フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

TOEICスコアを上げるなら試験までの2ヶ月が勝負!【350点アップも夢じゃない】

最近ではTOEICに特化した勉強をする事により、なんとわずか1週間で点数が100点以上UPする勉強法が話題になっています。

これらの勉強法は、忙しいビジネスパーソンに向けた英語塾を運営している会社等でよく用いられています。

さすがに1週間に絞った勉強で100点以上のスコアアップと聞くと、1日中缶詰め状態で勉強することが想像つくでしょう。

ここまで短期集中にはなりませんが、もしも2ヶ月でTOEICのスコアが100点どころか200点、あなたのスコアを上げることができると言われたらどうでしょうか?

それならできそうな気がしますよね。

この記事では、TOEICの勉強をするにあたり、2ヶ月という期間がリミットである理由と、TOEIC試験までの2カ月でどのような勉強をすれば、スコアを劇的に上げることができるのかをご紹介します。

これから就活や転職活動に向けて、TOEICのスコアを上げないといけない方は短期集中でスコアアップを目指しましょう!

TOEICの試験勉強は2ヶ月がリミットの理由

TOEICの試験勉強は2カ月がリミットの理由これからTOEICの勉強を始めようとしている方は、2カ月で集中的に勉強するのがおすすめです。

もちろん、目指す点数により勉強に必要な期間や時間は変わってきます。

しかし、長期間だらだらと試験勉強をしていても途中で中だるみしてしまったり、継続できなくなってしまったりする方も多いです。

2ヶ月というリミットを設けることで、以下のようなさまざまな効果を発揮することができます。

 

2ヶ月間の短期集中で得られる効果
  1. 集中・モチベーションを保つことができる
  2. 単語やフレーズを暗記しても覚えていられる
  3. 期間を限定することでプレッシャーとなり、集中力が増す

 

2ヶ月以上の勉強をしていると、集中力が続かなかったり、途中で中だるみの時期が必ず来てしまいます。
それならば、2ヶ月という短期間にギュッと絞って勉強していきましょう!

TOEIC試験の2ヶ月前までに終わらせておくべき3つのこと

TOEIC試験の2カ月前までに終わらせておくべき3つのことまずは2カ月のリミットを設ける前に前提として、以下の3つのことを終わらせておく必要があります。

 

TOEIC試験の2ヶ月前までに終わらせておくべきこと
  1. 英文法の基礎
  2. 現時点の実力を把握
  3. TOEICの申込み

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

TOEIC試験の2ヶ月前までに終わらせておくべきこと①:英文法の基礎

英文法の基礎はTOEIC試験の2カ月前までに必ず終わらせておくことが必要です。

TOEICの試験はビジネスシーンで使われる英語がメインとなっているので、基本的な英文法を理解していないと、試験を受けても意味がありません

TOEICを受ける理由が高スコアの獲得だけではなく、その先に英語を使って仕事をしたいという目標がある場合はなおさら英文法の基礎は必要です。

最低でも日本の高校で習う英文法までは身に付けておきましょう。

TOEIC試験の2ヶ月前までに終わらせておくべきこと②:現時点の実力を把握

英文法の基礎を身に付けたら、その時点のあなたの英語力を把握しておきましょう。

TOEIC試験までの2カ月の間に勉強する内容は、その時点の英語力によって異なります。

あなた自身の英語力を把握せずに、レベルの高すぎる問題集を解いても、モチベーションが下がり、時間を無駄にするだけです。

 

自分の実力を把握する事が重要な理由
  • 自分の理想と現実にどのくらい差があるのかを把握できる
  • 自分のレベルが分かり、レベルに応じた対策ができる

 

英語力を把握するおすすめの方法はTOEICの過去問題集を1度、時間通りに解いてみることです。

一度だけで良いのでとにかく解いてみてください。
その点数があなたのスタートの点数になります。

点数レベルおすすめの対策
~395点相手にゆっくりと英語を話してもらって、約3分の1ほど聞き取れるくらい

日常会話であっても相手との意思疎通は難しいレベル

  • もう一度中学生までの単語・文法の復習から開始
400点~495点相手にゆっくりと英語を話してもらえば、約半分は聞き取れる
中学・高校の時に習った単語、文法を覚えているレベル
  • 単語量を増やす
  • 高校生までの文法を見直し
500点~595点

日常会話ができて、自分からもコミュニケーションが取れる

多くの企業が新入社員に求めるレベル

  • 単語量を増やす
  • TOEICの問題になれるため問題集を解く
600点~695点仕事でのコミュニケーションができ、もちろん英語を使って旅行・買い物も可能

履歴書にもTOEIC点数を書けるレベル

  • 単語量を増やす
  • 言い回しをできるように単語量を増やす
  • 速読の練習をする
700点~795点

英語で書かれた文書や資料をほぼ理解できる

ネイティブとの日常会話も問題ないレベル

  • 言い回しをできるように単語量を増やす
  • 速読の練習をする

TOEIC試験の2ヶ月前までに終わらせておくべきこと③:TOEICの申込み

2カ月後のTOEIC試験に申し込みをしておきましょう。

申込みをすることで、期間が決められるので「やらない」という選択肢はなくなります。

申し込み自体は5分もあれば完了するので、以下の流れで申し込みましょう。

 

TOEICの申し込み方法
  1. TOEIC公式ホームページから会員登録をする
    TOEICのお申し込みはコチラ
  2. 受験日・受験場所を選択し、申し込む
  3. 支払い方法を選択する ※受験料は5,725円(税込)

 

TOEIC試験までの2ヶ月間におすすめの勉強方法

TOEIC試験までの2カ月間におすすめの勉強方法

 

TOEIC試験までの2ヶ月間におすすめの勉強方法
  1. 2カ月を切ったら常にリスニング&音読(精読)
  2. TOEIC問題集を繰り返し解く

TOEIC試験までの2ヶ月間におすすめの勉強方法①:2ヶ月を切ったら常にリスニング&音読

日本人は圧倒的に英語を聞く機会が足りていないケースが多いです。
そのため、まずは英語を聞く機会を増やす必要があります。

リスニング力を鍛えるためにおすすめの勉強法は常に英語を聞き、そして音読することです。

ポイントはリスニングするだけではなく、聞いた内容を実際に声に出して読むこと。

声に出すことで、実際にリスニングした内容がどこまで理解できているのかを、把握することができます。

以下の流れで実践してみてください。

 

リスニング&音読のやり方
  1. TOEIC関連のリスニング教材を使い、文章は見ずに同じパートを最低5回はリスニング
  2. 文章を見ながらリスニング→音読を最低5回繰り返す
  3. 文章を見ずに音読できるようになったら、次のパートに進む

 

初めから長文で実践するのは英語力のある人でも難しいです。
まずは短めのフレーズから挑戦してみてくださいね。

TOEIC試験までの2ヶ月間におすすめの勉強方法②:TOEIC問題集を繰り返し解く

TOEICの勉強するにあたり、理解しておくべき事があります。
それはTOEIC学習と英語学習は違うということ。

TOEIC学習とは、TOEICのスコアアップに特化した勉強をすること。
スコアアップに大切なのは英語の知識量だけではなく、問題を解くテクニックや時間配分、そして数をこなすということです。

英語学習とは、英語を使ってコミュニケーションが取れたり、日常生活に特化した英語力を伸ばすことが目的となります。

もちろん、TOEICを勉強することで英会話の向上も期待はできますが、試験対策ではあくまでTOEICのスコアアップのみに特化します。

私もTOEIC試験の2ヶ月前は、問題集の内容を覚えるまで繰り返し解き、そして2~3日に1回は過去問を解いていました。

英語の基礎がついていて、リスニング力もアップできれば、あとは繰り返し問題を解き、時間配分を調整してくだけです。

そうすることで、公式問題のパターンや流れを理解し、スコアアップも可能になります。

とはいえ、ただやみくもに問題集を繰り返し解いても意味がありません。

そこで、問題集を解く際の注意点をご紹介しるので、チェックしておいてくださいね。

 

問題集を解くときの注意点
  • 公式問題集を選ぶ:1番信頼できる教材のため
  • 時間通り解くようにする:試験を想定して、同じ時間配分で解くことが重要
  • 間違えた問題を徹底的に読解する:間違えたままにすると、次回以降でも同じ問題で行き詰まるので、復習が大切

 

2ヶ月前からのTOEIC試験対策でおすすめの4つの教材

2カ月前からのTOEIC試験対策でおすすめの4つの教材

 

2ヶ月前からのTOEIC試験対策でおすすめの教材
  1. 新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
  2. 千本ノックシリーズ
  3. 究極のゼミ Part7
  4. TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

2ヶ月前からのTOEIC試験対策でおすすめの教材①:新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

引用:Amazon

単語帳でおすすめの教材は新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ です。

このシリーズは、TOEICでよく出題される単語がたくさん載っています。

持ち運びにも便利なので、移動時間等を使って1つでも多く単語を覚えましょう。
フレーズごと覚えれば、TOEIC試験でもそのフレーズのまま出てくるので、すらすらと解くことができますよ。

2ヶ月前からのTOEIC試験対策でおすすめの教材②:千本ノックシリーズ


引用:Amazon

この千本ノックシリーズはリーディングパートの文法問題であるパート5、6に特化した問題集です。

このシリーズはレベルごとに分かれているので、自分の今のレベルと目指したいレベルに合わせたシリーズを選びましょう。

パートごとに問題が分かれていて、所要時間も書かれているので、時間内で全て解き終われるように何度も訓練することが大事です。

定められている所要時間は5~15分と短いため、通勤・通学やお昼休みなどの隙間時間を使って解くことができます。

最低3周は問題を解きましょう。

私もこのシリーズを2冊使用し、問題文を覚えるまで繰り返し解いた結果、弱点であったパート5,6のスコアを上げることができました。

2ヶ月前からのTOEIC試験対策でおすすめの教材③:究極のゼミ Part7

引用:Amazon

究極のゼミPart7は、TOEIC試験で受験者を悩ませる最後のパートである、Part7に特化した問題集です。

問題だけでなく、講義形式の解説もついていてとても分かりやすいです。

解説では更に正解の選び方などテクニックも教えてくれるので、問題を解くのに時間が掛かる人にはとても役に立つでしょう。

私もこの問題集を使い試験対策をしました。

この問題集は一通り解いて終わりにするのではなく、2~3回は解きなおしましょう。

1度ですべての内容を覚えることは不可能です。
2~3回解きなおすことで、初めてテクニックや解説を理解することができるでしょう。

パート7で行き詰まったら、この問題集を使ってみてくださいね。

2ヶ月前からのTOEIC試験対策でおすすめの教材④:TOEICテスト新公式問題集

引用:Amazon

試験を想定して、繰り返し問題を解くにはTOEICテスト新公式問題集がおすすめです。

基本的に、公式問題集の中は本番さながらの問題が2回分入っています。

問題を解いて終わりにするのではなく、解説もセットでついているので、間違えた問題は解説でしっかり理解し、復習をしましょう。

まとめ:TOEIC試験までの2ヶ月で短期集中することがスコアを上げるコツ!

まとめ:TOEIC試験までの2カ月で短期集中することがスコアを上げるコツ!TOEICのスコアを上げるなら試験の2ヶ月前がリミットの理由や、おすすめの勉強法をご紹介してきましたので、最後におさらいです。

  1. まずはTOEICを申し込む!
  2. 自分の実力を把握するために模擬試験を解く
  3. おすすめの教材を使い、勉強に取り組む
  4. 過去問はとにかく繰り返し解くことが大切

TOEIC試験の勉強は繰り返し問題を解くことが1番の近道です。

あなたもぜひこの方法でTOEICの勉強を進めていきましょう!

TOEICについては以下の記事もあわせてご覧ください。

忙しい大学生必見!就活までにTOEIC900点突破の勉強法を徹底解説

TOEIC対策のできる塾やスクール12選【英語初心者におすすめ】

【2020年版!】TOEIC初心者へおすすめ参考書

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。