【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【フィリピン留学】2週間費用や効果、おすすめの語学学校を大公開

最近は大学の夏休みや春休みなどの長期休暇を使ってフィリピンへ短期留学をする留学生も増えています。

しかし、2週間という短期の留学となると

  • どのくらいの費用がかかるの?
  • 効果ってあるの?
  • 2週間でも受け入れてくれる学校ってあるの?

と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

ここではそんな疑問が解決できるように2週間の総留学費用や効果、デメリットの解決策、おすすめの語学学校について紹介していきます。

1ヶ月のフィリピン留学については以下の記事をぜひご覧ください。

【完全解説】フィリピン留学1カ月の総額費用は?

また、1年間のフィリピン留学については以下の記事もご覧ください。

1年間のフィリピン語学留学に掛かる総費用は180万!?

Contents

2週間のフィリピン留学でかかる費用

2週間のフィリピン留学でかかる費用まずは2週間フィリピンへ留学した場合の費用をシミュレーションしてみましょう!

2週間の留学総費用:198,900円(①+②+③+④)

条件:セブ島内某語学学校、4時間マンツーマンレッスン+2時間グループレッスン、4人部屋

①出発前の支払費用
115,200円
15,000円(入学金)+98,200円(授業料) 
+2,000円(空港ピックアップ費用)
②出発後の支払費用
13,700円
700円(水道光熱費)+12,000円(*SSP費用)
+1000円(教材費)
現地での生活費
10,000円
10,000円
航空券+保険料
60,000円
60,000円(往復航空券)
+海外旅行保険:クレジット付帯であれば無料

SSP*:Spesial Study Permit(特別就学許可書)であり、1日でもフィリピンへ留学する人は必ず取得しなければならないフィリピン政府が発行する許可証。手続きは語学学校が代行。

実際に留学する学校や受講するコースによって留学費用は異なってきますが、2週間の留学での相場は18万〜25万円程度といわれています。

フィリピン留学では授業料の中に宿泊費と食費が含まれており、平日は1日3食提供されます。
そのため、1人部屋や宿泊する部屋を寮ではなくコンドミニアムやホテルにグレードアップすると更に授業料が高額になります。

現地で使う生活費はあらかじめ支払う留学費用の中に食事代や洗濯代が入っているのでほとんどかかりません。

しかし、友人と週末にお出かけに行ったり、外食をしたり、お土産を購入したりする場合に必要となります。
そのため留学生によって現地での生活費は異なり、節約することも可能です。

2週間のフィリピン留学でも効果やメリットはあるの?

2週間のフィリピン留学の効果やメリット「2週間のフィリピン留学で効果を感じることは少ないが、日本で学習する以上の英語力の向上は期待できる」

その理由は、フィリピン留学はマンツーマンレッスンが中心なので英語学習を1日8~10時間することが可能となるからです。

これはたった、2週間留学でも約80〜100時間の学習時間となります。

仮に日本で週1回英会話レッスンに行っていたとするとフィリピン留学中の2週間で1年6ヶ月分相当の授業を一気に受講することになります!

フィリピン留学は短期であっても効率よく密度の濃い英語学習をすることができるのです。

その他の効果やメリットとしては

  • 英語が公用語であるフィリピンで過ごすことで授業以外でも英語の環境のなかなのでリスニング・スピーキング力の向上が期待できる
  • 多国籍系の学校の場合、海外の人と容易に交流ができ日本以外の文化にも触れることができる。
  • 学生以外にもビジネスマンや親子留学、定年後の方など年齢や性別、職業など異なるさまざまな留学生がいるので多くの出会いがある
  • 海外に住むというプチ留学、生活体験ができる

といったことが挙げられ、英語力の向上以外にも自分が成長できるようなメリットもあります!

フィリピン留学では2-3ヶ月留学するとその効果が現れ、実感することができるといわれています。

2週間のフィリピン留学のデメリットと解決策

2週間のフィリピン留学のデメリットと解決策

2週間のフィリピン留学のデメリット①:初日のテストやオリエンテーション、祝日などで授業数が少なくなることがある

フィリピン留学において留学1週目は、日曜日に到着し月曜日にテストやオリエンタルを受けるので授業は火曜日からとなります。

そのため、多くの語学学校で「1週目は火曜~金曜の4日間しか授業が行われない」ということになります。
2週間の留学期間の場合は1日授業がないのはもったいないですよね。

また、フィリピンは祝日が多く、祝日がある週に留学する場合はさらに授業時間が短くなってしまいます。

解決策:2週間のフィリピン留学では授業時間が保証されているコースを選ぼう!

少しでも勉強したいという方は、あらかじめ授業時間が保証されている「Rapid(ラピッド)コース」を選択することをオススメします!
同じ2週間留学でもRapidコースがある学校を選ぶだけで、1日分の授業数が増えるので更なる英語力の向上が期待できます。
授業時間が保証されていると、仮に留学期間中に祝日など授業がない場合もその日ある予定であった授業数をほかの日に振り替えてくれます。

2週間のフィリピン留学のデメリット②:フィリピンを満喫することができない

フィリピンは有名なビーチリゾートでもある「セブ島」や首都の「マニラ」などバラエティ豊かな観光地も多く、留学のついでに観光も楽しみたいという方も多いと思います。

しかし、2週間という短い期間の中で勉強も観光も楽しむのはなかなか難しいのが現状です。

解決策:外出が自由な学校やアクティビティに力を入れている学校を選択しよう!

短い留学機関でも観光を楽しみたいという方は、校則がゆるく外出が自由であったり、学校主催のアクティビティにも力を入れている語学学校を選択することもオススメです!

また、セブ島の場合はリゾート地であるマクタン島の語学学校を選択したり、1週目の土日で思いっきり観光を満喫できるように下調べをしておくこともオススメです。

帰国日を日曜日することで、土曜日が1日フリーの日を作る事も可能です。

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校5選

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校先述したように、2週間の留学期間でも少しでも授業時間を確保したい方には「短期留学コース」がある語学学校がオススメです!

そのため、今回は「留学コース等がありみっちりと英語学習ができる学校」と「英語学習も観光も楽しめる学校」に分けて合計6校を紹介していきたいと思います。

  • 短期留学コース等がありみっちりと英語学習ができる学校3選

   ☆TARGET
   ☆Cebu Pelice Institute(CPI)
   ☆Clark Institute of the Philippines(CIP)

  • 英語学習も観光も両立できる学校2選
     ☆QQ English シーフロント校 
     ☆Genius English

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(英語学習に集中したい方向け)①:TARGET

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(英語学習に集中したい方向け)①:TARGETセブ市街のアップタウンであるバニラッド地区に位置する日本資本の語学学校です。
学校自体は住宅街の静かな場所に位置しますが、徒歩圏内にはショッピングモールや数多くのレストランがあり、立地は良好です。

カリキュラムはマンツーマン授業が中心で1日に最大10時間の授業が受けることができます。

1〜2週間の留学の場合は初日の月曜日から午後にマンツーマン授業を4時間受講することができるので短期間の留学期間でも英語の学習時間を確保することができるのも特徴です。

また、平日だけでなく土日祝日もマンツーマン授業を1時限(50分)当たり350ペソ(約770円)で追加することができるので希望する場合は英語漬けの生活を過ごすことができます。

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(英語学習に集中したい方向け)②:Cebu Pelice Institute(CPI)

 

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(英語学習に集中したい方向け)②:Cebu Pelice Institute(CPI)セブ市内にあるホテル仕様のリゾート型の語学学校です。

スパルタ校に分類され月曜-木曜までは外出禁止ですが、学校内にプールやジム、球技コートや売店などの施設が充実しているので外出しなくても快適な留学生活を送ることができます。

2週間の短期留学の場合、「Rapid(ラピッド)60コース」を受講することができ、月曜日の午前中から授業が開始されると共に2週間で60時間のマンツーマン授業が保証されています。
祝日などで休校になった場合も補講があります。

食事はダイニングホールで朝昼夕とビュッフェ形式の食事が提供されます。

特に夕食では、多国籍の学生が満足できるように和洋中とバランスに良い20種類以上もの料理と果物、ジュースを楽しむことができます。

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(英語学習に集中したい方向け)③:Clark Institute of the Philippines(CIP)

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(英語学習に集中したい方向け)③:Clark Institute of the Philippines(CIP)フィリピンの首都マニラから車で3-4時間の「クラーク」にある学校です。
留学生の国籍は日本、韓国、台湾、ベトナム、ロシア等とさまざまなで国際交流を楽しむことができます。

2週間の短期留学の場合、「Rapid(ラピッド)60集中コース」を受講することができます。
1日に5コマのマンツーマン授業(2コマのネイティブ/ 3コマのフィリピン人)と1コマのネイティブグループクラスからなり、さらに2コマのオプションのグループクラス(朝/夕方)に参加できます。

祝日などで学校が休みの場合でも、1週間単位で授業数 30コマを保証しています。

2週間、24時間英語漬けの生活に挑戦する『EOPチャレンジ(母国語禁止ルール)』もできるのでしっかり英語学習をしたい方にはうってつけの学校です。

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(勉強も遊びも両立したい方向け)④:QQ English シーフロント校

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(勉強も遊びも両立したい方向け)④:QQ English シーフロント校セブ・マクタン島の海辺リゾートホテルのエリアに立地する日本資本の語学学校です。

目の前は海というリゾート気分を味わいながら、英語学習に集中出来るので短期で英語をぐっと伸ばしたい方には最適な環境です。

周囲のホテルのデイユースやビーチ、海沿いのレストランなど利用できるので、海辺のアクティビティも楽しむことができるので勉強も遊びも楽しむことが可能です。

講師全員が国際英語教授資格(TESOL)を保持しているので、質の高いレッスンを受講することができるとともに、オンライン英会話も提供しているので、留学前の準備や留学後の継続学習も行え英語力向上が期待できます。

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(勉強も遊びも両立したい方向け)⑤:Genius English

2週間のフィリピン留学でおすすめの語学学校(勉強も遊びも両立したい方向け)⑤:Genius Englishセブのマクタン島のリゾートホテル敷地内に立地するセブ島初のロシア資本の語学学校です。

宿泊施設としてリゾートコンドミニアムを利用することができ、高層階からのオーシャンビューを楽しむことができます。

また学生はリゾートホテルのプールやプライベートビーチなどを無料で利用することがでるので週末はバカンスを楽しむことが可能です。

日本や韓国、東南アジア以外にもロシア、モンゴル、アラブ、ヨーロッパからと多国籍な学生が集まっているので国際交流も楽しむことができます。

また、講師陣の質においても高いレベルを誇っており、フィリピンの技術技能教育庁「TESDA」の認定を受けているのでフィリピン政府お墨付きの語学学校です。

まとめ:フィリピン留学は2週間でもおすすめ

フィリピン留学は2週間でもおすすめの画像いかがでしたか?
今回は2週間のフィリピン留学について紹介しました。

2週間という短い留学期間ですが、学校選びや過ごし方で素晴らしい2週間となると思います。
自分に合った学校を選択して充実した留学生活を送ってくださいね。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!