フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

【コスパ最強の留学先が見つかる!】海外留学の費用を国別で徹底比較

  • 海外留学をしてみたいけど、いったいどのくらいの費用が必要なんだろう
  • 留学費用って高いけどどの国なたらコストを抑えれるんだろう

なんて悩んでいませんか?

そこで、海外留学にかかる費用の相場を国別でまとめました。
あなたの予算に合った留学先を見つけてみてくださいね。

あわせて留学にかかる費用の節約方法も紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

国別の語学留学費用の相場

海外留学する人

留学先1週間2週間1ヶ月2ヶ月3ヶ月半年1年
アメリカ10〜20万18〜40万30〜60万50〜120万90〜175万180〜340万380〜700万
カナダ10〜17万14〜30万30〜55万50〜90万85〜150万170〜290万340〜580万
イギリス10〜15万18〜30万35〜55万55〜120万105〜165万210〜330万420〜665万
オーストラリア11〜15万17〜25万30〜45万60〜80万85〜115万165〜225万270〜435万
ニュージーランド10〜13万16〜24万30〜36万53〜66万75〜100万150〜190万300〜380万
フィリピン7〜10万11〜16万20〜28万38〜53万55〜85万105〜160万205〜305万

※語学学校費・滞在費・生活費を合わせた金額の目安です(航空券代・海外保険代等は除く)。

留学費用は国によってかなり差があり、語学留学で最も費用を抑えられる国はフィリピンになっています。

また、全ての国に共通して、現地での過ごし方によって費用総額が大きく変わってくるということが言えます。
これについては「海外留学で必要な費用」の項目で解説します。

国別の大学留学費用の相場

海外大学の卒業式の写真

留学先半年1年2年4年
アメリカ130~200万円200~500万円400〜1,000万800〜2,000万
カナダ120~150万円240~400万円480〜800万960〜1,600万
イギリス150~200万円300~500万円600〜1,000万1,200〜2,000万
オーストラリア150~200万円300~400万円600〜800万1,200〜1,600万
ニュージーランド140~180万円270~350万円540〜700万1,080〜1,400万
フィリピン40~70万円80~120万円190〜240万380〜480万

※学費・滞在費・生活費を合わせた金額の目安です(航空券代・海外保険代等は除く)。

大学留学の費用に関しても、最も費用が抑えられるのはフィリピンという結果になりました。
1年間の留学費用をアメリカと比較すると、なんと半額以下の金額です。

海外留学で必要な費用

海外留学で必要な費用国別に留学にかかる費用を見てきましたが、実際の内訳にはどんな費用が入っているかご存知ですか?
それぞれの費用について、国別比較表も見ながら詳しく解説します。

海外留学で必要な費用①:航空券

留学先片道往復
アメリカ5~10万円10~15万円
カナダ7~10万円10~15万円
イギリス6~10万円11~16万円
オーストラリア4~6万円8~13万円
ニュージーランド6~11万円11~18万円
フィリピン2~4万円7~10万円

夏休みやGW、年末年始などの大型連休は早めに購入しないと予約ができなくなってしまう事もあるので注意しましょう。
航空券を安く購入する方法は「海外留学の費用を節約する方法」で紹介しています。

海外留学で必要な費用②:海外保険

渡航期間ごとの海外保険費用の目安は以下のようになります。

3カ月2~5万円
半年5~11万円
1年15~20万円

保険会社によってプランや料金が異なるため、補償内容をしっかり確認してから契約するようにしましょう。
海外保険費用の節約方法も「海外留学の費用を節約する方法」で紹介しています。

海外留学で必要な費用③:ビザ

留学先ビザの要件申請費用
アメリカ3カ月以上は学生ビザが必要
※3ヶ月未満でも週18時間以上の受講には学生ビザが必要
2万円
カナダ6カ月以上は学生ビザが必要1.1万円
イギリス6カ月以上は学生ビザが必要2.4万円
(12カ月以上は4.6万円)
オーストラリア3カ月以上は学生ビザが必要4.5万円
ニュージーランド3カ月以上は学生ビザが必要無料
(残高証明が最低10万円程必要)
フィリピン期間によって必要な申請が異なる1.7万円~3万

ビザ代は留学費用全体の中では小さな割合ですが、国によってルールが異なっていたり、申請費以外にも必要書類などで費用がかさむことがあるため、事前にしっかりと調べておきましょう。

フィリピン留学の場合はほとんどの語学学校で申請を代行してもらえるので、費用は学校もしくは留学エージェントに問い合わせてみてください。

海外留学で必要な費用④:学費(語学学校の場合)

留学先3カ月半年1年
アメリカ35~55万円80~120万円150~200万円
カナダ30~50万円70~100万円130~170万円
イギリス35~55万円80~110万円130~180万円
オーストラリア30~50万円60~90万円130~170万円
ニュージーランド20~40万円60~85万円110~140万円
フィリピン
(宿泊・食費含む)
20~50万円60~90万円130~170万円

学費は語学学校に支払う入学金・教材費などの金額です。
※フィリピン留学の場合は宿泊費・食費が含まれています。

学費はコースによって料金が異なります。
コース自体は半日で終わるコースから夕方までレッスンのあるコースまでありますので、留学の目的に合わせてコースを選びましょう。

海外留学で必要な費用⑤:滞在費

海外留学での滞在方法は寮やホームステイなど様々ですが、ここでは仮にシェアハウスに住んだ場合の相場を国別で比較します。

留学先3カ月半年1年
アメリカ24万円~48万円~96万円~
カナダ12万円~24万円~48万円~
イギリス24万円~48万円~96万円~
オーストラリア18万円~36万円~72万円~
ニュージーランド10.5万円~21万円~42万円~
フィリピン
※アパートの場合
6万円~12万円~24万円~

シェアハウスでも何人部屋に住むのか、どのエリアに住むのかで料金が変動します。
1人部屋で中心地に近いところになるほど費用は高くなります。

  • 何を重視するか
  • 予算はどのくらいか
  • 通学時間はどのくらいか

などをしっかり考えて決めましょう。

滞在費については「海外留学の費用を節約する方法」で詳しく紹介しています。

海外留学で必要な費用⑥:食費・交際費

留学先3カ月半年1年
アメリカ15万円~30万円~60万円~
カナダ9万円~18万円~36万円~
イギリス18万円~36万円~72万円~
オーストラリア15万円~30万円~60万円~
ニュージーランド10.5万円~21万円~42万円~
フィリピン3万円~6万円~12万円~

国の物価によって大きく左右されますが、スーパーや市場で食品を買い自炊することで費用はだいぶ抑えられます。

海外留学の費用を節約する方法

海外留学で費用を節約する方法いろいろと費用のかかる海外留学ですが、節約する方法はたくさんあります。

  1. エージェント選び
  2. 航空券の予約
  3. 海外保険
  4. 滞在費
  5. キャンペーンの活用
  6. 語学学校の選び方
  7. 留学中のアルバイト

それぞれ詳しく見ていきましょう。

海外留学の費用を節約する方法①:エージェント選び

留学に行くと決めたら、最初に準備することは留学エージェント選びです。

人によっては、エージェントには頼まずすべて自分で手続きをするという強者もいます。
しかし、初めての留学もしくは初めての国であれば、現地に精通している留学エージェントを利用ことをおすすめします。

そしてエージェントで契約をする際には、

  • 代行料
  • サポート費用

といった類の費用を確認してください。

エージェントによって、現地サポート費用を1年で10万円以上に設定しているところもあれば、無料で行っている会社もあります。
今や留学エージェントは数えきれないほどあるため、条件と費用をしっかり比較することが大切です。

また、エージェントには語学学校を申し込めばビザの代行手数料は0円という会社も少なくありません。
できるだけコストがかからない会社を選ぶことで費用の節約につながります。

ポイント
基本的に手数料0円のエージェントを選ぶ

海外留学の費用を節約する方法②:航空券の予約

留学の時期によってはとても高くなってしまう航空券。
航空券はどこの都市に行くにしても、購入時期が早いほど安く購入することができます。

また、直行便ではなくLCC(格安航空券)や乗継便を使うことでさらに安く購入できる場合も。
※ただし乗継便だとトータルの所要時間が20時間や25時間など長時間になります。

ポイント
航空券は早めに購入、もしくはLCCや乗継便を活用する

海外留学の費用を節約する方法③:海外保険

留学中は可能な限り海外保険に加入しておきましょう。

万が一、事故や事件に巻き込まれてケガをしてしまったら、保険に入っていないと何百万という医療費の支払いが発生します。

海外保険に入る方法は2種類あります。

  • 保険会社で加入する
  • クレジットカードの付帯保険を使う

長期留学の場合は前者がおすすめです。
保険会社によってプランや補償内容が異なり、安いもので1年12万円程で加入できます。
(ただし安いプランほど補償内容も少なくなります)

保険会社によっては補償内容のカスタマイズもできるので、自分が何の保証が必要なのかを事前に確認して、必要ないと思う補償は省き、コストカットをしましょう。

後者のクレジットカードの付帯保険を使用する場合は、有効期限が3カ月までなので注意が必要ですが、3カ月未満の留学であれば申込費用0円で海外保険が利用できるのでおすすめです。

その際は、しっかり補償内容と保険利用の連絡先、緊急時の対応方法(キャッシュレスで診察できるのかなど)を確認しておくことが大切です。

ポイント
長期留学の場合は保険会社の補償内容をカスタマイズし、3カ月未満留学の場合はクレジットカードの付帯保険を活用する

海外留学の費用を節約する方法④:滞在費

現地での滞在方法(宿泊先)は大きく3種類あります。

  • 学校寮
  • ホームステイ
  • シェアハウス
滞在先特徴1カ月の費用相場(アメリカの場合)
学校寮
  • 学生との交流がある
  • 食事付(学校による)
  • 学校の近くに住める
10~20万円
ホームステイ
  • 語学学校により手配料や設定額が異なる
  • 郊外の家にホームステイすることがほとんど
  • 食事付
8~15万円
シェアハウス
  • 学校以外の友達ができる
  • 基本的に自炊
  • 住む家を自分で選べる
5~12万円

この中で一番コストを抑えられるのはシェアハウスです。

現地に慣れるためにホームステイや学校寮で現地の人と過ごすのもおすすめでが、生活に慣れてきたらシェアハウスに移ることで滞在コストが抑えられます。

ポイント
生活に慣れたらシェアハウスに移り滞在コストを削減する

海外留学の費用を節約する方法⑤:キャンペーンの活用

留学エージェントもしくは語学学校がキャンペーンを行っている場合があります。
「13週間以上の留学で授業料が20%引き」など、留学期間が長いほどお得なキャンペーンが多いです。

また、閑散期やオープン間もない時期に割引を行っている会社や学校もあるのでチェックしてみてください。

ただし、オープン記念でキャンペーンを行っている学校は、開校したばかりで実績が少ないのがデメリットです。
評判や口コミで決めたい場合は気をつけましょう。

ポイント
オープン価格や閑散期のキャンペーン、長期割引を活用する

海外留学の費用を節約する方法⑥:語学学校のコースの選び方

各国には語学学校が数えきれないほどあり、価格も様々です。
そして学校の質はやはり値段相応になります。

価格の安さだけを優先して学校を選ぶと、講師の質が悪かったり、サポートがしっかりしていなかったりします。

一方で、価格の高いハイクオリティな学校でも、通い方を工夫すれば費用を安く抑えることができます。

語学学校は基本的に

  • 半日(午前or午後)
  • 午前&午後
  • 夜間のみ

の3タイプの通い方があります。

時間帯特徴1カ月の相場(イギリスの場合)
半日(午前or午後)午前か午後の半日でレッスン数は2~3コマ12万円~
午前&午後日中帯の全日でレッスン数は5~6コマ18万円~
夜間のみ夜間帯でレッスン数は2~3コマ12万円~

このように通い方によって費用が変わるため、できるだけ費用の安い通い方を選ぶことで節約が可能です。

ポイント
半日もしくは夜間のコースに通うことでコストは抑えられる

海外留学の費用を節約する方法⑦:留学中のアルバイト

もし留学中にアルバイトができれば、収入を現地での滞在費にあてることができます。

アルバイトの可否や条件は国によって異なります。
基本的に学生ビザを取得していることが条件になりますので、学生ビザで行かれる方はそのほかの条件も併せて確認しましょう。

しかし、あくまでも学業が本業になるので勉強に支障がないようにしましょう。

留学先アルバイト可否条件
アメリカ
  • 学生ビザを取得している
  • キャンパス内のみのアルバイト
  • 週20時間以内
カナダ
  • 学生ビザを取得している
  • フルタイムの学生
  • 6カ月以上の留学
  • 政府認定の教育機関に通っている
イギリス
  • 学生ビザを取得している
  • 週20時間以内
  • 休日はフルタイム可能
オーストラリア
  • 学生ビザを取得している
  • 週20時間以内
  • 長期休暇中のアルバイトは制限なし
ニュージーランド
  • 学生ビザを取得している
  • 2年以上の履修を予定している
フィリピン×学生ビザであっても就労は不可
ポイント
学生ビザであれば週末時間のある時にアルバイトをしてお小遣いを稼ぐことができる(フィリピンを除く)

まとめ:費用が安くコスパのいい留学先はフィリピン

海外留学でおすすめの留学先はフィリピン

以上、海外留学の費用を国別で詳しく比較してきました!
最後におさらいです。

トータルで見てみるとフィリピン留学が圧倒的にコストを抑えられておすすめです。
学生ビザだとアルバイトができないというデメリットがありますが、1年の留学で200万円確保できれば物価も安いため、アルバイトをする必要もないでしょう。

フィリピン留学がおすすめの理由は、

  • 物価が安いため、留学費用が安い
  • 寮での滞在のため、滞在先を探す手間がない
  • 食事と滞在費が学費に含まれる

    となります。

    ぜひあなたの予算に合った留学先を見つけて下さいね。

    フィリピンの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

    フィリピンの語学学校をチェックする!

    フィリピン大学留学ナビについて

    『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
    フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

    『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
    フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

    フィリピン留学をお考えの方へ

    フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

    フィリピンに留学すべき3つの理由

    1.学費がとても安い!
    日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
    2.英語がとことん身につく!
    フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
    3.休日は常夏のビーチでENJOY!
    フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。