フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

大学留学の費用が一番安い国は?10カ国を徹底比較

あらゆる分野でグローバル化が進んでいる今、海外の大学へ留学して語学力や国際競争力を身に付けたいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、そこで大きな障壁となるのが留学費用です。
日本人の留学先として代表的な4カ国の費用目安は下記の通り。

  • アメリカ:390万円〜
  • イギリス:240万円〜
  • カナダ:182万円〜
  • オーストラリア:200万円〜
    ※いずれも国公立大学1年間の学費・宿泊費・食費目安

やはり、日本の国公立大学に比べるとかなり高額になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、ヨーロッパやアジアの大学への留学です。
実は、ヨーロッパやアジアには格段に安い費用で大学留学できる国が数多くあります。

この記事では、大学留学の費用が特に安い世界10カ国を徹底比較。
総合的にどの国への大学留学が最も安いかを調査しました。

費用面で大学留学を悩んでいる方には、特に参考になると思います。
是非チェックしてみてください!

海外大学に留学するなら学費最安のフィリピンの大学に留学しませんか?詳細はこちらをご覧ください!

フィリピンの大学留学情報をチェックする!

大学留学の費用が安い国:ヨーロッパ

1.ノルウェー

大学留学の費用が安い国:ノルウェー

学費(1年)無料〜
滞在・生活費(1年)145万円
在学期間3年
学期2学期制
言語ノルウェー語、英語
大学オスロ大学、ベルゲン大学、ノルウェー科学技術大学など

ノルウェーの大学の特徴は、何と言っても国公立大学の学費が無料な点です。
留学生であっても学費が無料の国は、2019年7月現在北欧の中ではここノルウェーのみです。

ネックとしては、ノルウェーはヨーロッパの中でもかなり物価が高い国であること。
滞在・生活費は月12万は見ておく必要があります。

そこで助けになるのがアルバイトです。
ノルウェーでは、留学生にも週20時間までアルバイトが認められています
収入になるだけでなく、学んだ言語を実践できる絶好の機会でもあります。

ディズニー映画「アナと雪の女王」の舞台にもなった、美しい大自然も魅力のノルウェー。
留学すれば、日本人がなかなか得られない貴重な体験ができることは間違いありません。

2.ポーランド

大学留学の費用が安い国:ポーランド

学費(1年)25万円〜
滞在・生活費(1年)65万円
在学期間3〜4年
学期2学期制
言語ポーランド語、英語
大学ワルシャワ大学、ヤギェウォ大学、リヴィウ大学など

日本人には観光先としてもまだマイナーなポーランドですが、実は大学留学先としてかなりおすすめの国です。

一つ目の理由は、学費と物価がどちらも安いこと。
年間の学費相場は25万円からと非常に安く、さらに入学金が無料です。
そしてポーランドはヨーロッパの中ではとても物価が安いため、寮に滞在して自炊すれば月3〜5万円ほどで生活できます。

二つ目の理由は、ポーランドの大学には英語のみで学位を取得できるプログラムがある点です。
そのため英語留学を目的としてポーランドの大学を選択する人もいます。

ナチスドイツのアウシュヴィッツ収容所や、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のモデルとなったランタン祭りなど、訪れるべき名所も多いポーランド。
学業、観光ともに充実した留学生活を送れるでしょう。

3.ハンガリー

大学留学の費用が安い国:ハンガリー

学費(1年)30万円〜
滞在・生活費(1年)70万円
在学期間3年
学期2学期制
言語ハンガリー語、英語
大学ブダペスト工科経済大学、デブレツェン大学、エトヴェシュ・ロラーンド大学など

ポーランドと同様、中央ヨーロッパには大学留学の穴場として魅力的な国が複数あります。
ハンガリーもその一つ。

学費と物価の安さは、ポーランドとほぼ同じか少し上がる程度。
そしてハンガリーの大学にも英語で履修可能なプログラムがあります。

ハンガリーの大学は医学教育の質が高いことから、近年では特に医学部への留学が人気を博しています。
受験の失敗や経済的な理由で日本の医学部に行けなくても、ハンガリーの医学部へなら比較的低いハードルで入学することができ、卒業後は日本で医師を目指せます。

日本人にはそこまで有名ではないハンガリーですが、首都ブダペストは「ドナウの真珠」とも呼ばれる、世界有数の人気観光都市です。
ハプスブルク帝国時代に築かれた豪華絢爛な街並みを堪能しながら、他の国とは一味違った特別な留学生活が送れます。

4.オーストリア

大学留学の費用が安い国:オーストリア

学費(1年)18万円〜
滞在・生活費(1年)100万円
在学期間3〜4年
学期2学期制
言語ドイツ語、英語
大学ウィーン大学、ウィーン国立音楽大学、グラーツ大学など

中央ヨーロッパの穴場3カ国目は、音楽の都ウィーンを首都に持つオーストリアです。

オーストリアの大学もやはり学費が安く、なんと年間18万円程度から見つけることができます。
音楽教育の世界最高峰であるウィーン国立音楽大学でさえ、1学期につき726.72ユーロ(9万円弱)です。

ただし物価は中央ヨーロッパの中ではやや高いため、節約するにはシェアアパートへの滞在や自炊の徹底など工夫が必要です。

もう一つ魅力的なポイントは、オーストリアではドイツ語をしっかりと学べること。
オーストリアにいながらにして、ドイツやスイスでも通用する言語能力が身につきます。

芸術と文化の国オーストリアで、ヨーロッパの歴史と伝統を肌で感じる留学生活を送ってみてはいかがでしょうか。

5.チェコ

大学留学の費用が安い国:チェコ

学費(1年)無料〜
滞在・生活費(1年)80万円
在学期間3〜4年
学期2学期制
言語チェコ語、英語
大学カレル大学、マサリク大学、チェコ工科大学など

ポーランド・オーストリア・ドイツに囲まれているチェコは、「おとぎの国」と称される首都プラハが有名な中央ヨーロッパの国です。

チェコの大学の特徴は、なんとチェコ語で履修すれば学費が無料になること。
ちょっと日本人には厳しい条件ですが、無料とはかなり太っ腹ですよね。

そしてありがたいことに、チェコ語でないプログラムでも年間25万円程度からと、かなり安い学費になっています。
物価や家賃もヨーロッパの中では比較的安めです。

ヨーロッパの中央という立地も利便性がよく、隣のオーストリアやハンガリーにもかなり気軽にショートトリップができます
もちろん、世界遺産のチェスキークルムロフや「モラヴィアの真珠」と呼ばれるテルチ歴史地区など、チェコ国内にも見所が盛りだくさん。

日本人にはまだまだマイナーな国だからこそ、レアで貴重な学びと経験が得られます。

6.ドイツ

大学留学の費用が安い国:ドイツ

学費(1年)無料〜
滞在・生活費(1年)100万円
在学期間3〜4年
学期2学期制
言語ドイツ語、英語
大学ミュンヘン大学、ハイデルベルク大学、ベルリン自由大学など

ドイツの大学はノルウェーと同様、なんと留学生であっても大学の学費が無料です。
さらに留学生にもアルバイトが許可されているため、現地で学びながら収入を得ることができます。

物価や家賃は、ここまで紹介してきた中央ヨーロッパの国々よりは高くなりますが、それでもアメリカやイギリスと比較するとかなり安いと言えます。
国全体で英語の利用率も高く、入試から卒業まで英語のみで完結できる大学があることもメリットです。

ドイツは外国からの移住者が多く、日本人が訪れるとかなり多国籍な環境に感じます。
留学生活を通して、さまざまな国籍の学生たちと友情を育めるでしょう。

7.イタリア

大学留学の費用が安い国:イタリア

学費(1年)15万円〜
滞在・生活費(1年)130万円
在学期間3年
学期2学期制
言語イタリア語、英語
大学ボローニャ大学、ローマ大学、ミラノ工科大学など

観光地として日本人にも人気のイタリアですが、実は近年、大学留学でも注目が高まってきています。

その理由は格段に安い学費
国公立大学であれば年間15〜20万円程度で正規留学が可能です。

また、イタリアは留学生の受け入れを推進しており、英語のみで履修できるコースが年々増加しています
今後は英語留学先としても人気が見込まれます。

そしてイタリアといえば何より、その歴史と文化の豊かさ。
世界遺産登録数は世界最多、料理も日本人が親しみやすく、憧れのヨーロッパ生活を心ゆくまで楽しめます。

ただし物価はやや高めなので、生活費がかさんでしまわないよう注意が必要です。

8.スペイン

大学留学の費用が安い国:スペイン

学費(1年)20万円〜
滞在・生活費(1年)85万円
在学期間3〜4年
学期2学期制
言語スペイン語、英語
大学バルセロナ大学、バレンシア大学、マドリード自治大学など

イタリア同様ヨーロッパを代表する観光大国であるスペインは、実は大学の学費が安いことでも有名です。
国公立大学の場合、年間で20〜25万円と格安の学費になっています。

また、スペイン留学の最大の魅力は本場のスペイン語を習得できること。
スペイン語はヨーロッパや南米など、世界で最も多くの地域で使われている言語の一つです。

将来の活躍の場を、20カ国以上ある世界中のスペイン語圏に広げることができます。
物価は日本と同じくらいですが、シェアアパートに滞在したり自炊をすることで節約が可能です。

豊富な歴史遺産や美味しいスペイン料理など、観光面でも満足度が高いことは言うまでもありません。

大学留学の費用が安い国:アジア

9.フィリピン

大学留学の費用が安い国:フィリピン

学費(1年)5万円〜
滞在・生活費(1年)60万円
在学期間3〜4年
学期2学期制
言語タガログ語、英語
大学フィリピン国立大学、サントトマス大学、デラサール大学など

格安語学留学で人気沸騰中のフィリピンですが、大学留学先としても人気国になりつつあります。
その理由はやはり、学費と物価の圧倒的な安さです。

学費は国公立大学ではなんと年間5万円から、そして私立大学であっても15万円から選ぶことができます。
さらにフィリピンにはなんと2,000以上の大学が存在し、多くの大学で留学生を積極的に受け入れています。

私立大学まで含めて選択肢がとても幅広いことは、フィリピン留学の大きなメリットと言えるでしょう。

また、フィリピンはアジアで最も英語が使用されている国でもあり、大学の授業を英語で受けられることはもちろん、普段の生活でも生きた英語を実践できます。

できる限りコストを抑え、英語を確実にマスターしたい人に特におすすめです。

フィリピンの大学学費はこちらをご覧ください。
フィリピンの大学の学費は本当に安い?留学費用もあわせて解説!

海外大学に留学するなら学費最安のフィリピンの大学に留学しませんか?詳細はこちらをご覧ください!

フィリピンの大学留学情報をチェックする!

10.マレーシア

大学留学の費用が安い国:マレーシア

学費(1年)60万円〜
滞在・生活費(1年)70万円
在学期間3年
学期2〜3学期制
言語マレー語、英語
大学テイラーズ大学、アジアパシフィック大学、KDU大学など

まだ日本人の留学先としてはマイナーですが、マレーシアも実は大学留学におすすめな国です。

学費は他の10カ国と比較すると格安とまでは言えませんが、3年で学位を取得できることと生活費の安さを考慮すると、日本の大学よりもはるかに安い留学費用で済ませることができます。

また、マレーシアの大学への入学審査は高校までの成績と英語試験(YOEFL、IELTSなど)の結果のみのため、入学のハードルが比較的低くなっています

さらに、私立大学の場合はイギリスやオーストラリアの大学と提携している場合が多く、プログラムによっては他国の大学へ編入可能な点も魅力的です。

英語の利用率も比較的高い多民族国家のマレーシアは、日本人がまだ少ないグローバルな環境に身を置きたい人に特におすすめです。

大学留学の費用が安い国:学費が一番安い国は?

大学留学の費用が一番安い国

ここまで紹介してきたヨーロッパ・アジアの10カ国で、学費(最低価格)が最も安い国は

・ノルウェー
・ドイツ
・チェコ

の3つでした!

なんとこの3カ国は学費が無料です。
日本ではちょっと考えられないですよね。

※ただしチェコはチェコ語コースのみ無料のためご注意ください。

大学留学の費用が安い国:生活費が一番安い国は?

大学留学の費用が安い国:生活費が一番安い国は?

続いて、11カ国の中で最も生活費が安い国は

フィリピン

でした!

アジアの物価は基本的にヨーロッパよりも安い上、フィリピンの場合は日本から近いため航空券代が比較的安く済むのもポイントです。

大学留学の費用が安い国:総合的に一番安い国は?

大学留学の費用が安い国:総合的に一番安い国は?

学費・生活費を総合して、10カ国の中で留学費用が最も安い国は

フィリピン

でした!

学費と物価の両方が格安であることが要因です。

フィリピンの大学留学には、費用面以外でもさまざまなメリットがあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【完全解説】フィリピン大学留学のメリットとは?

大学留学の費用が安い国:まとめ

いかがでしたか?
今までは高額の出費がつきものだった大学留学も、留学先の選択肢を広げれば、決してハードルは高くないことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

国や大学によっては、むしろ日本で大学進学するよりも安価の学費と生活費で学位を取得することだって可能です。
是非あなたにぴったりの留学先を見つけて、コスパの高い大学留学を実現してください!

海外大学に留学するなら学費最安のフィリピンの大学に留学しませんか?詳細はこちらをご覧ください!

フィリピンの大学留学情報をチェックする!

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。