【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【空港別】セブ島までのフライト時間は?便利グッズもあわせて紹介

「セブ島までのフライト時間って、どれくらいなんだろう……」

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、セブ島までのフライト時間は平均5時間。
経由便になると、およそ10〜13時間はかかります。

しかしフライト時間は出発地によって数時間の差があるため、自身のフライトスケジュールにあわせて調べておく必要があります。

そこで今回はセブ島までのフライト時間を、関東、中部、関西、九州にわけて解説します。

またそのほかにも、日本とセブ島の時差やセブ島の魅力、フライト中の暇つぶしにおすすめのアイテムも紹介しています。
気になる人は、あわせてチェックしてみてくださいね。

セブ島までのフライト時間はどれくらい?空港別に解説

セブ島までのフライト時間はどれくらい?空港別に解説

セブ島までのフライトは、平均5時間です。
経由便になると、10〜13時間ほどかかることもあります。

ただしフライト時間は、出発する場所によって異なります。

そこでここでは、セブ島までのフライト時間を、

  • 関東(羽田、成田)
  • 中部
  • 関西
  • 九州

にわけて見ていきましょう。

【関東】羽田空港や成田空港からのフライトは4時間55分〜

関東からは、

  • 羽田空港
  • 成田国際空港

を紹介しますね。

羽田空港

羽田空港からセブ島までは、経由便を利用できます。

【経由便】

時間6〜10時間
経由地マニラ、韓国、台湾など

 

成田国際空港

成田空港からセブ島までは、直行便と経由便を利用可能です。

【直行便】

時間4時間55分

【経由便】

時間6〜10時間
経由地マニラ、韓国、シンガポールなど

 

【名古屋】中部国際空港(セントレア)からのフライトは4時間20分〜

中部国際空港からセブ島までは、直行便と経由便を利用可能です。

【直行便】

時間4時間20分

【経由便】

時間8〜13時間
経由地マニラ、韓国、香港、台湾など

 

【関西】関西国際空港からのフライトは4時間20分〜

関西国際空港からセブ島までは、直行便と経由便を利用できます。

【直行便】

時間4時間20分

【経由便】

時間8〜13時間
経由地マニラ、韓国、台湾など

 

【九州】福岡空港からのフライトは7時間〜

福岡空港からセブ島までは、経由便を利用可能です。

【経由便】

時間7〜11時間
経由地マニラ、韓国など

福岡は韓国経由が多いです。

航空券を安く購入したい人は、以下の記事もチェックしてみてください!
「【フィリピン留学の航空券】相場や安い時期、おすすめ航空会社を紹介」

ここまでフィリピンまでのフライト時間を紹介しました。

実は日本とフィリピンには時差があるため、チケットを購入するときは時差を考えておくことが欠かせません。
次で詳しくお伝えしますね。

セブ島と日本には時差がある!その差は1時間だけ

セブ島と日本には時差がある!その差は1時間だけ

セブ島と日本には時差がありますが、その差は1時間です。
またこの時差は季節に関係なく同じで、夏になると時差が変わる「サマータイム」もありません。

留学や旅行でも時差ボケすることなく、滞在を楽しむことができます。

とはいえ、「セブ島って名前は聞いたことがあるけれど、実際はどんなところなんだろう……」と感じている人も多いかと思います。

そこで次は、フィリピンにあるセブ島の特徴を詳しくお伝えします。

留学で人気のセブ島とは?3つの魅力を解説

留学で人気のセブ島とは?3つの魅力を解説

セブ島の魅力を、

  • フィリピンにあるリゾート地のひとつである
  • 年中暖かくて過ごしやすい
  • 英語を勉強できる

の3つにわけて解説しますね。

セブ島の魅力1:フィリピンにあるリゾート地のひとつ

1つ目は「フィリピンにあるリゾート地のひとつであること」です。

フィリピンは大小さまざまな島から成り立っており、セブ島は中部にあるビザヤ諸島に位置しています。
飛行機を使えば1〜2時間ほどで、周辺の島へ旅行することも可能です。

周辺には海が広がっていることから、セブ島でバカンスを楽しむ観光客も少なくありません。
リゾート地として、年中にぎわっている場所です。

そして海がきれいなセブ島では、以下のようなアクティビティが盛んです。

  • ダイビング
  • シュノーケリング
  • アイランドホッピング

また観光地のため、飲食店やホテル、ナイトスポットもたくさんあります。

セブ島ではさまざまな過ごし方ができるため、リゾート地として栄えています。

セブ島の魅力2:年間を通して暖かくて過ごしやすい

2つ目は「年間を通して暖かくて、過ごしやすいこと」です。

セブ島の気候は年間を通して温暖です。

実際に、セブ島の平均気温を季節ごとに見てみましょう。

  • 雨季(6〜11月):27〜29℃
  • 乾季(12〜5月):27〜33℃

年間の平均気温は、平均27〜30℃。
季節によって日差しの強さや雨の多さは異なりますが、日本の冬のように厳しい寒さになることはありません。

最も暑いのは5月頃ですが、最高気温は33℃ほど。
カラッとした暑さが続き、日本のような湿度の高さを感じることは少ないです。

服装にさえ注意すれば、快適に過ごせます。

セブ島の気候や服装について、詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。
「【季節・男女別】フィリピン留学の服装や枚数、注意点を解説」

セブ島の魅力3:多くの日本人が英語を勉強中

3つ目は「多くの日本人が英語を勉強していること」です。

実は近年、フィリピンに留学する日本人が増えています。
フィリピンは公用語に英語を使用しているため、英語を学習できる語学学校が数多く存在するのです。

特に最近は、日本人経営の学校が増えてきました。
もともと韓国人留学生の多いフィリピン留学でしたが、距離が日本からも近いことから、留学する日本人も多くなっているのです。

フィリピンでの英語留学をおすすめする理由は、以下の3つです。

  • 物価が安いので、留学費用も安い
  • マンツーマンレッスンで英語力が伸びやすい
  • スパルタレッスンで英語学習だけに集中できる

セブ島留学の大きな特徴は「マンツーマンレッスンを提供していること」。

講師と生徒が1対1で授業をすすめるため、疑問などはその場ですぐに聞くことができます。
またシャイな日本人でも周りを気にすることなく発言できるため、スピーキング力が伸びやすいです。

マンツーマンレッスンについて、詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。
「【徹底解説】フィリピン留学マンツーマンレッスンのある学校や効果!」

ここまでセブ島の特徴を解説しました。

セブ島に渡航してくても、5時間以上のフライト時間に抵抗を感じる人もいるかもしれません。

そこで次は、フライト中におすすめの便利グッズをいくつか紹介します。

セブ島までのフライト時間を快適に!3つのおすすめアイテム

セブ島までのフライト時間を快適に!3つのおすすめアイテム

セブ島までのフライトに役立つグッズとして、

  • 電子書籍「Kindle」
  • アマゾンプライムビデオ
  • ペンとノート

の3つを見ていきましょう。

フライト時間の暇つぶし1:電子書籍「Kindle」

1つ目は「電子書籍の端末であるKindle」です。

Kindleとは、アマゾンが販売する電子書籍を読むための端末のこと。
タブレットのような形でサイズもそれほど大きくないため、気軽に持ち運ぶことができます。

Kindleをおすすめするポイントは、留学や旅行中でも日本語の書籍が読めること。
海外では日本語の書籍を購入しようとすると、通常の1.5〜2倍の値段になることがあります。

しかしKindleは、インターネットさえあれば通常価格で電子書籍を購入できるので、留学中にも活躍します。

フライトの前に本をダウンロードして、移動中に気になる本を読んでみましょう。
直行便のフライトであれば、1〜2冊は読めるはずです。

フライト時間の暇つぶし2:アマゾンプライムビデオ

2つ目はアマゾンプライムビデオです。

アマゾンプライムとは、アマゾンが提供する動画配信サイトのこと。
ドラマや映画、ドキュメンタリー、アニメなど、さまざまなジャンルの動画を見ることができます。

アマゾンプライムをおすすめする理由は「事前にダウンロードしておけば、インターネットのない環境でも視聴できるから」です。

動画は基本的に、Wi-Fiがないと閲覧できませんよね。
しかしアマゾンプライムビデオは、スマホのアプリ内で動画をダウンロードして保存しておくことができます。

フライト前に見たい動画を保存し、インターネットのない飛行機の中でも視聴できるのです。

アプリはiPhoneでもAndroidでも使用できます。

気になる人は、以下からダウンロードしてみてください。

(iOS)Apple Store
(Android)Google Play

フライト時間の暇つぶし3:ペンとノート

3つ目は「ペンとノート」です。

ペンとノートをおすすめする理由は「考えを整理し、可視化できるから」です。

留学などでセブ島に向かう場合、何か目標を持っているかと思います。
しかし留学がはじまると、忙しい毎日で目標は忘れがちになることが少なくありません。

目標や目的を忘れてしまうと、留学中のモチベーションが下がりやすくなります。
自分がどこに向かっているのか、わからなくなってしまうためです。

またフライト中はインターネットに接続できないため、スマホを使うことができません。
電話やLINEなど、集中力をジャマするものが少ないため、考えることだけに集中できるのです。

ペンとノートは100円で購入でき、手軽にチャレンジできるもの。
これから留学する人は考えを整理するためにも、セブ島でやりたいことや目標を書き出してみましょう。

セブ島までのフライト時間や暇つぶしを調べて、快適な移動を

セブ島までのフライト時間や暇つぶしを調べて、快適な移動を

今回はセブ島までのフライト時間や、暇つぶしに役立つグッズを紹介しました。

おさらいすると、日本からセブ島までのフライトは以下の通りです。

  • 直行便:5時間
  • 経由便:10〜13時間

そしてセブ島の魅力として、以下の3つをお伝えしました。

  • フィリピンにあるリゾート地のひとつである
  • 年中暖かくて過ごしやすい
  • 英語を勉強できる

フライトが暇そうだなと感じたときは、紹介した以下の3つのアイテムを購入して、フライトにそなえてみてください。

  • 電子書籍「Kindle」
  • アマゾンプライム
  • ペンとノート

またセブ島留学について詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

「【徹底解説】フィリピンのセブ島で賢く留学しよう!」

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。