【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【完全版】フィリピン大学進学がオススメな理由!

「フィリピンの大学に進学したいけどどうすればいいの?」

「フィリピンの大学へ進学するメリットは?」

「フィリピンにはどんな大学があるの?」

このような疑問をお持ちではありませんか。
確かにフィリピンへの進学はアメリカや中国への進学と比べマイナーですし、疑問点が多いですよね。

こちらの記事をお読みいただければ、フィリピンへの進学に関する疑問がきっと解消されますよ。
5分程度で読めますので是非ご覧ください。

Contents

フィリピンへの大学進学の特徴

フィリピンと世界の地図
文化や言語、物価の違いによって、日本の大学とは異なる点があります。
こちらでは日本の大学とは異なる5つの特徴についてお伝えします。

フィリピンへの大学進学の特徴1:入学時期が大学によって異なる

日本の大学は4月入学が一般的ですがフィリピンの場合、8月入学が一般的です。
また大学によって入学時期が異なります。
各大学のWebサイトを確認の上、計画的に入学手続きを進めるようにしましょう。

フィリピンへの大学進学の特徴2:制服の着用

フィリピンでは大学生の制服着用が義務付けられています。
学部によって制服が異なり看護科の学生はナース服、男子学生はワイシャツにズボンなどさまざまです。

フィリピンへの大学進学の特徴3:外国人向けにタガログ語の授業がある

フィリピンの公用語であるタガログ語が学べる講座を、海外出身の学生向けに開講している大学があります。

タガログ語と英語が混ざった言語タグリッシュを使う先生がいますので、開講されている場合には積極的にタガログ語の基礎を学んでおきましょう。

フィリピンへの大学進学の特徴4:入学前に英語の授業がある

入学前に英語の授業が開講されます。
授業はグループクラスやマンツーマンコースといった語学学校の授業に近い形で行われます。
積極的に授業に参加し、個人ではなかなか身につけづらいスピーキング力を磨きましょう。

フィリピンへの大学進学をおすすめする4つの理由

フィリピンへの大学進学は日本の大学にはない様々なメリットがあります。
フィリピンへの進学を迷われている方はぜひ参考にしてみてください

フィリピンへの大学進学をおすすめする理由1:日常的に語学力を磨くことができる

フィリピン人は幼い頃から英語を学んでいます。
そのため多くのフィリピン人が英語を話せ、英語人口はアメリカ、インドに継いで世界第3位です。

買い物や現地の人とのコミュニケーションを通して日常的に語学力を磨くことができます。

フィリピンへの大学進学をおすすめする理由2:フィリピンの発展過程を見ることができる

フィリピンの2017年度の経済成長率は6.7%。
ASEAN主要5カ国の中で第2位を記録しており成長著しい国のひとつです。

人口は増え続け2014年に1億人を突破。

平均年齢は24歳とこれからのフィリピンを担う多くの働き手がいます。
また安価な人件費と英語を話せる人材に目をつけた外資系企業がフィリピンへ続々と参入しています。

フィリピンへの大学進学をおすすめする理由3:大学の授業料が安い

日本で大学進学をするうえで頭を悩ますのが授業料です。
しかしフィリピンの大学に進学するのであれば、金銭的な不安を感じることは少ないでしょう。
授業料は大学によって異なりますが、

  • 私立大学に進学した場合、約10万円から40万円
  • 国立大学に進学した場合、約10万円

が目安となります。

大学の立地や設備によって授業料に差があり、地方よりも首都マニラの方が高い傾向にあります。

フィリピンへの大学進学をおすすめする理由4:最短3年で卒業できる

学業に励み短期間で単位を取得できた場合、最短3年間で卒業できます。

フィリピンへの大学進学に必要な準備

フィリピンへの大学進学に必要な準備についての画像
フィリピンへの進学を決めたら入学までに必要な準備を行なわなくてはなりません。
どのような流れで大学へ進学するのか順番にご説明していきます。

フィリピンへの大学進学に必要な準備1:入学したい大学を選択する

入学したい大学をネットで調べ、興味のある大学が見つかったら現地の大学を一度訪問してみましょう。
大学訪問の際に確認しておきたいポイントは全部で7つです。

  • 英語で開講される授業の有無を確認。
  • 大学の立地(街中・郊外)
  • 授業料
  • 学部・授業科目
  • 外国人生徒の数
  • カリキュラム
  • 受験科目・内容

入学後の認識違いがないよう、ネットで確認できない情報を現地で収集しましょう。

フィリピンへの大学進学に必要な準備2:入学に必要な書類を集める 

入学に必要な書類を日本で集めます。

必要な書類は

  • 高校 / 大学の卒業証明書
  • 高校 / 大学の成績証明書
  • 戸籍謄本

の3点です。

これらはすべて英語表記かつレッドリボン認証済でなければなりません。

レッドリボン認証とは、日本国内で発行された公文書が正式な書類であることをフィリピン大使館で認められることで得られる認証です。

レッドリボン認証の取得手続きは手間がかかりますので、代行業者を活用するとよいでしょう。

フィリピンへの大学進学に必要な準備3:入学試験を受ける

入学するにあたり入学試験を受けます。

入学試験は大学によってさまざまですが、難関大学に入学する場合

  • TOEFL IBT
  • TOEFL ITP
  • IELTSスコア

といった英語資格の提出を求められることが多いです。

また受験科目は

  • 英語
  • 数学
  • 理科
  • IQテスト
  • 面接

があります。

志望する大学の試験内容は大学の専用サイト、もしくは大学を訪問した際に確認しましょう。

フィリピンへの大学進学に必要な準備4:入学手続きを行う

試験が終わり合格すれば入学手続きを行いましょう。

大学で入学手続きをする際に

  • 入学日
  • 入学に必要な書類・手順

を確認しておきましょう。

フィリピンへの大学進学に必要な準備5:物件を探す

入学前に居住物件を探します。
大学に併設されている学生寮もしくは現地でコンドミニアムを借りるとよいでしょう。

学生寮にはさまざまな国からの留学生やフィリピン人学生が滞在しており異文化交流が期待できます。
家賃も1万円から3万円ほどとリーズなところも魅力です。

一方でコンドミニアムに滞在した場合の家賃は3万円から4万円です。
日本の高級マンションに相当する宿泊施設でトレーニングジムやプールが完備されています。

フィリピンへの大学進学で大変なこと


フィリピンへの大学進学で大変なこと:大変な顔をするフィリピン人の子供

フィリピンでの大学生活を送るにあたり言語の違いに苦労することでしょう。
また発展途上国フィリピンの日本との生活環境の違いに最初は驚くかもしれません。

フィリピンへの大学進学で大変なこと1:友達を作るのが大変

大学の講義は基本的に英語で行われます。
そのため英語のスキルを磨いておけばなんとか授業についていけます。

しかし大学に通う多くの大学生はフィリピン人です。
彼らの母国語はタガログ語ですので、現地の大学生は基本的にタガログ語でコミュニケーションをとります。

英語でしかコミュニケーションの取れない日本人学生がフィリピン人学生のコミュニティに入るのは難しく感じるかもしれません。

フィリピンへの大学進学で大変なこと2:授業についていくのが大変

基本的に授業は英語で行われます。
そのため入学当初は、英語の授業についていくのが大変かもしれません。
入学までにTOEIC800点以上を目指して勉強しておきましょう。

またタガログ語と英語が混ざった言葉で授業を進める教授もいます。
授業内容が理解できない時に助けてもらえるよう現地学生と仲を深めておきましょう。

フィリピンへの大学進学で大変なこと3:衛生面に不安

フィリピンといえば南国リゾート地といった綺麗なイメージがあるかもしれません。
確かにリゾートエリアは清潔感があり綺麗ですが、それ以外の生活環境に不安な側面があります。

例えば、

  • 水道水が飲めない
  • トイレにトイレットペーパーを流せない
  • 高温多湿の環境のため害虫が多い
  • 沿道は排気ガスや砂ぼこりが舞っていて空気が悪い

というように、日本での生活に慣れている人にとってフィリピンの環境は劣悪に感じるかもしれません。

フィリピンへの大学進学で大変なこと4:治安が悪い

近年成長の著しいフィリピンですが貧富の差が激しく、ストリートチルドレンも多く見かけます。
エリアによってはスリに注意が必要ですし、ぼったくりタクシーもいます。
日本で生活するように夜道を歩くのも危険です。

トラブルの多いエリアには1人で行かないようにしましょう。

フィリピンを代表する大学

フィリピンには2000校以上の大学があります。
これは日本の大学数の約2倍です。

進学先の見当がつかないという方のために数ある大学の中でもフィリピンを代表する3校を紹介します。
ここで紹介する大学は日本の東大や早稲田、慶応のようなハイレベルな大学です。
これらの大学に進学できれば日本での就職活動に限らず、フィリピン就職で大きなアドバンテージを得られるでしょう。

フィリピンを代表する大学1:フィリピン国立大学ディリマン校(国立)

フィリピンを代表する大学1:フィリピン国立大学ディリマン校

フィリピン最高峰の大学。
フィリピン大学は8つのキャンパスからなり、その中でもディリマン校は敷地面積東京ドーム約100個分といわれています。

ディリマン校にはアジアやヨーロッパからの留学生が多く、学部は教育学部や観光学部、経営学部や工学部とさまざまな学部を展開しています。

フィリピン大学に限ったことではありませんが、フィリピンの国立大学では授業がタガログ語で行われることが多いという特徴があります。

フィリピンを代表する大学2:デ・ラサール大学(私立)

フィリピンを代表する大学2:デ・ラサール大学 

1911年に創設されたフィリピンの首都マニラにある名門私立大学。
世界中の大学とパートナーシップ協定を結んでおり多くの留学生がデ・ラサール大学で学んでいます。

グローバル教育に力を入れているこの大学では教育学部や理学部、工学部や経営学部といったさまざまな学問を学べます。
学生の住環境が整備されており学業に専念できる大学です。

フィリピンを代表する大学3:サントトマス大学(私立)

フィリピンを代表する大学3:サントトマス大学

1611年に創設されたアジアで最も歴史のある大学です。
カトリック系の私立大学で在学者数は約4万人。
フィリピンの2代目、3代目大統領がサントトマス大学といわれています。

神学部や哲学部、教会法学など宗教について学ぶことができます。

まとめ:大学進学はフィリピンがオススメ!【特徴・おすすめの理由・入学準備】

フィリピンの大学の特徴やおすすめの理由、入学手順について紹介しました。
発展途上国だからこそのメリットやデメリットがあるフィリピンへの進学は日本では得られないような魅力的な体験ができ、きっと有意義な時間になるはずです。

こちらの記事を読んでフィリピンへの大学進学の参考にしてもらえれば幸いです。

フィリピンの大学や大学院留学については以下の記事もあわせてご覧ください!

【完全版】フィリピン 大学留学のメリットとは?

【徹底解説】フィリピン大学院留学のメリットとは?

【2019年版】フィリピン大学ランキングを大発表!

【2019年版】フィリピンの大学ランキング国内版・世界版

フィリピンの大学のレベルってどれくらい?データと体験談から徹底分析

(ライター:小田コウヘイ)

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!