【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【超入門編】これを読めばフィリピン留学の全てがわかる!

英語の語学留学といえば必ずと言っていいほど耳にするフィリピン!
実際、語学留学業界ではフィリピン留学が大ブームになっています。

しかし、「実態ってどんな感じなの?」「フィリピン留学をしてみたらどれくらい効果あるの?」といった疑問をもっていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

せっかく決して安くはない費用を払って留学するのですから、しっかり吟味して実り多い生活が送れるような留学先を選択したいですよね。

このページでは、フィリピン留学を検討している方にとって参考になるような「フィリピン留学の費用」・「フィリピン留学の効果」・「フィリピン留学のデメリット」・「フィリピン留学の基本情報」についてまとめてみました。

フィリピン留学の費用一覧

フィリピン留学の費用計算

フィリピン留学が人気である要因の1つとして「留学費用が安い!」ことが挙げられます。
実際にフィリピンにある語学学校に留学してみると一体いくらくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回は日本人に大人気のエリア「セブ島」にある「3D ACADEMY」で留学した場合の「授業料+宿泊料」、「生活費(外食や買い物やアクティビティ)」、「航空券」、「SSP(特別就学許可書)やビザ代金」、「海外旅行保険料」を表にまとめてみました。

【3D ACADEMY、4人部屋、1日4時間マンツーマン+3時間グループクラス】

1週間2週間1ヶ月2ヶ月3ヶ月
授業料+宿泊費45,000円72,000円129,000円253,000円
382,000円
生活費5,000円10,000円20,000円40,000円60,000円
航空券50,000円50,000円50,000円50,000円50,000円
SSP*とビザ代
ACR-Iカード*
14,000円14,000円14,000円21,000円37,000円
海外旅行保険    5,000円5000円10,000円20,000円30,000円
合計119,000円151,000円223,000円384,000円559,000円

SSP*:Spesial Study Permit(特別就学許可書)のことで、フィリピンへ留学する人は必ず取得しなければならないものです。手続きは学校が代行してくれます。
ACR-Iカード*:フィリピンに60日以上滞在する外国人は取得しなければならない外国人の登録証。9週間以上の留学者が対象。手続きは学校が代行してくれます。

今回は4人部屋利用の場合で計算してみましたが、エリアや学校、受講するコースによっても費用は異なってきます。

一般的にセブ島の語学学校の留学費用は他のエリアと比べると若干割高なので、クラークやバギオなどフィリピンの地方都市に留学する場合はこれよりも安くなることもあります。
また、1人部屋を利用したり、ホテルやコンドミニアムを宿泊施設として利用する場合は費用が更に高額になります。

現地での生活費は授業料+宿泊費に1日3食提供される食事代や、洗濯代などが含まれているのであまりかかりませんが、友達と週末に出かけたり、外食や飲みに行ったりする場合には生活費がかさみます。

フィリピン以外の留学で有名な地域(アメリカ・カナダ・オーストラリアなど)では1ヶ月の留学で40〜60万程度かかるともいわれており、フィリピン留学は欧米留学の費用と比べると1/2から2/3程度の費用でいくことができます。

留学費用について詳しくはこちらの記事をチェック!
留学の費用を国別比較!コスパの良い留学先とは

フィリピン留学の効果

フィリピン留学の効果の測定画像

では、実際にフィリピン留学をすることでどれほどの効果があるのでしょうか?

スタート時点のレベルや留学中の勉強量によって大きく前後しますが、今回はフィリピンに留学した学生の平均的な伸びを紹介します。

※英語学習初心者(TOEIC400点以下、英検3級程度)の人場合

フィリピン留学1ヶ月の効果

  • ・簡単な英語であれば聞き取ることができるようになってくる
  • ・早口で話されると聞き取りが難しいが、個人のレベルに合わせて話してくれる講師の英語なら大体聞き取れる
  • ・自分の言いたいことも普段から使う頻度が多い文章はすんなり出てくる
  • ・相手に伝えたいことを頭の中で文を組み立てながら、間違えながらでも話せるようになる
  • ・英語に対しての抵抗がなくなってくる(躊躇なく話すようになる)

フィリピン留学2ヶ月の効果

  • ・学校外でも友だちを作れるレベル
  • ・講師以外の人とも英語で簡単なやり取りができるようになる

フィリピン留学3ヶ月の効果

  • ・授業数に関しては欧米留学の1年分に相当
  • ・簡単なニュース記事を読むことができる
  • ・話題は限定されるが、時事ネタなど簡単なディスカッションが可能になる

フィリピン留学の効果は個人によって異なりますが、留学生の平均的な効果としては上記のような感じです。

日本にいるときよりも留学中は英語に触れる機会が格段に増えます。
多くの語学学校で留学生に合ったカリキュラムで英語学習を進めることが可能なので大幅な英語力UPが期待できます!

しかし、その効果も留学中にどのような勉強を行い、予習・復習をきちんと行えたかによっても異なってきます。
中には残念なことに思ったより英語が伸びずフィリピンから帰国する留学生も存在します。

詳しくはこちらの記事をチェック!
【必読】失敗する人続出!?フィリピン留学を成功させるために必要なこととは? 

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学のデメリット

ここまではフィリピン留学のメリットに触れてきましたが、デメリットも存在します。

メリットばかりに注目しがちですが、「思っていた留学生活と違った・・・」ということにならないようにデメリットも理解した上で留学を検討してみましょう!

フィリピンにある語学学校の講師の質はバラバラ

フィリピンにある語学学校の講師の質について

学校によっては、講師の3割程度が「臨時講師」の場合があります。

正社員講師だと人件費がかかるので、夏・春休みなどの留学生が多い時期に合わせて短期アルバイトの講師を大量に採用することで学校の運営費を抑えるのが理由です。

臨時講師は指導経験の少ない人が多く、正社員講師と比べると授業の質は雲泥の差があります。

最近では講師採用後、マニュアルに基づいた研修を行った後留学生の授業を開始させたりと講師の質の向上を図っている語学学校も多いですが、留学生の増加に伴って、多くの語学学校は常に新人講師や臨時講師の採用を続けているので、そのような講師にあたった場合は英語力だけではなく指導力に対して質の違いを感じることもあるでしょう。

学校によっては講師全員が英語指導を行うための資格を取得していたり、厳しい採用基準を設けているので選ぶときにはその面も確認することで「講師の質」が保証された学校への留学が可能です。

フィリピン留学ではネイティブの英語は学べない

フィリピンの英語

フィリピンは英語が公用語ですが、ネイティブではありません。

訛りのないアメリカ英語の発音ができる講師はそれほど多くありません。
また、英語を話すスピードもネイティブよりゆっくりです。
初心者にとってはフィリピン人の英語はとても聞き取りやすいですが、ネイティブスピーカーと話してみると話すスピードの速さに驚きます。

もう1つのデメリットとして、フィリピン英語ではスラングやイディオム等がネイティブ表現と同様には使われていないことです。
筆者はフィリピン留学後に世界一周旅行をしましたが、ネイティブスピーカーと会話しているときにスラングや言い回しなどが理解できず、意味を尋ねていました。

ネイティブ特有の言い回し・スラングを覚えたい方や、ネイティブスピーカーの発音やスピードに慣れたい方はネイティブ講師の居るフィリピンの学校か、欧米圏の留学を検討することをオススメします。

フィリピンの生活環境は不十分!?

フィリピンの生活環境

フィリピンでは水道水が飲めない

フィリピンの水道水は飲むことができません。

飲んでしまうと腹痛、嘔吐や下痢など悲惨な状況が待っています。
現地の人たちでさえも飲料水は購入しています。

そのため飲料水は必ず購入しましょう!!

多くの語学学校にはウォーターサーバが設置されており無料で24時間利用することが可能です。

トイレットペーパーなし!便座がないところも

フィリピン国内の多くのトイレはトイレットペーパーがついていなかったり、便座がなく空気椅子のような状態で用を足さなければなりません。

お世辞でも綺麗とは言えず、トイレットペーパーを流すことができません。
中には悪臭が漂っているところもあります。

そのため、トイレットペーパーは自分で用意しなければならず常に持ち運ぶ必要があります。

ホテルやデパート、ショッピングモールのトイレなどは綺麗でトイレットペーパーが備え付けられているので留学生の多くはそのような施設のトイレを利用することが多いです。

フィリピン国内ではネットが不安定

語学学校内では無料WiFiを利用して、スマートフォンやパソコンでインターネット接続が可能です。
しかし、学校によっては部屋の中まで電波が届かなかったり、ネット接続できても速度が遅くストレスがたまる場合が多々あることも現状です。

メールやLINE等の連絡には支障はありませんが、調べ物をしたりやInstagramなどのSNS投稿・閲覧や動画の送信などに時間がかかることが多いです。

フィリピン国内ではカフェやレストラン・モールなどさまざまな場所で無料Wi-Fiを利用することが可能で、語学学校内の無料Wi-Fiが重い場合はカフェなどに行く留学生も多いです。

フィリピン留学はデメリットも存在しますが、メリットのほうが格段に大きいと思います!

フィリピン留学のメリット・デメリットを更に知りたい方はこちらを参照してください。
【経験談!】フィリピン留学のメリットとデメリット

フィリピン留学に必要なフィリピンの基本情報

フィリピンのビーチと船

ここからはフィリピンに留学するにあたっての基本情報をご紹介します!

フィリピンの気候・気温

フィリピンは熱帯性気候に属します。

年間を通じて暖かいのが特徴で、年間の平均気温は26~27℃です。
6〜11月が雨期、12〜5月が乾期と一応分かれているが、地域によってかなり差があります。
人気の留学エリアである「セブ島」は平均気温が27~30℃程度と1年を通じてほぼ夏の気候で過ごすことが可能です!

服装は、年間を通じて日本の夏の服装で過ごすことができます。
ただし、機内やバスの車内、ホテルやデパート、語学学校の教室などでは冷房が強く効いていることがあるので、羽織るものは必須です!
また、日差しが強いので、サングラスや帽子もあると重宝します。

フィリピンの治安

フィリピンの治安は日本と比べると明らかに悪いのが現状です。

しかし語学学校がある地域は治安が比較的良く、留学生が安心・安全に過ごせるような場所に考えられて建てられています。
また、ほとんどの語学学校にはガードマンが24時間校門の前に居て、留学生はIDを見せないと学校に入ることができないシステムになっているなど安全対策を徹底しています。

フィリピン国内では、スリや置き引きなどの軽犯罪、タクシーなどでの運賃トラブル等は頻繁に発生しており、留学生も巻き込まれることが多いです。

フィリピン留学中の食事

ほとんどの語学学校では授業がある日は朝食・昼食・夕食と3食ともに衛生面や栄養バランスを考えた食事が提供されます。
競争の激しいフィリピンの語学学校では留学生が満足できる料理が出せるようにと食事に力をいれているところも多いです。
日系の語学学校や日本人留学生が多い学校では日本食中心に提供されることもあります。

しかし、地元の人が食べる食事は肉食が中心。
栄養バランスも崩れがちになるので、注意が必要です!

フィリピンでの外食はさまざまなジャンルのレストランがあります
「フィリピン料理」「韓国料理」「日本食」「中華料理」「イタリアン」など挙げたらきりがないほどです。
お酒を楽しむためのバーやパブもあります。

まとめ:【セブ島留学ってナニ?】費用・効果・デメリットまで大公開!

いかがでしたか?

今回はフィリピン留学における費用や留学の効果、フィリピン留学のデメリット、フィリピンの基本情報について紹介していきました。

  • ・フィリピン留学の費用は欧米に比べて格安であること
  • ・フィリピン留学の効果は大いに期待できるが個人差があること
  • ・フィリピン留学にはデメリットも存在するが対応策でカバーすることが可能

フィリピン留学はデメリットも存在しますが、メリットのほうがはるかに大きく効果も期待できます。

留学先はフィリピンだけでなく欧米などさまざまな国があるので他の国と比較しながら自分に合った留学先を探してみてくださいね。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!