フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

フィリピンの給料は日本の1/3!?高収入の職業や日本人の現地採用の実態を大公開!

フィリピンと言えば、アジアの中では屈指のリゾート地。
そして物価が安いこともあり、人気の観光地ですよね。

そんなフィリピンで就職したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

実はフィリピンの物価の安さは人件費の安さが関係しています。
そんなフィリピンのお給料事情、気になりますよね。

ということで、本記事ではフィリピンの給料事情や日本人の現地採用の実態などをご紹介します。

この記事でわかること
  • フィリピンの給料事情
  • フィリピンで人気の高収入な職業
  • 日本人の現地採用の実態
  • フィリピン経済の現状

フィリピンの平均給料は日給1,200円

気になるフィリピンの平均日給は約600ペソ(約1,200円)
なんと東京の時給と同じぐらいの給料です。

こちらはあくまで平均になるので、もっと低い給料で働いている人はたくさんいるのが現状です。

フィリピンの給料の特徴は、日本とは異なり日給が基本。

日本では時給のパートタイムで仕事をすることも多いですが、フィリピンでは基本的にフルタイムの仕事がメインになります。

そのため、拘束時間も朝から晩までの1日と長時間です。

日給が安くても、それ以外の待遇面が大きいところもあります。

  • 食事の提供
  • 滞在先の提供

この2つがあるかないかで生活面で大きな違いが出てきますよね。

フィリピンの給料日は月2回

給料日が月に2回あるのもフィリピンの給料の特徴です。

この月に2回の給料日というのは法律によって定められています
法律では決まっているものの、労働者の希望によっては週1回や日払いで対応することもあるようです。

そしてフィリピンでの給料の支払い方法は、基本的に現金手渡しになります。

フィリピンでは銀行口座を持っていない人の方が多いです。

そのため、日系企業や大企業では銀行振り込みが普及していますが、まだまだ手渡しが主流です。

フィリピンで高収入の職業はIT系

フィリピンで人気のある高収入の職業はソフトエンジニアやITサポートデスクなどのIT系です。

他にも以下の職業が収入が高く人気。

  • ソフトエンジニア
  • 公認会計士
  • ファッションデザイナー
  • 教師
  • 教授

とはいえ、これらの職業はしっかり教育を受けてきた人たちがなれる職業であって、なりたければ誰でもなれるわけではありません。

家庭の環境で学校に通えない子は専門知識を学べないので、これらの分野で仕事をゲットするのは正直難しいです。

フィリピンの職業別月収

フィリピンの職業別月収は以下の通りです。

職業平均月収
ソフトウェアエンジニア75,000円
広報・PR51,000円
コールセンター47,000円
教授30,000円
教師23,000円
キャビンアテンダント20,000円
バスの運転手8,000円
ホテルの受付8,000円
看護師9,800円

職業によって、月収の差がとてもありますよね。

しっかり教育を受けてきたであろうソフトウェアエンジニアやキャビンアテンダント、看護師ですら日本に比べて半分以下の給料になります。

このような背景もあり、海外に出稼ぎに行くフィリピン人や行きたいと思っている人たちがたくさんいます。

日本人の現地採用の実態

フィリピンの給料事情についてご紹介してきましたが、これからフィリピンで現地就職しようとしている方にとっては不安なことが多いですよね。

ご安心ください。
フィリピンの現地採用で働いている日本人は、現地では全員高所得になれます。

その理由を以下の項目ごとに解説していきますね。

日本人の現地採用の実態
  1. 現地採用をしている業種
  2. 現地での月収
  3. 現地の生活水準

日本人の現地採用の実態①:現地採用をしている業種

まずフィリピンの現地採用で多い業種は以下の通りです。

  1. 通信やIT業界
  2. 不動産
  3. 金融
  4. ホテルや観光業
  5. 語学関連
  6. コールセンター

一部の日系企業では英語力を求められない仕事もありますが、簡単な意思疎通とコミュニケーションが取れる英語力は必要になります。

また英語でのコミュニケーションを取れる方が、昇進やキャリアアップが見込めるので英語学習は事前にしておきましょう。

私も日系の語学学校で働いていた時は講師たちとコミュニケーションをとる機会が多かったので、現地の人とより良い関係を持つには英語力は必須ですね。

日本人の現地採用の実態②:月収

フィリピンで現地採用になると、もちろん日本での給料と比べ月収は低くなります。

地域や職業によって異なりますが平均すると、

  • マニラ:18万円前後/月収
  • セブ:8万円前後/月収

フィリピン経済の中心であるマニラの方が給料は高いです。

日本に比べると給料は下がってしまいますが、フィリピン人の月収と比べると高所得になります。

この給料に加え、滞在先補助や食事の補助がある企業がほとんどなので、生活に困ることは一切ありません。
十二分に贅沢な暮らしができるでしょう。

日本人の現地採用の実態③:生活水準

既にお伝えしたようにフィリピンの物価はとても安いです。
そしてフィリピン人の収入も日本に比べて低いです。

フィリピン人の給料は平均すると月に3万円なので現地採用でもらえる給料は貯金に回すことさえできます。

正直、日本でずっと生活していた人は精神面や衛生面での免疫がないため、月3万円で生活するのは厳しいです。

繰り返しになりますが、現地採用での給料で生活していくことは何不自由なくできます。
日本よりも贅沢な暮らしができると思っていて問題ありません。

一例になりますが、フィリピンと日本で1カ月暮らした時にかかるコストを比べてみました。

1カ月の支出フィリピン日本
住居25,000円80,000円
食費15,000円40,000円
交際費8,000円30,000円
通信費1,000円10,000円
合計49,000円160,000円

日本での生活に比べると、約1/3までコストを抑えられます。

更に現地採用であれば、滞在先や食費の補助もあるところがほとんど。

現地採用の給料がセブ島の8万円程であっても余裕を持って生活できますよね。

フィリピン経済の現状と今後

最後に現地採用を検討している方は気になる今後のフィリピンの経済事情について見ていきましょう。

2016年に就任したドゥテルテ大統領の経済政策により、近年非常に高い回復力があり海外からも注目を浴びていますよね。

フィリピン国内では遅れていたインフラ整備の普及だけでなく、汚職や治安の改善にも力を入れています。

そんなフィリピン経済は以下の特徴があります。

フィリピン経済の特徴
  1. 日本の高度経済成長期並みの発達
  2. 経済格差が激しい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フィリピン経済の現状①:日本の高度経済成長期並み

フィリピン経済は1960~1990年にかけて「アジアの病人」と言われ、長期低迷に陥っていました。
着実に成長を重ねて、2012年以降の経済成長率はASEAN主要国の中でもトップクラスまで上り詰めました。

ここまで成長できたのには様々な理由があります。

  • BPO産業の参入
  • 留学業界の参入
  • OFWからの送金
  • フィリピン人の購買意欲

これまではインドがメインだったコールセンターなどのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業がフィリピンに参入したことが大きな理由でしょう。

また英語を公用語の1つとしているため、近年では留学先として人気を集めていることも1つの理由です。

そして、OFW(オーバーシー・フィリピ―の・ワーカーズ)と呼ばれる、国外への出稼ぎ労働者が増え、彼らからの送金により個人消費を支えています。

これらの収入源と、フィリピン人特有の旺盛なの購買意欲により、個人消費がGDPの8割にもなると言われています。
ちなみにアメリカの個人消費は約7割、日本は約6割なので、それに比べても高いことが分かります。

要するに、フィリピン国内で経済がしっかり周っているということです。

フィリピン経済の現状②:経済格差が激しい

現在トップクラスの経済成長率を見せているフィリピンですが、民間調査機関の調査によると、残念ながら国民の大多数が貧困を感じているというのが現状です。

富裕層のほとんどが財閥や大地主の一族を中心とする資産家階級の人々です。
一方で80%を超える大多数のフィリピン人は労働者階級に属しています。

経済成長率によって生活が潤っているのは数%の富裕層だけ
富裕層がすべての富を吸収してしまいます。

生活が豊かになるのは富裕層ばかりで、労働者階級にいる人たちは一向に豊かになることができず、貧困が連鎖する悪循環が生じているのです。

フィリピンの貧富の差は欧米諸国の植民地時代から変わっていません。

実はこの状況はアジアの他の国でも起きていましたが、多くの国が農地解放をすることで、貧困の差を埋めてきています。

しかしフィリピンでは大地主や財閥などの層から彼らの権益を失わないように農地改革を妨げてきていました。

そんな背景がある中で、ドゥテルテ大統領は農地改革に積極的に取り組んでいるので今後の政策が期待されています。

まとめ:フィリピンの現地採用でお金の心配は不要

フィリピンの給料とフィリピンへの現地就職について紹介してきたので最後におさらいです。

  • フィリピン人の給料は日本の1/3
  • フィリピンは物価が安いので、現地採用でも贅沢な暮らしができる
  • フィリピン経済は今後も伸びしろがある

今後フィリピンでの現地採用を検討している方は、給料が少なくて生活できないということなありませんのでご安心ください。

それでも心配、もしくは現地採用で更に高収入を得たいと考えているなら事前に英語学習をしておきましょう。
英語でコミュニケーションが取れれば、昇進もしやすくなり、現地で更に贅沢な暮らしをすることもできますよ。

フィリピンの就職などについてはこちらの記事をあわせてご覧ください。
【フィリピンの就職】抑えておきたい5つのポイントを大公開!

【完全版】フィリピンインターン・インターンシップ

フィリピン人の収入事情を徹底調査!【平均月収・最低賃金など】

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。