フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

セブ島留学の費用って結局いくら?学費・生活費・交通費まとめ

アメリカやカナダなどの英語圏と比べて費用が格段に安いフィリピン留学。

その中でも人気の留学地なのがセブ島です。
フィリピン人講師とのマンツーマン授業で英語漬けの生活を送ることができます。

しかし費用が安いということは多くの人が知っていても、具体的にどんな支出があるかは、知らない人がほとんどなのではないでしょうか。

そこでこのページでは、セブ島留学に2回留学経験のある筆者が、留学にかかる費用を項目ごとに詳しく解説をしていきます。

何にどれだけお金がかかるのかを把握しておくことで、現地での思わぬ出費に苦しむこともなく、帰国後も計画通りに過ごすことができますよね。 これから始まるセブ島留学の計画の参考となれば幸いです。 

セブ島留学のモデルケースを大公開(期間別)

はじめに、留学期間でどれほどの金額を準備すればよいのでしょうか。
ここでは1週間、1ヶ月、3ヶ月の3パターンでシミュレーションを行いました。それぞれの項目に関しては、後ほど詳しく見ていきます。

セブ島留学のモデルケース:1週間の場合

授業料(学費+食費+宿泊費)50,000円
往復の航空券60,000円
生活費7,500円
入学金10,000円
水道代・光熱費500円
教材費4000円
合計金額136,500円

セブ島留学の1週間の費用についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。
【徹底検証】セブ島留学は1週間でも効果あり?

セブ島留学のモデルケース:1ヶ月の場合

授業料(学費+食費+宿泊費)150,000円
往復の航空券60,000円
生活費30,000円
入学金10,000円
水道代・光熱費2,000円
教材費5,000円
合計金額257,000円

【セブ島留学】1ヶ月間の金額と学習効果を最大化する方法

セブ島留学のモデルケース:3ヶ月の場合

授業料(学費+食費+宿泊費)450,000円
往復の航空券60,000円
生活費90,000円
入学金10,000円
水道代・光熱費6,000円
教材費8,000円
VISA代20,000円
合計金額644,000円

【フィリピン留学3ヶ月】費用と英語上達度を調査!

セブ島留学の講師

セブ島留学にかかる費用①:学費+寮費+食費(日本で支払い)

セブ島の語学学校では、学校の敷地内に宿舎(寮)と教室があります。 別棟になっているタイプもあれば、建物の低層部を教室、高層部を生徒の部屋としているものもあります。

食事をする食堂も同様に併設をされています。
「授業料」と表記されているものは、期間中の学費、宿泊費、そして食費を含んだ費用となりますので、注意をしてください。

1ヶ月の授業料は15~17万円が相場となります。
宿泊は3,4人のドミトリータイプが一般的ですが、自分一人だけの個室がほしいというリクエストも、学校によっては対応可能です。

個室タイプは、1ヶ月あたり3~5万円が追加でかかります。

 2、3ヶ月以上の留学を考えている人は、1ヶ月あたりの費用を2倍、3倍すれば、大体の金額を計算することができますね。

セブ島留学にかかる費用②:往復の航空券

往復の海外航空券はシーズンによって運賃が変わります。
一般的な相場は5~6万円だと考えておくとよいでしょう。

運良くキャンペーン中に買えれば、往復で3~4万円で買うことも可能です。
往復で6万円を超えると、少し高いという印象を受けます。

そうはいうものの、夏休みや春休みの繁忙期には、チケットの価格が上がるので、学校が決まって渡航日がわかり次第すぐに座席を押さえた方が良さそうです。

セブ島への直行便は「Phillipine Airlines」と「Cebu Pacific」の2社が運行しています。

最近では「T’way Airlines」という韓国のLCCも安く、韓国で1回乗り継ぎをすれば4万円弱でセブ島まで行くことが可能です。

チケットの最安値を調べるには、「Skyscanner」というサービスがオススメです。以下に載せた航空会社のホームページも参考にしてください。

航空券比較サービス Skyscannerはこちら
Phillipine Airlinesのホームページはこちら
Cebu Pacificのホームページはこちら
T’way Airlinesのホームページはこちら

セブ島留学にかかる費用③:現地での生活費

食事代と宿泊代は先ほどの授業料に含まれていましたので、ここでの生活費は、語学学校の敷地外で発生するお金を指します。

筆者が留学をしていたときに使った主なものとしては、外食代、お酒代、タクシー代(外での移動)そして観光費用がありました。

遊びや観光はなるべく控えて、英語に集中したいという方は、外でお金を使う必要がないでしょう。
一方で、英語も勉強したいけどセブ島の自然も満喫したいという方は、週末のアクティビティ代が掛かると思います。

前置きが長くなってしましたが、平日は真面目に勉強をして、週末はリフレッシュしたい方であれば、1ヶ月で3万円もあれば間十分楽しむことができます。

筆者自身も3万円弱でしたし、一緒に生活をした他の生徒も、娯楽費が3万円を超えている人はいませんでした。
フィリピン留学で出会えるビーチ

その他で発生する費用

これまで見てきた費用は、セブ島留学に行く人全員にかかる費用でした。
次に、留学する期間やスタイルによっては払う必要があるものを取り上げ、費用の目安額も細かくお伝えします。

入学金

留学期間に関係なく、学校の登録時にかかる別途費用です。

学校により料金は異なりますが、ドル表示で100ドル~150ドルです。 この費用を、先ほどの授業料の中に含めている場合もありますので、ご自身で確認をしてください。

VISA代

フィリピンでは30日間であれば観光ビザを使って滞在することができます。 4週間コースの人も、1ヶ月以下の滞在の場合は費用はかかりません。

30日を超えた人のみ、学校で手続きをして滞在ビザの延長を申請できます。 4週間以上のVISA代に関しては、以下を参考にしてください。

  • 2ヶ月の場合:3,140ペソ(6,280~9,420円)
  • 3ヶ月の場合:7,550ペソ(15,100~22,650円)

水道代/光熱費

これらの費用に関しては「メーター精算」「定額」「授業料に含まれている」の3種類が考えられます。 私が留学したセブ島の語学学校では、使用した分だけを負担する「メーター精算」でした。 この場合は、ルームメートみんなで割って1人あたりの請求額を計算します。

したがって、1人部屋よりも、複数人部屋の方がやすくなります。払うタイミングは、「週払い」「日本帰国前」など、学校によって異なります。 費用は1週間で500円を目安に、何週間留学するかを計算してください。

教材費

どんな期間であっても、授業に必要な教科書を購入する必要があります。 日常会話コース、 TOEICコース、ビジネス英語コースなど、あなたがどのコースを受講するかによって、使う教科書も変わります。

学校がオリジナルの教材を開発している場合もありますし、一般的な教科書を採用している学校もあります。 1冊は1,000円~2,000円と、価格は日本の物価と変わりません。

空港ピックアップ代

セブの空港に着いてから、語学学校まで送迎を行うサービスです。多くの学校では到着時の送迎は無料ですが、帰りのバスを手配する場合は優良です。
なお帰国時は多くの人がタクシーやバスを利用しています。

ビール&おつまみ代

週末は、生徒同士で近くの屋外飲み屋に出かけることもあるでしょう。
ビール1本の値段は、日本円で100円ほどです。

ポテトチップスなどのお菓子は更に安くなります。
少しおしゃれなレストランであれば、ビールは150円~200円です。

外食代

週末に限らず、平日にも授業の後に食事に出かけることがあります。 私はリーディングのクラスが他の生徒と一緒だったので、授業後に生徒と先生とショッピングモールに出かけ、みんなで夕食を食べました。

物価が安いセブ島ですが、人数が多ければ多いほど、更にやすくなります。
フィリピン料理を堪能しても、一人1,000円もしません。  

フィリピン留学でいけるリゾート地

セブ島の留学費用を少しでも浮かせるために

ここまで具体的な費用を見てきました。受けるコースや留学期間によって、留学費用が変わることがおわかりいただけたと思います。

次に、費用を抑えて留学を実現するためにできることを、筆者の個人的経験も踏まえ4点紹介します。

①航空券をキャンペーン価格で買う

「少しでも航空券を安く買いたい。」 学費の次に出費が大きくなるだけに、航空券を安くしたい思いは、皆さん同じです。

キャンペーン期間中は、普段30,000円ほどする成田→セブ島の片道が、10,000円以下になることがあります。 セール情報は、航空会社のHPで確認が可能です。

②繁忙期シーズンを避ける

セブ島留学が一番盛り上がるのが、春休みの2月~3月、そして夏休みの7月~8月です。 学生はこのような長期休暇を利用し、セブ島に英語留学をするので、航空券代が高く設定される傾向があります。

逆に4月~6月、9月~12月になると、航空会社としては繁忙期から閑散期に移り変わるので、航空券の価格は下がります。

時間に余裕があるのであれば、航空券が安いシーズンを狙っていくと、出費を抑えることができます。

③飲み会や外食を控える

生活していく上で必要な食費や宿泊費はすべて日本で払っていますので、外出をせず、お酒や娯楽が不要であれば、現地での出費をグッと抑えることができます。

週末の気分転換として、お酒を片手に生徒と語学学校の外で交流するのは良いことです。
しかしそれも頻度が多くなると、大きな支出となります。

安全管理の面からしても、海外でお酒を飲みすぎることはおすすめしません。

④校則が厳しい語学学校を選ぶ

出費を抑えるために、あえてスパルタ校に入るのも一つの手です。
スパルタの学校であればルールが厳しく、平日は外出禁止としているところもあります。

周りの生徒も意識が高いので、彼らと同じ環境に自分の身を置くことで、出費を抑えることができるだけでなく、モチベーションを維持しながら英語の学習に集中できるでしょう。 フィリピン留学で使えるクレジットカード

まとめ

セブ島で必要な留学費用をお分かりいただけたでしょうか。
1ヶ月の留学であっても、入学金や光熱費、教材費など、セブ島に着いてから支払わなければならないものが多くあります。

これらの費用を正確に把握しておくことで、留学中、そしてセブ島から帰国後も安心して過ごすことができます。
費用のシミュレーションも参考にしながら、自分が本当に行ける期間を見直してみてはいかがでしょうか。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。