【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【フィリピンの就職】抑えておきたい5つのポイントを大公開!

英語留学先としても人気のフィリピンはここ数年で大きく成長しています。
そんな英語も通じるフィリピンで働きたいという方も多くなってきているでしょう。

フィリピンで就職先を探すにあたり、

  • 雇用形態
  • 就職するエリア
  • 英語レベル

など気になることがたくさんありますよね。

ということで本記事では、フィリピンで就職するために抑えていきたいポイントを5つ紹介します。

 

フィリピンで就職する方法は2つ

フィリピンで就職する方法は2つフィリピンで就職する方法は主に2つあります。

 

フィリピンで就職する方法
  1. 駐在員
  2. 現地就職

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

フィリピンで就職する方法①:駐在員

1つ目は日本企業の駐在員としてフィリピンに赴任する方法です。
この方法で働く場合、給料や福利厚生はとても手厚いです。

日本でもらえる給料に加えて、高級マンションに住み、メイドさんが家事をしてくれる。
さらには職場まで専用のドライバーさんが車で送り迎えをしてくれることもあります。

手当の詳細は就職先の企業によって異なりますが、多くの駐在員の方はこれらの福利厚生を受けることができます。

物価の安いフィリピンで更に贅沢な暮らしができるでしょう。

駐在員として海外に赴任するためには、まずは日本で数年働き経験を積む必要があります。

将来的に海外で働いてみたいという場合は、海外赴任のある日本企業に就職して、経験を積むのが良いでしょう。

フィリピンで就職する方法②:現地就職

2つ目の方法は、現地就職です。

ここ数年でこの現地就職が人気になってきていますが、中にはブラック企業のような怪しい企業もあるので注意が必要になります。

入社前に聞いていた仕事内容や待遇と違っていたり、安月給で長時間働かされたりなど、想像していた環境と違うこともあります。

そして物価の安いフィリピンなので、現地就職の場合は給料も日本で就職する時に比べ、安い企業がほとんどです。

10~20万円程が平均的な月給になり、福利厚生として、滞在先や英語のレッスン、食事が無料で付いてくることが多いです。

10万円あればフィリピンで贅沢に生活することができますが、将来のためにお金を貯めることが少し難しいです。

あなたの将来の目標などをしっかり加味した上で、現地就職するのか決めるようにしましょう。

フィリピン就職でおすすめのエリアとは

フィリピン就職でおすすめのエリアとはエリアによって多い職種が異なったり、給料に差が出ることも多いです。
フィリピンでの就職先はどのエリアが良いのかも抑えておきましょう。

フィリピン就職のおすすめエリア
  • マニラ
  • セブ

 

それぞれエリアの特徴を見ていきましょう。

フィリピン就職のおすすめエリア①:マニラ

フィリピンのビジネスの中心は、首都であるマニラです。

マニラと聞くと、治安面を心配する方も多いでしょう。

確かに日本と比べると治安は悪いですが、海外にいることを忘れずに気を付けていればそこまで危険を感じることは少ないです。

もちろん危険と言われているエリアもあるので、そういった場所には1人で近づかないなどの注意は必要になります。

駐在員としてマニラに赴任する場合は、日本の給料になりますが、現地就職の場合は平均的に7~10万ペソ(約15万~20万円ほど)です。

住宅手当がない場合であっても、コンドミニアムなどは5万円~借りることができるので、カツカツの生活を強いられることはないでしょう。

マニラで多い職種は、IT関係がダントツで多いです。

現地の企業に加え、日本企業なども多く進出しているので、英語が話せなくても就職することはできますが、マニラで生活するためには英語を話せるに越したことはありません

また英語を話せた方がもちろん就職の幅は広がります

  • 治安はそれほど悪くない
  • 職種はIT関係が多い
  • 給料は15~20万円程
  • 英語は必須ではないが、話せた方が就職先が広がる

フィリピン就職のおすすめエリア①:セブ島

日本人の英語留学先として人気のセブ島はマニラとは違い語学関係の仕事がメインになります。
日本人が多く滞在しているため、日本の飲食店や旅行会社なども多いです。

治安はマニラに比べると悪くないので、治安が気になる方はマニラよりセブ島がおすすめです。

また日本人も多いので、日本語サービスも充実していて何かと安心できるでしょう。

給料はマニラよりも少し少なくなり、5~8万ペソ(約11万~17万)ほどです。

セブ島の場合は語学学校の就職先が多いので、英語レッスンや住宅手当のある企業がマニラに比べて多くなるのが特徴。

英語力が無くても就職できる企業は多いですが、語学学校等の場合はフィリピン人講師などとコミュニケーションをとる機会が多いので、英語を習得しておいた方が仕事の幅は広がるでしょう。

  • マニラより治安が良い
  • 職種は語学系が多い
  • 給料は11万~17万円程
  • 英語を話せた方が仕事の幅が広がる

フィリピン就職で多い職種とは

フィリピン就職で多い職種とはフィリピンで就職するにあたり、どんな職業が多いのかも抑えておく必要があるでしょう。

職種仕事内容
IT関係現地企業や日本企業のIT分野のサポートからサイト制作、アプリ開発など多岐にわたる
語学学校フィリピンにある英語の語学学校の運営や留学生のサポート、講師のマネジメントなど
コールセンター日本人向けのコールセンターで問い合わせの対応や商品の説明などを行う
観光業日本人向けのツアーやガイド、問い合わせ対応や予約などの事務作業
製造現地に工場のある日系企業の現場監督や現地スタッフのマネジメントなど

IT関係や製造などは現地スタッフとのやり取りが多くなるので、英語力が必須になるところが多いです。
一方で、語学学校やコールセンター、観光業などは日本人相手の仕事がメインのため、英語力はそこまで必要とされない企業が多くなります。

フィリピン就職の気になるお給料とは

フィリピン就職の気になるお給料とは今回紹介している、駐在員と現地就職ではお給料や待遇面で大きく差がでます。

  • 駐在員:日本の給料+現地の滞在場所、専用のドライバーなど
  • 現地就職:10~20万円程と差があり、エリアや職種によっても異なる

そもそも、フィリピン人の月給は約3万円と言われているので、それに比べると日本人の給料は現地就職の場合でさえも、セレブと言ってもいいほどです。

駐在員は日本で業務を経験後、海外赴任として派遣されます。
一方で現地就職は、新卒や未経験でもなることができますが、その分駐在員に比べ給料は低くなります。

  • 駐在員:長期的に見て海外で安定して働きたい場合
  • 現地就職:海外で新しいことに挑戦してみたい場合

あなたの目的に合わせて、就職方法を決めるのがおすすめです。

フィリピン就職で必要なスキルは2つ

フィリピン就職で必要なスキルは2つ最後に知っておきたいのがフィリピン就職で必要なスキルです。

以下の2つのスキルは最低限あった方が、現地でスムーズに仕事をすることができるでしょう。

フィリピン就職で必要なスキル
  • 仕事を円滑に進めるための英語力
  • 信頼関係を築くための適応力

 

それではそれぞれ見ていきましょう。

フィリピン就職で必要なスキル①:仕事を円滑に進めるための英語力

何度もお伝えしているように英語力はあった方が良いです。

仮に英語力の無い状態で、フィリピンに就職すると能力があるのに英語が使えないことで、キャリアアップのチャンスを逃してしまうことも多くなります。

日本の職場でも、昇進するためには上司や同僚との円滑なコミュニケーションができてこそですよね。

フィリピンでも同じように、現地のスタッフや上司とスムーズにやり取りができないと、仕事に支障がでてきてしまうでしょう。

英語ができれば現地でも濃密なコミュニケーションが取れて、あなたへの信頼度も上がります。

そうすると、きっとあなたに仕事を任せたいと言ってくるクライアントや上司、同僚は多くなりますよ。

英語力は必須ではないけど、使いこなせるとチャンスの幅は断然に広がります!

フィリピン就職で必要なスキル②:信頼関係を築くための適応力

フィリピンの文化は日本と異なります。
また、生活環境も先進国の日本と比べて、不便に思うことは多いでしょう。

発展途上国のフィリピンで暮らす場合は、衛生面や治安など日本では気にする必要が無かったことに対して、気を使う必要があります。

生活環境が異なることが原因で体調を崩す方も多いです。
私自身もフィリピンに滞在した時は体が適応するまでに2週間ほどかかりました。

そして、フィリピンの文化も日本とは異なります。

  • 時間にルーズ
  • 仕事よりも家族や恋人、友人が優先
  • 残業はせず、定時で帰宅
  • 自分の意見をしっかり主張する
  • 勤務中に歌を歌ったり、スマホをチェックしたりと自由

日本ではありえないこともたくさん起こります。
そう言った環境に適応する能力はフィリピンのみならず、海外で生活するには必要なスキルになります。

お互いの文化を尊重することで、信頼関係を作るのも大切なことです。

環境に慣れるまでは辛いですが、一度慣れてしまえばその環境を楽しむことさえできるでしょう。

まとめ:あなたの将来を見据えてフィリピンでの就職方法を決めよう

まとめ:あなたの将来を見据えてフィリピンでの就職方法を決めよう今回紹介したフィリピンの就職についておさらいすると、就職する前に抑えておきたいポイントは以下の5つです。

  • 就職方法
  • 就職におすすめのエリア
  • フィリピンで就職で多い職種
  • 給料や手当などの待遇の違い
  • 必要なスキル

就職の方法によって働き方や待遇が異なるのが一番のポイント。

将来あなたがどのように仕事を続けたいかなどをしっかり確認した上で、フィリピンに就職するのか、またどのような形態で就職するかを決めるようにしましょう!

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!