゼン イングリッシュ(ZEN English)の特徴として、カリキュラムが完全オーダーメイド制であることが挙げられます。
少人数だからこそ学生と講師の距離が近く、それぞれの学生にあったプランで授業が進行していきます。

ゼン イングリッシュ(ZEN English)の学生

ゼン イングリッシュ(ZEN English)の学生数は15人程度で、夏季の繁忙期でも30人程度と少人数です。
また学生の国籍はほぼ100%日本人ですが、今後は国際化を目指し台湾人学生の受け入れを開始しました。
学生がほぼ日本人ということで生活スタイルや食事など様々な部分が日本人にとって快適な形で提供されています。

ゼン イングリッシュ(ZEN English)の生活

ゼン イングリッシュ(ZEN English)ではとにかく勉強を頑張る毎日を送る人が多いようです。
他の語学学校では放課後にショッピングモールや外食に出かけたり、週末に海でのアクティビティを楽しむ人が多いですが、ゼン イングリッシュ(ZEN English)の生徒は週末も含めて寮や寮近隣で過ごす人が多いです。
その中で授業以外の時間を自習に当てています。
生徒の自習のために自習室は24時間解放されており、カフェテリアも23時までオープンしています。
そのため、短期間で英語力を高めたい社会人の方や、中高生で集中して英語を学びたいような人たちにオススメされます。

4マンツーマンコース

コース詳細
マンツーマン
4コマ
グループ
2コマのオプショナル
その他

6マンツーマンコース

コース詳細
マンツーマン
6コマ
グループ
2コマのオプショナル
その他

8マンツーマンコース

コース詳細
マンツーマン
8コマ
グループ
その他

食事付きコース

コース詳細
各コースを食事付きにする場合の追加料金です。
マンツーマン
-
グループ
-
その他
-
ゼン イングリッシュ(ZEN English)の動画
写真一覧

宿泊先情報

設備ベッド、机・椅子、冷蔵庫、洗面台、トイレ(紙が流せる)、シャワー(温水)、エアコン、収納スペース、セーフティーボッ
クス、3階と4階に無料のウォーターサーバーがあり、熱湯・冷水両方使用可能です
洗濯週2回
掃除週2回
宿泊形態【ホテル】1人部屋、2人部屋、3人部屋
 ※一般薬提供(無料)
入退寮日日曜日。それ以外も相談可能

宿泊先の周辺地図

zen english philippine

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。