【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

フィリピンの短期留学の全貌を大公開!学校や1日のスケジュールも紹介

留学をしたいけど、1カ月以上の長期休みを取るのが難しく行くのを諦めていませんか?
もしくは短期留学をして何か価値が得られるのかと疑問に思っていませんか?

確かに、1週間の短期留学だけでは英語力の向上は難しいです。

しかし、留学の魅力は英語力の向上だけではありません。
短期の留学でも得られるものはたくさんあります。

近年、留学先として人気を集めているフィリピンでの留学は欧米諸国に比べて料金も安く、日本からも近いので手軽に行くことができます。

この記事ではそんなフィリピンの短期留学の全貌をご紹介しますね。

フィリピン短期留学のメリット・デメリット

フィリピン短期留学のメリット・デメリットまずはフィリピンの短期留学のメリット、デメリットから見ていきましょう。

フィリピン短期留学のメリット

短期休暇での留学が可能フィリピンは日本から直行便を使えば4時間半で行くことができます。
また時差も1時間しかないので、着いたその日もしくは次の日からレッスンに集中することが可能です。
マンツーマンレッスンフィリピンの留学はマンツーマンレッスンが主流です。
1日10レッスン受けることも可能なので効率よく学習ができます。
モチベーションが保てる1カ月以上の留学になると、途中で中だるみしてしまうのがデメリットです。
しかし、1カ月未満の留学であれば、短い期間を無駄にしないように意識するため、常にモチベーションが保てます。
出会いがたくさんある留学すると外国籍の人や年齢層も大学生からシニアの人まで日本では出会えない人と出会えます。
いろんな人に会うことで新たな世界を見ることができるでしょう。

英語の勉強だけでなく、日本にいては出来ない経験ができるのがフィリピン短期留学のメリットです。

フィリピン短期留学のデメリット

友達を作るのが難しい1週間の短期留学では期間が短いため、帰国後も連絡を取り合うようになるのは難しいでしょう。
しかし、不可能ではないのでたくさんの人に話しかけて仲良くなってみて下さい。
事前学習をしないで行くと厳しいまったく予習しないで行くとレッスンの内容が全く分からないということもあります。
日本ではできるだけ文法やリスニングの勉強をし、英語に慣れておくことが必要です。
現地を楽しむ余裕がないフィリピンはリゾート地や観光名所がたくさんあります。
平日の外出が禁止の学校だと観光を楽しむ余裕がありません。
短期留学で観光も楽しみたい場合はスパルタ校以外の学校を選びましょう。

フィリピンの短期留学だと毎日朝から晩まで英語の勉強になるため、時間が過ぎるのが一瞬です。
現地を楽しむ余裕がなく、終わってしまうのがデメリットでしょう。

フィリピン短期留学のスケジュール

フィリピン短期留学のスケジュールフィリピンの短期留学においてのメリット・デメリットが分かったところで、気になる現地のスケジュールを見てみます。

フィリピン短期留学の1日

フィリピンの留学は大きく分けて3タイプの語学学校があります。

  1. スパルタタイプ
  2. セミスパルタタイプ
  3. リゾートタイプ

タイプによっての1日のスケジュールが異なりますのでそれぞれ比較してみましょう。

 スパルタタイプセミスパルタタイプリゾートタイプ
6:00~7:00早朝クラス起床起床
7:00~8:00朝食
8:00~8:50マンツーマンレッスンマンツーマンレッスンフリータイム
9:00~9:50
10:00~10:50
11:00~11:50
12:00~13:00昼食
13:00~13:50マンツーマンレッスンマンツーマンレッスンマンツーマンレッスン
14:00~14:50
15:00~15:50グループレッスングループレッスン
16:00~16:50グループレッスン
17:00~17:50夕食
18:00~18:50ナイトクラス/義務自習フリータイムフリータイム
19:00~19:50
20:00~20:50

上記は一例になります。
語学学校ごとにカリキュラムが異なりますので、事前に確認しましょう。

  • スパルタタイプ:観光は一切せず、みっちり学習したい人向け
  • セミスパルタタイプ:外出も楽しみながら、しっかり学習したい人向け
  • リゾートタイプ:観光も楽しみながら学習したい人向け

フィリピン短期留学の1週間

続いて1週間のスケジュールです。
※1週間の短期留学をした場合のスケジュール

スパルタタイプセミスパルタタイプリゾートタイプ
日曜日入寮
月曜日オリエンテーション/レッスン開始
火曜日通常レッスン
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日帰国

1週間で見てみると基本的に3タイプともスケジュールは同じになります。

月~金のレッスンのスケジュールが異なるだけですね。

フィリピン短期留学の費用

フィリピン短期留学の費用続いて短期留学にかかる費用を見ていきます。
※スパルタタイプの語学学校で1人部屋の場合の費用

航空券保険学費(食費・宿泊費込み)滞在費(交際費など)総額
1週間往復50,000~クレジットカード付帯利用で0円
※最長3カ月まで
85,4005,000~140,400
2週間138,80010,000~198,800
3週間170,80020,000~240,800
4週間213,50030,000~293,500

大学生でも頑張ってお金を貯めれば、行ける金額でフィリピンの短期留学はコスパが良いと人気です。

フィリピンの短期留学が向いている人・向いていない人

フィリピンの短期留学が向いている人・向いていない人ではどんな人がフィリピンの短期留学に向いていて、どんな人に向いていないのか見てみます。

フィリピン短期留学が向いている人

留学中に英語以外にも触れたい人、日本以外の国の文化を見てみたい人は向いています。

海外には日本では出会えない面白い人がたくさんいます。
留学で新たな価値観を見出して、将来の目標を見つけることもできるでしょう。

フィリピン短期留学が向いていない人

とにかく英語力の向上だけに集中したい人は向いていません。

フィリピンの短期留学はマンツーマンがメインで効率的ですが、1週間ほどの短期留学では正直英語力の向上はあまり見込めません。

本気で英語力を上げたいのであれば1年以上の留学が必要になります。

フィリピン短期留学の語学学校選びのポイント

フィリピン短期留学の語学学校選びのポイントフィリピンには数えきれないほど語学学校があります。
その中から自分に合った学校を選ぶのは大変です。

ということで、実際に語学学校を選ぶ際に抑えておきたいポイントを詳しく見ていきます。

フィリピン短期留学の学校選びのポイント①:レッスンの多さ

レッスンの数を決めるのはとても大切です。
1日1コマ違うだけでも、1週間にかかる負担は大きく異なります。
フィリピン留学ではレッスンと予習復習の割合がポイント。

何も考えずにレッスン数を多くしてしまうと予習復習が追いつかなくなってしまうので、自分のこなせそうなレッスン数を考えましょう。

フィリピン短期留学の学校選びのポイント②:レッスンの追加が可能

学校によっては夜間や週末にレッスンの追加ができます。

申し込んだレッスン数で更にレッスンを受ける余裕があった際に追加レッスンをできれば1週間の留学でも時間を無駄にすることはありません。

学校によってプランが異なるので申し込み前に確認しておきましょう。

フィリピン短期留学の学校選びのポイント③:日本からのアクセスが簡単

フィリピンまでは日本から直行便で4時間半です。
簡単に行くことができるので、1週間でも留学が可能です。

これが欧米となると現地までの移動に時間を費やしてしまい、1週間の留学をする場合はプラスで最低2日は移動のために見ておく必要があります。

そのため、会社員の人は休みを取りづらかったりとあまり現実的ではありません。

フィリピン短期留学の学校選びのポイント④:観光スポットの有無

週末にアクティビティや観光を楽しみたい人は観光スポットまでのアクセスが良いところの学校を選びましょう。

セブ島であれば郊外ではなくてショッピングモールに近い学校や、リゾートを楽しみたいのであればマクタン島の学校など希望に応じて学校を探すのがおすすめです。

短期留学がおすすめのフィリピンの語学学校

短期留学がおすすめのフィリピンの語学学校最後に短期留学におすすめの語学学校を紹介します。

短期留学がおすすめのフィリピンの語学学校①:ZEN English

ZEN English

ZEN Englishは最短2日からの留学が可能です。

最短期間は1週間の学校が多い中、時間のない社会人には嬉しいプラン。
マンツーマンレッスンも4時間、6時間、8時間と選ぶことができます。

空港の送迎も生徒毎にアレンジしてくれるので日程を合わせる心配がありません。
時間がないけど少しの期間でも留学したい人におすすめです。

短期留学がおすすめのフィリピンの語学学校②:CG Academy

CG Academy

CG Academy

はセブ島最多のコマ数を確保できます。

そしてスパルタキャンパスでは単語テストや義務自習などもあり英語漬けの環境があります。
徹底的に英語学習を身に付けたい人におすすめです。

短期留学がおすすめのフィリピンの語学学校③:QQ English

QQ English

QQ Englishはキャンパスが2つあります。

セブ島の中心地であるITパークにあるITパークキャンパスとマクタン島のリゾートエリア内にあるシーフロントキャンパスです。

セブのシティライフを楽しみたい場合はITパークキャンパス。
マクタンのリゾートライフを楽しみたい人シーフロントキャンパス。

また、レッスンのプランもスタンダードの8コマプランから少ないものだと3コマのスーパーライトプランがあるので留学の目的によっても選ぶことができます。

選択肢が多いので留学の目的によって選びたい方におすすめです。

まとめ:フィリピンの短期留学は英語以外の経験もしたい人におすすめ

フィリピン短期留学で身につけられるスキルフィリピンの短期留学について詳しく見てきましたので最後におさらいです。

1カ月未満の短期留学では英語力を上げるのは難しいですが、英語学習と併せて日本ではできない経験をしてみたい、日本以外の文化に触れてみたい人にはおすすめです。

学校を選ぶ際には自分の目的に合わせて学校を選びましょう。

フィリピンの短期留学でおすすめの語学学校の選び方
  • 英語の勉強方法を身に付けたい人はスパルタ式の語学学校
  • 英語の勉強と現地の人の交流などを楽しみたい人はセミスパルタ式の語学学校
  • 英語の勉強と観光やアクティビティを楽しみたい人はリゾート式の語学学校

留学前にしっかり学校を調べて決めるのがおすすめです。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!