フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

フィリピンの英語留学ってどう?メリットや費用、ポイントを徹底解説

「フィリピンでの英語留学ってどんな感じなんだろう……」

と感じている方は多いのではないでしょうか。

フィリピンはアジアにある国ですが、公用語として英語を使用する人が少なくありません。
クリアで聞き取りやすいうえに、マンツーマンレッスンで英語力アップに成功する人も多いです。

とはいえ、具体的にどのような特徴やメリットがあるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、フィリピンでの英語留学について

  • メリットとデメリット
  • 大まかな特徴
  • 期間別の費用目安
  • おすすめの語学学校

を紹介します。

まずはメリットから大まかに見ていきましょう!

Contents

フィリピンで英語留学をする3つのメリット

フィリピンで英語留学をするメリット

はじめにフィリピンで英語留学をするメリットとして、

  • マンツーマンレッスンで学習できる
  • 留学費用をおさえることができる
  • 短期間から留学できる

の3つを解説します。

フィリピンで英語留学をするメリット1:マンツーマンレッスンでしっかりと学習できる

フィリピンでの英語留学は、講師と生徒が1対1で取り組む「マンツーマンレッスン」が主流です。

教室には自分と講師だけのため、周囲を気にしながら発言する必要もありません。
人前で話すことに抵抗を持ちやすい日本人でも、英語を話す機会が圧倒的に増えます。

インプットとアウトプットを効率よくできるため、結果として英語力アップにつながりやすいです。

フィリピンで英語留学をするメリット2:低価格で留学できる

フィリピンでの英語留学の魅力は「留学費用を節約できること」です。

例えばフィリピンとアメリカで、1ヶ月の留学費用を比べてみましょう。

※4人部屋の学生寮に滞在した場合

【フィリピン】
学費と滞在費:13万〜20万円
ビザ代:1万8,000円
航空券:3万〜7万円
生活費:1万〜3万円
合計 16万8,000〜30万8,000円

1ヶ月のフィリピン留学の費用については詳しくは以下の記事をご覧ください。
【完全解説】フィリピン留学1カ月の総額費用は?

【アメリカ】
学費と滞在費:20万〜35万円
ビザ代:1万8,400円
航空券:10万〜15万円
生活費:7万〜10万円
合計 38万8,400〜61万8,400円

フィリピンを選ぶだけで、数万〜数十万円の節約につながる可能性が高いです。

フィリピンで英語留学をするメリット3:短期間から留学できる

フィリピン留学は、1週間から可能です。
日本からの距離が近いため、長期休暇や有給を活用して渡航する人も少なくありません。

忙しい学生や社会人でも、自分のタイミングにあわせて留学できます。

フィリピンで英語留学をする3つのデメリット

フィリピンで英語留学をするデメリット

続いてはデメリットとして、

  • 必ず英語が身につくとは限らない
  • 学校によって講師の質にバラツキがある
  • エリアによっては治安が不安定である

の3つを解説します。

フィリピンで英語留学をするデメリット1:必ず英語が身につくとは限らない

フィリピンで英語留学をしたからといって、必ず英語力が伸びるわけではありません。
中には「3ヶ月以上の留学をしたけれど、帰国後も英語は話せないまま」という人も存在します。

英語力が伸びにくい理由は「長時間のマンツーマンレッスンに満足して自習をしなかったため」です。

英語は予習と復習をしないと、なかなか定着しません。
予習と復習の時間を確保して、留学中の時間を最大限に活かしましょう。

フィリピンで英語留学をするデメリット2:学校によって講師の質にバラツキがある

フィリピン人講師は明るくてフレンドリーで、真剣に英語を指導してくれる人がほとんどです。
しかし中には遊びやおしゃべりが中心で、指導の効果を感じにくい人も少なくありません。

講師の質に差があるのは、以下の理由が考えられます。

  • 一部の学校で講師に適切な報酬を支払っていない
  • 英語の指導法や教育について学んでいない講師を雇っている

講師も適切な報酬を得られないために、モチベーションが上がりにくいようです。

不安な場合は、口コミを確認できる学校を選びましょう。
実際に授業を受けた留学生の口コミは、最も信頼できるもの。
講師の授業中の態度や指導スタイルなど、納得できるまで確認してみてください。

フィリピンで英語留学をするデメリット3:エリアによっては治安が不安定である

フィリピンは留学先の中でも、治安が良いです。
殺人事件や強盗、テロなどは少なく、安全に英語学習に集中できます。

ただし一部のエリアでは、治安が不安定になることが少なくありません。
例えば外務省の海外安全ホームページを見ると、ミンダナオ島はレベル3「渡航は止めてください」となっています。

不安な場合は、以下のエリアを検討してみてください。

  • セブ島
  • マニラ
  • クラーク

日本人や観光客が多く、安全に滞在できる地域です。

フィリピンでの英語留学とは?学習スタイルや期間を紹介

フィリピンでの英語留学とは?

続いては、フィリピンでの英語留学を、

  • フィリピン人の英語
  • 学習スタイル
  • 留学期間
  • 留学生の年代や性別
  • 伸びる英語力の目安

にわけて解説しますね。

ポイント1:フィリピンでの英語留学でもなまりが少ない

フィリピンでは語学学校に入学し、授業や課題を通して英語を学ぶ「語学留学」が一般的です。
英語留学が多い理由は、フィリピン人の多くがクリアで聞き取りやすい英語を話すためです。

フィリピンでは公用語として、英語を使用します。
フィリピノ語やダガログ語なども話されていますが、80〜90%の人が英語を話せると言っても過言ではありません。
特に講師が学校でなまりの入った英語を話すことは避けられています。

クリアな英語を聞き続けることで、正しい発音を学習できます。

ポイント2:フィリピンでの英語留学における学習スタイル

フィリピンでの英語留学では、主に以下のスタイルで英語を指導しています。

【マンツーマンレッスン】
講師と生徒が1対1で授業を進めること。
フィリピン留学のマンツーマン授業については以下の記事も併せてご覧ください。
フィリピンでの留学でマンツーマンレッスンのある学校や効果まとめ

【グループレッスン】
1人の講師と2〜4人の生徒で授業を進めること。

また指導スタイルも、以下2つにわけることができます。

【スパルタ】
英語学習だけに集中する環境を作り、講師からも厳しい指導を受けるスタイル。
マンツーマンレッスンが1日7〜9時間と長く、「平日は外出禁止」「毎日の授業前に英単語のテストを実施」など厳しいルールも課せられる。

スパルタ学校については以下の記事もあわせてご覧ください。
フィリピン語学留学のスパルタ校の実態とは?メリット・デメリットも紹介

【セミスパルタ】
厳しい指導はあるものの、スパルタよりも少しルールが軽くなるスタイル。
「平日は17時以降から外出可能」など、ある程度の息抜きの時間を持つことができる。

またそれ以外に「アクティビティや観光も楽しむ学校やコース」もあり、目的にあわせて指導スタイルを選択できます。

ポイント3:フィリピンでの英語留学ができる期間

フィリピンでの英語留学は、1週間から可能です。
また期間は1週間ずつ伸ばすことができるため、何週間も滞在する人が少なくありません。

人気の期間は、

  • 1〜2週間
  • 1ヶ月
  • 3ヶ月

などです。

ポイント4:フィリピンで英語留学をしている人の年齢層や性別

フィリピンでの英語留学に、年齢や国籍、性別による制限はありません。
何歳でも留学でき、さまざまな年代や国籍の留学生がフィリピンで学んでいます。

日本人の場合、留学生の年代は以下にわかれています。

  • 18〜22歳の大学生
  • 22〜40歳くらいの社会人
  • 50〜70代の社会人、もしくは退職したシニア

夏休みなど長期休暇に留学できること、低価格で留学できることなどの理由から、最も多いのは大学生です。

年齢に関係なく留学できるのも、フィリピンにある語学学校の大きな魅力です。

ポイント5:フィリピンに英語留学をして伸びる語学力の目安

多くの留学生が英語力ゼロからのスタートですが、期間によっては大幅に英語力をアップさせています。

というのもフィリピンの語学学校には、英語力に関する入学条件を設けていません。
英語に苦手意識がある場合でもレベルにあった授業を提供してくれるため、モチベーションが継続しやすいです。

英語初心者でも、3ヶ月の留学で日常英会話ができるレベルまでは身につくでしょう。
中には1ヶ月の留学で、TOEICスコアを300点近く上げた留学生も多いです。

もちろんすでにある程度の語学力がある場合には、さらに高いレベルを目指すことが可能です。

フィリピンで英語留学にかかる費用の目安!格安で勉強できるって本当?

フィリピンで英語留学にかかる費用の目安

フィリピンでの英語留学にかかる費用を、期間別に見ていきましょう。

すべて4時間のマンツーマンレッスンを受けながら4人部屋の学生寮に滞在した場合の費用です。

フィリピンでの英語留学にかかる費用:1週間

  • 学費と滞在費:9万1,200円
  • 航空券:3万〜7万円
  • ビザ代:1万2,000円
  • 生活費:5,000〜1万円
  • 海外旅行保険:1万円

合計 14万8,200〜19万3,200円

【2020年版】1週間のフィリピン留学!学習効果を最大限にするススメ

フィリピンでの英語留学にかかる費用:1ヶ月

  • 学費と滞在費:13万〜20万円
  • 航空券:3万〜7万円
  • ビザ代:1万2,000円
  • 生活費:2万〜3万円
  • 海外旅行保険:1万〜2万円

合計 20万2,000〜33万2,000円

【完全解説】フィリピン留学1カ月の総額費用は?

フィリピンでの英語留学にかかる費用:6ヶ月

  • 学費と滞在費:95万3,600円
  • 航空券:3万〜7万円
  • ビザ代:2万2,100円
  • 生活費:10万〜12万円
  • 海外旅行保険:10万〜13万円

合計 120万5,700〜129万5,700円

期間別の費用について、詳しくは「【2020年度版】フィリピン語学留学費用を期間別に大公開!」にまとめています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校3つ【エリア別】

最後に、フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校として、

  • TARGET(セブ島)
  • Wexcel(マニラ)
  • CIP(クラーク)

の3つを紹介します。

フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校1:TARGET【セブ島】

フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校1:TARGET【セブ島】

セブ島はフィリピンの中でも日本人から人気で、そのぶん語学学校の数も多いです。

TARGETの特徴は、

  • 希望や期間にあわせてマンツーマンレッスンの数を調整可能
  • 個別の学習相談も日本語で受付
  • 立地が良く、アヤラモールやSMシティなど複数のショッピングモールの近所

などです。

英語学習に苦手意識のある方や、自分のペースで勉強したい方におすすめです。

フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校2:Wexcel【マニラ】

フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校2:Wexcel【マニラ】

マニラはフィリピンの首都です。
政府機関や企業のオフィスなどが集まっており、語学学校の数はセブ島ほど多くありません。
ただしインターンシップの機会に恵まれやすいです。

Wexcelの特徴は、

  • フィリピントップクラスの大学を卒業した講師が在籍
  • コンドミニアム滞在のため、施設がきれいで快適
  • 海外就職に強く、フィリピンで働く人との出会いもあり

などです。

フィリピンの住まいが気になる方や、落ち着いた環境で勉強したい方におすすめです。

フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校3:CIP【クラーク】

フィリピンでの英語留学におすすめの語学学校3:CIP【クラーク】

クラークには1990年代まで、アメリカ空軍の基地がありました。
その名残もあってか、クラークにある語学学校の講師は欧米圏出身のネイティブが中心です。

CIPの特徴は、

  • 留学生は台湾や韓国、ベトナム、タイ、スペインなど多国籍
  • 希望に応じて科目を選択可能
  • CIPに入学する前の留学生に向けて、オンライン授業も用意

などです。

フィリピンの中では、最も日本語から離れることのできる環境かもしれませんね。

多国籍な環境で勉強したい方、フィリピン留学の後に他国を訪問する予定の方におすすめです。

フィリピンでの英語留学で、語学力アップやキャリアチェンジにつなげよう

フィリピンでの英語留学で、語学力アップやキャリアチェンジにつなげよう

今回はフィリピンでの英語留学について解説しました。

フィリピンでの英語留学には、以下のメリットがあります。

  • マンツーマンレッスンで学習できる
  • 留学費用をおさえることができる
  • 短期間から留学できる

そしておすすめエリアと語学学校として、以下の3つを紹介しました。

  • TARGET(セブ島)
  • Wexcel(マニラ)
  • CIP(クラーク)

集中的に英語を勉強したい方や低価格で留学したい方は、フィリピンでの英語留学を検討してみてくださいね。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。