フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

高校生のフィリピン短期留学の最新情報まとめ【おすすめ理由や費用まで解説】

フィリピンの短期留学は、アメリカやオセアニアなどの英語圏と比べて授業料が格段に安く、学生から社会人まで幅広い層から人気があります。

筆者も大学時代にフィリピンに1ヶ月留学しましたが、そのときも高校生が同じ学校にいました。
高校生であっても、夏休みや春休みなどを利用してフィリピンで英語を勉強することができるのです。

このページでは、英語を勉強したい高校生に向けて、皆さんが気になる費用や治安面などを徹底解説をしていきます。

フィリピン留学に興味のある高校生にとって、少しでも参考になれば幸いです。

高校生のフィリピン留学におすすめな語学学校はこちらからご覧ください。

高校生におすすめな語学学校を見る

見出し

高校生のフィリピン短期留学:語学学校ってどんなところ?

まず最初に、フィリピンの語学学校の特徴を解説します。

授業はマンツーマンが中心

フィリピンの語学学校のカリキュラムはほとんどの場合、個室でのマンツーマン授業が中心になっていて、グループ授業は補足的に行われます。

授業を行うのはフィリピン人の講師で、会話は当然すべて英語です。
グループ授業中心・日本語で進められる日本の英語教育とは真逆のスタイルと言えます。

一対一の会話で授業が進むので、自分も必然的に英語を話すことになり、英会話力が総合的に向上します。
この学習効果の高さこそがフィリピン留学の最大のメリットと言われています。

生徒は日本人が多い

フィリピンの語学学校は日本人もしくは韓国人によって経営されている場合がほとんどです。
どちらの学校でも日本人の生徒が多く、英語が話せない状態で留学しても孤独を感じることはまずありません。

一方で、外国人の生徒が多めの学校もあるので、外国人の友達をつくる機会も得られます。

食事も宿泊も学校の中で

フィリピン留学では基本的に学校所有の寮に宿泊し、食事も学校から提供されます。
他の国への留学だと、学校とは別にホームステイ先などを手配するのが一般的ですが、フィリピン留学ではその必要はありません。

警備員のいる安全な学校の敷地内で外出せずに過ごせるので、海外経験の少ない高校生でも安心です。
学校によって外出可能日や門限の設定もあるので、自分の希望する自由度に合った学校を選ぶとよいでしょう。

南国のアクティビティも体験できる

平日は学校で勉強漬けの日々ですが、週末には南国ならではのマリンアクティビティを楽しめるのもフィリピン留学の魅力です。

週末にアクティビティツアーを開催している学校も多く、生徒は自由に参加することができます。

特にフィリピンの綺麗な海を満喫できるシュノーケリングやアイランドホッピング、ジンベイザメウォッチングなどが人気です。

アクティビティで気分をリフレッシュすることで、留学生活のモチベーションも保ちやすくなります。

高校生の生徒が増えている

大学生や社会人から人気のあるフィリピンの短期留学ですが、最近では高校1年生や2年生でも短期の留学をする人が増えています。

英語の習得はもちろん、若い頃から親元を離れて異国でチャレンジすることで、他の高校生と差をつけたいと考えている高校生も多いようです。

高校生が抱くフィリピン短期留学に関する不安を解消

高校生が抱く不安・悩みで多いのは以下の3つです。

  • フィリピンの治安は大丈夫なの?
  • 1ヶ月のフィリピン留学で、英語力はどれくらい伸びるの?
  • フィリピンのご飯は美味しいの?

一つずつ解説していきます。

高校生のフィリピン短期留学:フィリピンの治安は大丈夫なの?

フィリピンの治安の実態と対策

フィリピンは一般的に、日本よりも治安が悪い国と言われています。

実際、フィリピン国内で起きた重犯罪(窃盗・傷害・強盗・殺人など)の件数は1年で7万7068件(2018年)で、そのうち強盗事件の発生数は日本の約9倍です。

外務省が公開している「国・地域別の海外安全情報」でも、フィリピンはほとんどの地域が危険レベル1(十分注意)に指定されています。
これは東南アジアの中ではインドネシア、カンボジア、ミャンマーと同じ危険レベルです。

一方で、2016年以降麻薬取引の取り締まりが強化されたのを皮切りに、強盗事件や殺人事件の件数は毎年減少していっています。
日本人留学生だと留学期間のほとんどをガードマンがいる学校の敷地内で過ごすこともあり、外出時に希にスリや詐欺被害に遭うケースはありますが、強盗や殺人に巻き込まれることは滅多にありません。

日本より治安が悪いことは事実ですが、日本は世界トップレベルで治安が良い国であること、外務省が危険レベル1に設定している国・地域は他にもたくさんあることを踏まえた上で、無闇に怖がるのではなく冷静に情報収集することが大切です。

お子様の留学を検討中の親御様もご心配かと思いますが、日本人が重犯罪に巻き込まれるのは現地に住み利害や怨恨を生んだケースがほとんどですので、しっかり対策すれば危険な目に遭う可能性はかなり低いといえます。

具体的には、以下のような対策をしましょう。

  1. 外出時は持ち物管理を徹底し常に窃盗に警戒する
  2. 自分が滞在する地域の安全な場所・危険な場所を調べておく
  3. 話しかけられてもまずは相手の身元を警戒する
  4. 強く誘われても危険を感じたらはっきりと断る
  5. 現地の生活に慣れてきても決して油断しない

また、海外経験が少なく英語がまだあまり話せない高校生は、行動するときに以下を心がけるとよいでしょう。

  1. 外出するときは複数人で、できれば英語が話せる人と一緒に行動する
  2. 夜間は基本的に学校の外を出歩かない

語学学校のサポート

多くの語学学校では、以下のようなサポートを実施しています。

  • 空港−学校間の送迎
  • 学校周辺の町歩き・買い物レクチャー
  • 体調不良時の通院付き添い
  • アクティビティのガイド
  • 留学生活の無料相談窓口

また、現地の治安情報や危険地域、気をつけるべきことなどは学校スタッフが熟知していて、的確なレクチャーをしてくれるので、お子様をあずける親御様も安心です。

現地では決して一人で無理をせず、学校のサポートを積極的に利用しながら、困ったことがあればすぐスタッフに相談するようにしましょう。

フィリピンの治安についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。

フィリピン留学は治安が悪くて危険?最新情報と防犯対策まとめ【2020年版】

1ヶ月のフィリピン短期留学で、英語力はどれくらい伸びる?

次に、1ヶ月のフィリピン短期留学でどれほどの成果が期待できるのか解説します。

全くゼロの状態からだと、1ヶ月で話せるようにはならない

いきなり厳しいことを言うようですが、1ヶ月滞在すれば誰もが英語をペラペラ話せるようになる、というわけではありません。
’1ヶ月という短い時間の中で、どこまで英語力を高められるかは本人次第です。

しかし中学校レベルの英語力であっても、日常生活では十分使えます。
授業はすべて英語で行われますので、英語を毎日使い続ける環境に身を置くことで、英語でのコミュニケーションに徐々に慣れていくはずです。

フィリピンに留学に行く前にこそ英語を勉強しよう

フィリピンに留学に行く高校生に伝えたいのは、「フィリピン留学の成功は日本での準備期間で決まる」ということです。

フィリピンで英語を勉強するのだから日本での準備は必要ない、なんて思っていませんか?
フィリピンで学ぶことは英語でのアウトプットです。

しかしアウトプットをするためには単語や文法の知識(インプット)が必要です。
フィリピンに行って1ヶ月で話せるようになるかどうかは、最初のスタートラインの位置で決まるということを覚えておいてください。

お子様の留学を検討中の親御様も、できればお子様の留学前からの学習の計画立てをサポートしてあげてください。

高校生のフィリピン短期留学:フィリピンのご飯は美味しいの?

現地での食事が自分に合うのか、心配する人も多いのではないでしょうか。
ここでは語学学校の食事と、フィリピンの市街地での食事に分けて見ていきます。

語学学校で出される食事

先に紹介した通り、フィリピンにある語学学校の多くは、日本人もしくは韓国人によって経営されています。

また、生徒も日本と韓国を中心に、中国や台湾、タイなど、アジア圏がメインです。
したがって学校給食も米が中心になります。

日本米とは味や食感が多少違うものの、食べられないというレベルではありません。
近年は親子留学でも人気のフィリピンですが、子どもも大人も抵抗なく食べている方が多いです。

日本人経営であれば日本料理、韓国人経営であれば韓国料理が多くなる傾向にあります。
筆者は語学留学を2回経験しましたが、どちらも非常に満足でした。

フィリピンの市街地での食事

フィリピンで外食をするときは、大型ショッピングモールに行くのがオススメです。

レストランのレベルは、日本のとほとんど変わらない印象を受けます。
フィリピンは島国で、海鮮を使った料理が豊富です。
日本食に恋しくなったときは、ショッピングモールに行って日本食を食べましょう。

スターバックスやケンタッキーフライドチキンなどのファストフードも揃っていて、食事に関して不便はほぼありません。

高校生のフィリピン短期留学: 1ヶ月の費用は?

高校生のフィリピンの短期留学 1ヶ月の費用 1ヶ月のフィリピン留学でいったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

この章では筆者の個人的な経験をもとに、何にどれほどのお金がかかったかを一覧で公開します。

高校生のフィリピン短期留学:フィリピン留学のモデルケース(1ヶ月の場合)

授業料(学費+食費+宿泊費)150,000円
往復の航空券60,000円
生活費30,000円
入学金10,000円
水道代・光熱費2,000円
教材費5,000円
合計金額257,000円

フィリピン留学にかかる費用①:学費+寮費+食費(日本で支払い)

授業料は語学学校に払うもので、宿泊費と食費も含まれています。

フィリピンの語学学校の特徴は、宿舎と食堂が併設されていることです。
相部屋(ドミトリー)で一般的なコースを1ヶ月受講した場合の授業料は15~17万円程度になります。

フィリピン留学にかかる費用②:往復の航空券

現在日本からフィリピンへ就航している航空会社は「フィリピン航空」「セブパシフィック航空」「ジェットスター航空」などで、一般的な相場は往復で5~6万円程度です。

フィリピン留学にかかる費用③現地での生活費

生活に必要な設備は基本的に語学学校の中に整っています。

寝る場所と3食の食事、これさえあれば、外に買い物に行かなくても生活はできますよね。
そうはいっても、生徒や先生と、授業が終わった後に外食に行くこともあります。

現地に着いてから忘れ物に気づいて現地で購入することもありますし、帰国前にはお土産も必要でしょう。
それらを全て合計しても1ヶ月で3万円程度あれば、十分でしょう。

フィリピン留学の費用についてより詳しい記事はこちら!

【完全解説】フィリピン留学1カ月の総額費用は?

【フィリピン留学3ヶ月】費用と英語上達度を調査!

高校生にフィリピン短期留学をオススメする4つの理由

フィリピン短期留学をおすすめする講師 なぜ高校生にフィリピン留学をオススメするのか、ここでは4つの理由を解説します。

フィリピン短期留学をおすすめする理由:高校生のうちに国際感覚を身につけることができる

大学生や社会人が中心のフィリピン留学ですが、高校生の今ならば長期休暇を使って海外に飛び出すことが可能ですよね。

将来英語がペラペラになりたい、グローバルな仕事をしたいと考えている高校生であれば、なるべく早い段階で国際感覚を身につける必要があります。

フィリピン留学は国際感覚を身につける格好の機会となるでしょう。

フィリピン短期留学をおすすめする理由:フィリピン短期留学で、自立心が鍛えられる

たとえ1ヶ月とはいえ、親元を離れ自分で生活する経験は将来生きる財産になります。

今までは家があり学校があり、自分の住み慣れた環境で生活をしていました。
でもフィリピンでは共同生活はもちろん、日本語を話さない人と生活を共にしますので、多少のストレスはかかります。

その中で目的意識をしっかりと守って、1ヶ月間英語の勉強に打ち込むことで、強い心を鍛えることができます。

フィリピン短期留学をおすすめする理由:高校生のフィリピン短期留学は費用が格安

フィリピン留学の一番のメリットは費用の安さにあります。

もしアメリカやカナダで1ヶ月マンツーマンのレッスンを受けたとすると、フィリピン留学の3倍以上の費用がかかります。

日本から近いフィリピンであれば航空券も安いですし、留学全体の費用も抑えられますので、両親の協力も得やすくなるのではないでしょうか。

フィリピン短期留学をおすすめする理由:意識の高い大学生や社会人と接することができる

フィリピンの語学学校では、日本では普段なかなか出会うことのない人と知り合うことができます。

あなたと同じように、大学生や社会人も高い目標意識を持ってフィリピンで英語を勉強しています。

人生の先輩たちと話をすることは高校生のあなたにとって刺激になりますし、英語を勉強するモチベーションにも繋がります。

フィリピン留学経験者が語る、フィリピン留学のメリットとデメリットはこちらからどうぞ!

【経験談!】フィリピン留学のメリットとデメリット

まとめ:高校生の今だからこそフィリピン短期留学に行くべき

フィリピンを中心とした世界地図

大人になると、留学をしたいと思っても仕事の休みがなかなか取れず、実行に移すのが難しくなります。

しかし高校生であれば時間の調節がしやすいし、高校生にもなれば一人でフィリピンに入国する行動力も持てます。

高校生のうちから海外で生活することで、英語力だけでなく、人間性を成長させることができます。

夏休みや春休みを利用して、是非フィリピンの短期語学留学で国際感覚を養ってください!

高校生のフィリピン留学におすすめな語学学校はこちらからご覧ください。

高校生におすすめな語学学校を見る

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。