【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)

学校名アテネオ大学(Ateneo de Manila University)
予算目安120万円
おすすめ度 ★★☆☆☆
  • 基本情報
  • 料金
  • 写真・動画
  • 宿泊先・周辺情報
  • 口コミ

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)の概要

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)は、1859 年にイエズス会によって創立された長い歴史と伝統を誇る、フィリピンでも有数の私立大学です。 メインキャンパスは、フィリピン・ルソン島のメトロマニラ最大の都市であるケソン市に所在し、現フィリピン大統領 ロドリゴ・(付け足す)ドゥテルテが以前市長を務めていたダバオ市にもキャンパスを持ちます。

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)のランキング

QS 社の世界大学ランキングのアジア部門では99 位にランクインし、大学レベルの高さが伺えます。フィリピン国内では、フィリピン大学ディリマン校(University of the Philippines Diliman)につぐ2位の座をデ・ラサール大学(De La Salle University)と争っています。 アテネオ大学とデ・ラサール大学は学業以外に、スポーツでもライバル関係にあります。実際に、フィリピンで人気の高いバスケットボールリーグでは日本でいうところの早慶戦のような盛り上がりを見せます。 フィリピンの公的機関が実施する大学評価では、特に英語や英文学、現代言語の分野において、国内最高レベルの教育水準と評価されています。

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)と提携している日本の大学

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)は日本の大学とも積極的に協定を結んでいます。現在では九州大学、千葉大学、同志社女子大学、関西学院大学、明治大学など23の日本の大学と国際交流を行なっており、日本からの留学生が数多く在籍します。

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)の特徴

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)は日本の慶應義塾大学のように、幼稚園から大学院までを備え、全体で約20,000人の児童・生徒・学生が所属します。大学・大学院では約14,000人の学生が学んでいます。学生はフィリピンの中でも教育熱心な家庭で育った割合が高く、アテネオ大学(Ateneo de Manila University)に通うことが一つのステータスとなっているようです。 キャンパス内には日本語を学んでいる学生が数多く在籍しています。日本人と積極的にコミュニケーションを求める学生が多いため、現地の学生とたくさん交流が可能です。

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)の生活環境

また、アテネオ大学(Ateneo de Manila University)はセキュリティー面に関しても安心です。校舎の周りはがっちり頑丈な柵で囲まれ、24時間体制で警備員が常駐しているため、生徒と関係者以外はキャンパス、及び校舎内に入ることができません。自由にキャンパスに出入りできるフィリピン大学ディリマン校(University of the Philippines Diliman)とは大きく異なります。

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)出身の有名人

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)は政界に数多くの人材を輩出しています。フィリピン独立運動のリーダーであり、現在でもフィリピンの国民的英雄として愛されるホセ・リサールをはじめ、第14代大統領 グロリア・アロヨや、第15代大統領 ベニグノ・アキノ3世もアテネオ大学(Ateneo de Manila University)出身です。

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)の学部一覧

社会科学 理学 情報科学 経営 宗教 神学 人文科学 教養言語 工学造形 行政 医療保健

大学留学/正規留学コース

コース詳細
アテネオ大学(Ateneo de Manila University)の大学留学コースです。正規の学生や留学生として大学に所属し授業を受けます。大学は毎年8月から学期が始まります。学部生は4年間。大学院生は2年間で卒業が可能です。
アテネオ大学(Ateneo de Manila University) の学部一覧
社会科学 理学 情報科学 経営 宗教 神学 人文科学 教養言語 工学造形 行政 医療保健
マンツーマン
-
グループ
-
その他
-

このコースの料金表をみる

半年1年2年4年
大学コース100万円120万円初年度120万円 次年度以降40万円初年度120万円 次年度以降40万円
大学院コース90万円110万円初年度110万円 次年度以降20万円
アテネオ大学(Ateneo de Manila University)の動画
写真一覧
Philippines, Metro Manila, Quezon City, アテネオ・デ・マニラ大学

アテネオ大学(Ateneo de Manila University)口コミ一覧

この口コミは真理奈さんが留学された当時の主観的なご意見・ご感想であり、 学校の提供するサービスを客観的に評価するものではありません。 あくまでも学校選定の一つの参考としてご活用ください。 現在と異なる場合がありますので、最新の情報はお問い合わせください。

アテネオ大学への留学の概要

「交換留学に行くよ!」と友人から聞いたら、あなたはどの国を頭に思い浮かべますか?アメリカやヨーロッパ各国を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし私が選んだのは、東南アジアに位置するフィリピンでした。この体験記でフィリピンでの素敵な半年間の交換留学生活を皆さんにお伝えしたいと思います。

アテネオ大学に留学を決めた理由

私は2018年8月から12月までの約5か月間をフィリピンのアテネオ大学にて過ごしました。正直なところを言うと、自分がフィリピンに留学するとは夢にも思わず、行く直前までフィリピンのことは全く知りませんでした。そんな私が留学を決めたきっかけは教授からの一言、「このプログラム、どう?」アテネオ大学が含まれる、SAIMS(Sophia A I M S):東南アジア交換留学プログラムには、上智大学での必須履修科目といくつかの推奨科目があります。それらの科目はすべて環境学に関連しているもので、中東での水資源運用をテーマに勉強していた私は、知らずにすべての科目を一年生の時に履修していました。自身の勉強したいことを知ってくださっている教授にこれを進められたときに私は「はい」の二つ返事で行くことを決めました。

アテネオ大学について

大学生活はとても充実したものでした。かねてより環境学関連科目を履修したいと感じていた私は、環境経済、環境哲学、災害リスク軽減、資産運用の4クラスを環境と開発学部から履修しました。アテネオ大学の生徒は非常に勉強に対する意識が高く、頭の回転が速い、仕事ができる、という印象を強く受けました。講義型が多い日本の教育と比較して、プレゼンテーションとディスカッションの時間が多分に設けられていました。また、フィールードワークもとても多く、実際の小さな村にボランティアをしながらインタビューをしたり、学内でアンケート調査を行ったり、ファンドレイジングイベントを行ったりしました。限られた時間内で、プロジェクトを計画、実行、データ収集するのは実践的で、とてもやりがいを感じました。

フィリピンという土地柄

フィリピンという土地柄から、自分の「特権」というものを考えさせられました。フィリピンは日本と異なり、社会階層が経済状況に応じてはっきりと階層化されています。アテネオ大学はフィリピンの中でも特に上位層に位置する、裕福な家庭からきている生徒が多く、文字通り、将来の国家を担う人々でした。彼らの将来に対する考え、フィリピン社会を見る観点は、生ぬるい日本社会で生きてきた私に、「社会における自分の特権」の意味を考えさせてくれました。これは本当にフィリピンという土地がもたらしてくれたかけがえのない経験だったと思います。

たくさんできたコネクション

留学の一番の財産、人生における一番の財産といえる、人とのつながり。とても恵まれたことに私はこの半年間でとても素敵な友人たちと深く、強いつながりを築き上げることができました。私と友人たちは自然がとても好きな人々だったので、時間さえあれば毎週末のように旅行をしました。大きな太陽とどこまでも広がる青い海、友人たちと澄んだ山の中で滝を目指して歩いたり、砂浜で幾千もの星を眺めながら語ったり、夕日を海の地平線で見たりしたことはこの先ずっと私の宝物になると思っています。育った背景も、住んでいる場所も、地球のまるで反対側なのに、このフィリピンという土地が私たちを引き寄せてくれたことに私たちは心から感謝をしていました。互いを理解しあい、価値を認め合い、何の期待もなく、ただそのエネルギーを他者へ受け渡すことができる人々は多いようで実はとても少ないです。彼らと過ごした時間すべてが私を私でいることとして愛してくれ、より良い人間へと成長させてくれました。限られた時間しか物理的にいられない人は、この世界にたくさんいると思うのです。でも、離れても、彼らと繋がっていたその時間で、私は強くなれるほど、彼らのくれた愛は深く、大きく、そしてどこまでも続くものだということを今でも実感しています。

今思うこと&皆さんへのメッセージ

人生におこることには全て理由があります。始まりはそれがわからなくていいのですが、今ではなぜ私がこのジャーニーに飛び込むべきだったかの理由がわかります。人とのかかわりから見つけた、自分のコアとなるもの、価値観、は今後の人生すべてにおける基盤となりました。留学からそろそろ約1年が経過しようとしていますが、このフィリピンを留学先として連れていってくれた教授、応援してくれたすべての人々、出会ってくれたすべての人々に感謝の気持ちでいっぱいです。留学の行先は、どこでも、理由は、なんでもいいと思います。すべてはきっと、その与えられた運命のその時の瞬間をどう過ごすかで、その意味付けは大きく変化するということです。きっとあなたにも、あなたの素敵なジャーニーが待っていると思います。恐れず、その波に乗ってみてはどうでしょうか?

この口コミはいずみさんが留学された当時の主観的なご意見・ご感想であり、 学校の提供するサービスを客観的に評価するものではありません。 あくまでも学校選定の一つの参考としてご活用ください。 現在と異なる場合がありますので、最新の情報はお問い合わせください。

アテネオ大学への留学の概要

初めまして、私は2018年8月から2019年5月までの2学期、アテネオ・デ・マニラ大学に交換留学生として在籍していました。

アテネオ大学について

 アテネオ大学は、フィリピンの有名私立大学なだけあり、大学設備がとても整っています。冷房がない歴史ある校舎もありますが、新しく建てられた校舎には冷房が完備されています。緑も豊かで、とても気持ちのいいキャンパスです。食堂は4ヶ所あり、好きな場所で食事を取ることができます。アテネオのユニークな点ですが、経営学部の生徒が運営するカフェテリアがあります。毎年コンペティションを勝ち抜いた企画が実際にカフェテリアとして経営学部の生徒により経営されていて、私のいた年では、韓国料理やインド料理、イタリア料理、スペイン料理から日本料理まで、もちろんフィリピン料理もありました。図書館は二箇所あり、どちらも冷房がついています。自習できるスペースも広く、大学のコンピューターを使えるコンピューターブースもあります。オーディオブースもあり、サークルで何か鑑賞会などをする際や、授業で映画を見る際にも図書館が使われます。アテネオ大学はフィリピンの中でも比較的、お金を持っている富裕層が多く通う大学です。他に有名な私立大学として、デラサール大学もありますが、アテネオ大学の方が富裕層が通うイメージがフィリピン人の中にはあるそうです笑。そのような私立大学なのでセキュリティはとても厳しく、ゲートにいるガードに身分証を見せなければ入ることができません。また、アテネオでは大学構内では必ず自分のIDを首から下げなければならず、大学構内は非常に安全です。アテネオ大学の周りに走るトライシクルもアテネオからの価格表がついており、アテネオの周りでお金をぼられるという心配もありません。また、LRTのKatipunan駅とジープニーステーションまで徒歩圏内のため、アテネオの近くに住めば移動手段に困ることはないと思います。他にも、アテネオにはとても立派なアートギャラリーがあり、美術鑑賞が好きな人にはとてもいいと思います。

 

アテネオ大学の授業と留学生について

アテネオ大学は交換留学生がとても多く、UPでは韓国、日本人などアジア系が目立ちますが、アテネオの場合一番多い交換留学生はフランス人です。他にもスペイン人やドイツ人、デンマーク人なども留学にきていました。もちろんシンガポールや日本からの留学生もいました。アテネオは留学生が取れる授業が多く、取りたい授業を扱う学部から許可がおりれば、どの授業でも取ることができます。フィリピンらしい、リサール学やフィリピンの歴史、フィリピン建築学などの授業もあります。英語力を伸ばしたい人のためにアカデミックイングリッシュの授業も開講されています。また、初心者のためのタガログ語の授業も開講されています。アテネオは日本語の授業も開講しているので、日本語が少しできる人も多いという印象を受けます。授業はすべて英語で行われ、アテネオ生は英語を母語とする人が多いため、そんなクラスメートたちと会話しながら英語力を向上させることができます。授業は日本に比べるとグループワークが多く、クラスメートと交流する機会がたくさんあります。プレゼンテーション技術が非常に高く、英語だけでなく、たくさんのことを生徒からも学ぶことができます。授業によってはリーディング課題がとても多く大変ですが、日本では読めないような文献に触れられるのでとても楽しかったです。

 

アテネオ大学のサークル活動について

日の本という日本文化サークルがあり、私はそこに所属しながら、日本語を学びたい人向けに放課後に日本語を教えることもしていました。アテネオはサークル(フィリピンだとorg,organizationの略で呼ばれています)がたくさんあり、留学生も参加することができます。skin divingのサークルや山登りのサークル。貧困層の地域へのボランティアを行うサークルや、女性や子供たちへの支援をするサークルもあり、様々なサークルに参加することができ、友達を作ることができます。また、アテネオには留学生をお世話してくれるASECというサークルがあり、そこのサークル生が留学生一人につき一人付き、学校生活のサポートを行ってくれます。ASECは留学生向けのイベントも開催しており、パーティーなどを開催してくれることもあります。また、留学生たちと行く旅行の企画なども行ってくれます。

 

アテネオ大学での生活について

 アテネオ大学の周りはたくさんの飲食店があり、放課後友達と晩御飯を食べる場所には困りません。また、周りにはカフェもたくさんあり、勉強で使ったり、友達とおしゃべりしに行ったりしました。

 アテネオがあるカティプーナン通りにはたくさんのコンドミニアム、寮があります。大学構内にも寮がありますし、アコモデーションで困ることはありません。フィリピンのコンドミニアムは学生が住めるような値段のものでもプールとジムがほぼついています。ガードが常駐している寮、コンドミニアムがほとんどで、安全面は問題ありません。

 最後に、フィリピンにはたくさんの大学があります。どの大学も素晴らしく、各大学に特色があります。その中で私はアテネオ大学を選び、その選択はとてもいい選択だったと思っています。優れた設備、興味深い授業、優しい先生方、フレンドリーで賢いクラスメートたち、たくさんの留学生と過ごしたアテネオ生活は本当に素晴らしいものでした。この体験記がみなさんの留学選択の一助になることを願っております。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!