海外へ大学留学!おすすめの安い国ベスト5【学費の節約法も紹介】 | フィリピン大学留学ナビ
フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

海外へ大学留学!おすすめの安い国ベスト5【学費の節約法も紹介】

海外の大学へ留学するなんて、すごくお金がかかりそうだと思っていませんか?
それが意外と、そうでもないんです。

留学先の国によっては、驚くほど格安で大学に行くことができます
場合によっては、日本で大学進学するより安く済むこともあるんです。

そこで今回は、数ある留学先の中でも、大学留学が安いおすすめの国5選を紹介したいと思います。
その国の特色やメリット・デメリット、さらに大学留学の節約術もあわせて解説します。

これを読めば、あなたの留学先の選択肢がきっと広がります。
ぜひ参考にしてみてください!

大学留学が安いおすすめの国5選

大学留学が安いおすすめの国①:フィリピン

大学留学おすすめの国:フィリピン
格安語学留学で人気沸騰中のフィリピンですが、実は大学留学こそコスパ最強と言われています。
その理由は、学費の安さ物価の安さ

学費は1年で10〜40万円ほどで、生活費も節約すれば1カ月5万円以内に抑えることが可能です。
トータルで、日本で一人暮らしをしながら大学に通うよりも安く学位を取得できてしまいます。

また、フィリピンはアジアで最も英語力が高い国の一つ。
特に大学では非常に流暢な英語が使われ、英語力を向上させるにはもってこいの環境です。

<フィリピン大学留学のメリット>
・留学費用が圧倒的に安い
・英語力が向上しやすい
・日本から比較的近く過ごしやすい

<フィリピン大学留学のデメリット>

・都市によっては治安に不安がある
・先進国より生活の利便性が悪い

<1年の学費目安>

10万円〜

<留学先人気都市>
マニラ、セブ、バギオ

<参考リンク>
【完全版】フィリピン 大学留学のメリットとは?
フィリピンの大学の学費は本当に安い?留学費用もあわせて解説!

大学留学が安いおすすめの国②:スペイン

大学留学おすすめの国:スペイン
ヨーロッパはなんでも高価なイメージがありますが、スペインの国公立大学に関しては別です。
なんと学費が1年で20〜25万円と、日本の国立大学よりも安い価格帯になっています。

また、アメリカ・イギリスなど他の留学人気国と比べればスペインは物価も安いです。

この金額でスペインの文化を満喫しながら学位が取れるなら、コスパはかなり良いと言えるのではないでしょうか。

難点として、英語で受けられる授業は他の留学人気国と比べると少ないですが、その代わり世界で最も多く使われている言語の一つであるスペイン語をネイティブ環境で学ぶことができます

ヨーロッパに留学してみたい人、スペイン語にも興味がある人には特におすすめです。

<スペイン大学留学のメリット>
・国公立大学の学費が安い
・世界共通語の一つであるスペイン語も学べる
・世界有数の観光地を探訪できる

<スペイン大学留学のデメリット>
・英語で受けられる授業が少ない
・場所によっては治安に不安がある

<1年の学費目安>
20万円〜

<留学先人気都市>
マドリード、バルセロナ、バレンシア

大学留学が安いおすすめの国③:ハンガリー

大学留学おすすめの国:ハンガリー
日本人には比較的マイナーな東欧の国ハンガリーですが、実は学費・物価ともに安いおすすめの国です。

まず、東欧は西欧に比べてはるかに物価が安く、中でもハンガリーはヨーロッパ1物価が安い国の一つといわれています。

また、ハンガリーはドナウの真珠と呼ばれる世界屈指の観光国で、治安も良く、東欧の中では比較的英語も使用されています。

日本人にも住みやすく、ヨーロッパの美しい街並みを堪能しながら快適な留学生活が送れるでしょう。

1年の学費は、最も低い価格帯の国立大学だと30万円前後で、英語コースを選択すれば英語での履修も可能です。

ハンガリーの大学は3年過程が多いため、ストレートで学位を取得できればかなり高いコストパフォーマンスを実現できそうです。

<ハンガリー大学留学のメリット>
・ヨーロッパの中でも学費・物価が安い
・治安が良い
・ヨーロッパ屈指の美しい景観を堪能できる

<ハンガリー大学留学のデメリット>
学費が安い大学の数が限られる

<1年の学費目安>
30万円〜

<留学先人気都市>
ブダペスト、デブレツェン

大学留学が安いおすすめの国④:ノルウェー

大学留学おすすめの国:ノルウェー
北欧といえば、世界で最も物価が高い地域の一つ。
しかしここノルウェーは、なんと留学生であっても大学の学費が無料なんです。

つまり、ノルウェーなら大学留学しても発生するのは生活費のみということになります。
また、北欧の教育は世界最高水準と言われており、大学でも非常に質の高い授業を受けることができます。

ただし、日本と比べても物価はかなり高めなので、生活費をいかに節約できるかが肝になるでしょう。

ノルウェーでは学生ビザ滞在でもアルバイトが認められているので、語学の勉強もかねてアルバイトに励んでみるのもいいかもしれません。

<ノルウェー大学留学のメリット>
・留学生でも学費が無料
・教育の質が高い
・アルバイトができる

<ハンガリー大学留学のデメリット>
・物価が高い
・冬は気候が厳しい

<1年の学費目安>
無料

<留学先人気都市>
オスロ、ベルゲン

大学留学が安いおすすめの国⑤:ドイツ

大学留学おすすめの国:ドイツ
ノルウェーは大学の学費が無料と紹介しましたが、実はここドイツも無料です。

別途共済費を支払う必要がありますが、1学期につき3万円程度で、それによって交通費が無料になったりさまざまな施設が使えたりします。

物価もアメリカや日本と比較するとやや安めな上、ノルウェーと同様に留学生でもアルバイトが許可されています

ドイツの大学は教育水準の高さにも定評がありますが、入学要件は比較的易しく、日本人留学生にもハードルが低い点も魅力です。

他国からの移住者が多いため英語も比較的使われており、大学によっては入試から大学卒業まで英語のみで乗り切ることも可能です。

さまざまな国の出身者と出会う機会もたくさん得られるでしょう。

<ドイツ大学留学のメリット>
・留学生でも学費が無料
・アルバイトができる
・英語だけでも乗り切れる

<ドイツ大学留学のデメリット>
・多国籍な環境で文化の違いに戸惑うことも

<1年の学費目安>
無料

<留学先人気都市>
ベルリン、ミュンヘン、デュッセルドルフ

さらに安い留学を実現!海外留学の節約術

海外留学の節約術
ここまで大学留学の費用が安い国を紹介してきましたが、ここからはコストをさらに抑えたい人に向けて、海外留学で使えるおすすめの節約術を紹介します。

海外留学の節約術①:奨学金を利用する

日本では今、国を挙げて若者の海外経験を後押ししており、海外留学に使用できる多数の奨学金制度が設けられています。
給付型の奨学金であれば、返済の心配もいりません。

代表的なものを下記に紹介します。

とにかく費用を抑えたいという人は、まずは自分に利用できる奨学金がないか探してみることをおすすめします。

<参考リンク>
【厳選!】おすすめの海外大学留学用奨学金7選

海外留学の節約術②:3年制の学部に入学する

今回紹介した国には、3年で学位を取得できる大学も多くあります。
4年制大学に比べて、1年分の学費・生活費を節約できることになるので、節約効果は絶大です。

また、浮いた1年でインターンやボランティアをするなど、大学以外の海外経験をすることもできます。
とにかく早く・安く学位を取得したいという人に特におすすめしたい方法です。

海外留学の節約術③:学生寮やシェアハウスを利用する

留学中の支出の多くを占めるのが家賃と食費。
物価の高い国では特に、この2つをいかに削るれるかで生活費が大きく変わってきます。

大学留学の場合、食事付きの学生寮や、家賃負担が軽くなるシェアハウスの利用がおすすめです。

一人暮らしよりもプライベートが損なわれるデメリットはありますが、他国出身の友達ができて語学の勉強にも効果的です。

海外留学の節約術④:現地でアルバイトをする

今回紹介した国のうち、ノルウェーとドイツは留学生でもアルバイトが可能です。
学費が無料な上、アルバイトで生活費を補完できれば出費をかなり抑えることができます。

アルバイトをすると大学の勉強が疎かになる不安もありますが、海外留学の場ではアルバイトも貴重な経験になります
特に語学レベルを向上させたい人は、アルバイトは仕事で語学を実践できるまたとない機会にもなるのでおすすめです。

海外留学の節約術⑤:航空券を安く購入する

現地への渡航、日本への一時帰国など、留学中には一定回数飛行機を利用することになります。
この一回ごとの航空券代をできるだけ安く抑えられれれば、最終的にある程度まとまった額の節約になります。

たとえば、東京からマニラへの1カ月先の片道航空券代を検索すると、最安値が約¥19,000で最高値が約¥50,000と、この時点で既に約3万円もの開きがあります。

購入時期を早めたりキャンペーンを利用すれば、この最安値はさらに安くなります。

航空券はできるだけ早い時期に、skyscannerなどの比較サービスを利用して最安値を購入しましょう。
また、航空会社のマイレージサービスにも入会しておくと、後々コストカットにつながるのでおすすめです。

大学留学が安いおすすめの国:まとめ

以上、大学留学が安い国5選

  • フィリピン
  • スペイン
  • ハンガリー
  • ノルウェー
  • ドイツ

をご紹介しました。
いかがでしたか?

アメリカ・イギリス・オーストラリアなどへの留学は費用面で難しいという人でも、これらの国であれば諦めずに済むのではないでしょうか。

海外留学の選択肢は私たちの想像以上に広がっています。
是非あなたにぴったりの留学を見つけてください!

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。