フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

【学校選びが重要!】セブ島の留学でおすすめの語学学校とは?

ここ数年で大学生や社会人のみならず、小学生や中学生からシニアの方まで幅広く支持されるようになってきた、セブ島の留学。

それに応じて語学学校の数も年々数が多くなってきています。
しかし、学校によっては国から認可されていない学校もあります。
もしくは認可されていても経営が上手くいかず、倒産してしまう学校も中にはあるのが現状です。

そういった学校を選んでしまわないようにしっかりとした下調べが必要です!

本記事では留学生の満足度が高い学校、本気で勉強したい人におすすめの学校、初心者におすすめの学校をご紹介します。

他にも「【見逃し注意!】セブ島でおすすめの語学学校を目的別にご紹介」で目的別に学校をご紹介しています。

気になる人はチェックしてみて下さいね。

見出し

セブ島でおすすめの語学学校

セブ島でおすすめの語学学校早速ですがおすすめの語学学校をご紹介していきます。

セブ島で満足度が高いおすすめの語学学校

 

セブ島で満足度が高いおすすめの語学学校①:QQ English

セブ島で満足度が高いおすすめの語学学校①:QQ English

QQ Englishはフィリピン最大の英会話学校です。

【おすすめポイント】

  • 話せることに特化したマンツーマン授業とカランメソッド
  • 1,200人の教師全員が外国人に英語を教える国際資格TESOL保有を義務付け
  • 世界30カ国以上の生徒が食事やイベントで交流の輪を拡大中
  • フィリピンの一番安全な場所で英語教育を実践
  • 留学前後に、時間を選ばずマンツーマン事業を受講可能
  • 日本式経営でハイクオリティ&ローコストを実現
満足度
語学力向上:★★★
国際交流:★★★
設備:★★★
コスパ:★★☆
立地:★★★

【口コミ】

セブ島で満足度が高いおすすめの語学学校②:3D Academy

セブ島で満足度が高いおすすめの語学学校②:3D Academy

3D Academyは「未来につながる留学」をテーマに様々なサービスを提供しています。

【おすすめポイント】

  • セブ島で最高の立地
  • コスパ最強!の価格とサービス
  • 個性豊かなマンツーマン授業で英語が伸びる!
満足度
語学力向上:★★☆
国際交流:★★☆
設備:★★☆
コスパ:★★★
立地:★★★

【口コミ】

友達に恵まれ楽しく勉強できました。

私の留学期間は8週間で、マンツーマン授業4コマ、グループクラス3コマの1日で計7コマのESLコースを選択しました。
私は主にスピーキングとリスニングに重点を置きスケジュールを組みました。授業の内容をすべて自分で組み合わせることができるので、グラマーやイディオムのインプットとスピーキングやディスカッション中心のアウトプットと半々の割合でスケジュールを組み、平日夜は毎日復習してました。空き時間は主に単語の暗記です。
最初はまったく先生の英語を聴き取れず苦労しましたが、2週間過ぎたあたりから徐々に話せるようになり楽しく勉強できました!
環境としては日本人が多く、英語漬けの生活を送るには努力が必要かと。なので平日はカフェにこもって1人で勉強し、土日はしっかり遊ぶというメリハリが自分には必要でした。
ただここでできた友達は面白い人ばかりなのでこれからも大切にしていきたいですね!

引用:School with

 

セブ島で満足度が高いおすすめの語学学校③:Howdy

セブ島で満足度が高いおすすめの語学学校③:Howdy

Howdyはご飯がおいしいと好評の日本人向けの学校。

【おすすめポイント】

  • フィリピン教育界の第一人者が作り上げたカリキュラム!
  • 圧倒的!年間の授業実施率98.9%と業界最高レベル
  • 健康面や生活面での相談もできる!生徒全員に担任の先生が付くアドバイザー制度
  • 安心・安全・便利な学習環境
  • 日本人好みの食環境に力を入れ、充実したシニア向けコースを開設
  • 日本人シェフ監修!栄養バランスの取れた健康的な食事環境
満足度
語学力向上:★★★
国際交流:★☆☆
設備:★★☆
コスパ:★★☆
立地:★★☆

【口コミ】

一生の思い出になりました!

4週間、勉強しましたが、教室、寮とも清潔で、食事もおいしくて、とても快適に過ごすことが出来ました。スタッフの方々の気配りが行き届いている感じでした。
勉強については、私の場合、海外で日本語を教えるという目標があったので、その希望に沿ったカリキュラムを組んでもらいました。目標に合ったレッスンを受けられるのは、個人レッスンが多いフィリピン留学ならではのメリットだと思います。
先生方は、熱心な方が多かったですが、一部、あまりモチベーションが高くないと感じられる先生もいらっしゃいました。人数が多いので、ある程度のバラツキはやむを得ないかと思います。担任は、とてもまじめな先生で、なんでも気軽に相談できました。
私自身も、語学を教えることに関心がありますので、「語学教師のあり方」という面でも、いろいろと勉強になりました。
日本人の生徒がほとんどだったため、授業以外は日本語を使うことが多くなってしましましたが、台湾人のスタッフ、生徒もいて、彼らとは英語でコミュニケーションを取りました。仲良くなった方もいて、とても楽しかったです。
若い頃、留学の夢を実現出来なかったのですが、今回、早期退職後のセカンドキャリア構築のために留学しました。英語の勉強だけではなく、フィリピンという国を深く理解することが出来たのも大きな収穫でした。本当に有意義な4週間だったと思います。

引用:School with

 

セブ島で本気で勉強したい人におすすめの語学学校

 

セブ島で本気で勉強したい人におすすめの語学学校①:サウスピーク

セブ島で本気で勉強したい人におすすめの語学学校①:サウスピーク

サウスピークは日本人に特化したカリキュラムで、真面目に勉強したい人だけを受け入れている学校です。

【おすすめポイント】

  • 数字で成果を残せる学校(3カ月でTOEICを平均200点伸ばすことを実現!)
  • 日本語教材で学ぶので初心者に優しい
  • 日本人が英語を伸ばすための学習法を指導
  • 留学前から事前学習のカリキュラムがもらえる
サウスピークの特徴
  • 本気で学習する人だけ受け入れている
  • マンツーマン授業は少なめ、自習時間が多め
サウスピークの校則
  • 月~木の外泊不可
  • 門限:23:00
  • 土曜の午前中:レベルによって義務自習あり

【口コミ】

 

セブ島で本気で勉強したい人におすすめの語学学校②:SMEAGスパルタキャンパス

セブ島で本気で勉強したい人におすすめの語学学校②:SMEAGスパルタキャンパス

SMEAGスパルタキャンパスは厳しい学校規則のもとで、海外で英語学習に専念するために適した生活環境を提供しています。

【おすすめポイント】

  • 点数保証プランの利用で98%の学生が目標を達成
  • 日経英語学校で個人・法人との最大手の実績
  • TOEFL、TOEIC、IELTSなどの公式試験会場
  • 外国人とドミトリーで英会話力強化!
  • 全てのキャンパスに日本人スタッフ常駐で安心
  • 日本人シェフが作る日本食中心のメニューを毎日3食提供
スパルタキャンパスの特徴
  • 短期間でセブ島留学の最大効果を発揮するスパルタ式教育
  • 一生有効な国際的な英語力検定試験「CAMBRIDGE」を取得
スパルタキャンパスの校則
  • 月~木の外出不可。月~金の外泊不可
  • 門限:金・土曜日は10:00PM。日曜は9:00PM
  • 平日:朝/夜のスパルタ授業 
    日曜:夜スパルタ授業に出席義務あり

【口コミ】

 

この投稿をInstagramで見る

📍2019.01.07-03.29 * Cebuでの3ヶ月。 スケジュールと環境に かなり苦しめられて 実は相当しんどかったけど、 * 毎日大好きなTeacherとの 授業があったから頑張れた❣️ * (managerはじめschool staff みーんな名前覚えててくれて 仲良くしてくれたのも 嬉しかったなあ…☺️💭) * 色んな意味で 強くなったと思います。笑 * いつも遊んでばかりなように 見えたかもだけど、 後にも先にも毎日 私より長くSelf Study Roomに 滞在していた人を知りません。 * * …辛かったもん。 そりゃscore伸びるわ🤣 * #nopainnogain * * #フィリピン #セブ島 #海外留学 #語学留学 #勉強 #文武両道 #目標達成 #よく頑張った #達成感 #philippines #cebu #smeag #school #schoollife #studyabroad #studyhardplayhard #IELTS #l4l #instagood #📚 #💯 #🇵🇭

yuka.kさん(@yuka0223_)がシェアした投稿 –

セブ島で本気で勉強したい人におすすめの語学学校③:CG Academyスパルタキャンパス

セブ島で本気で勉強したい人におすすめの語学学校③:CG Academyスパルタキャンパス

CG Academyは「楽しく学びグローバル人材になろう」を掲げています。

【おすすめポイント】

  • CG独自の学習システム!講師と相談して授業内容を決められる
  • 学生の目標や生活パターンに合わせた様々なコース
  • 多国籍のバイキング形式で栄養バランスの取れた食事
  • 多様な国際比率で異文化体験もできる
  • マネージャーやスーパーバイザーから管理・評価を受けているセブ一の最高の講師陣
スパルタキャンパスの特徴
  • 1日12時間の強度の高いプログラム
  • 16種類の科目からグループレッスンを選択
スパルタキャンパスの校則
  • 金、土、日曜日 外出可能
  • 門限:金曜日、土曜日:24:00
       日曜日:21:00
  • 徹底したEOP(イングリッシュオンリーポリシー)

【口コミ】

今回の留学を通して、今自分はなにがやりたいかはっきりしました

まず第一にスパルタという言葉に惹かれました。
朝から夜10時までみっちり勉強できる環境の上、平日は外出禁止ということで勉強に専念できると思ったからです。

留学の前までは、英語に対する意識がとても低かったのですが、ほかの国の人たちと話せる喜びをまた知ることができたので、今回の留学はとてもいいものになりました。

引用:Cebu21

セブ島で初心者におすすめの語学学校

 

セブ島で初心者におすすめの語学学校①:TARGET

セブ島で初心者におすすめの語学学校①:TARGET

TARGETは国際的に通用するスピーキング能力を身に付けることを目標にしています。

【おすすめポイント】

  • 教育への満足度95%、スタッフへの満足度98%
  • やるべきこととやりたいことのバランスよく学ぶセミフィックス型カリキュラム
  • 学習ガイダンスと個別カウンセリングのある学校
  • 二カ国留学のサポートあり
初心者におすすめのコース<TARGET5>
マンツーマンで各分野の知識を習得し、グループで実践感覚を養えるバランスの良いコース。
ハード過ぎない時間数なので、自習時間を確保しながら習熟度の高い学習が可能。

マンツーマン授業

  • スピーキング・リスニングマスター
  • ESL(スピーキング・リーディング・リスニング・ライティングの4技能)
  • トラベル英会話
  • TOEIC
グループクラス
  • ジェネラルイングリッシュ(一般英語)
  • アメリカンアクセントトレーニング(発音)
  • カンバセーション(会話)
  • サバイバルイングリッシュ(日常会話や旅行英語)
  • TOEIC
  • ボキャブラリー(語彙力)
  • ロールプレイ(シャドーイングや音読の練習)
  • グラマー(文法)

【口コミ】

セブ島で初心者におすすめの語学学校②:Stargate

セブ島で初心者におすすめの語学学校②:Stargate

Stargateは日本人英語講師によるグラマーのビデオレッスンがあり、初心者の人でも安心して留学できます。

【おすすめポイント】

  • 定期的にトレーニングを実施している講師とのマンツーマン授業
  • 日本人英語教師によるグラマー動画の授業
  • 立地は富裕層が住んでいる地区!ハイレベルな住環境
  • 食事は日本人の主婦目線で栄養バランスに配慮
初心者におすすめのコース<マンツーマンコース>
マンツーマン授業だけに特化したコースで、英語初心者や4週間以下の短期留学の人におすすめ。

マンツーマン授業

6コマ
日本語グラマービデオ1コマ
スペシャルクラス

1コマ

【口コミ】

 

セブ島で初心者におすすめの語学学校③:CEBU BLUE OCEAN

セブ島で初心者におすすめの語学学校③:CEBU BLUE OCEAN

CEBU BLUE OCEANはフィリピン留学最大のマンツーマン授業数!

カリキュラムは英語初心者から上級者まで対応したものを用意しています。

【おすすめポイント】

  • 定期的にトレーニングを実施している講師とのマンツーマン授業
  • 日本人英語教師によるグラマー動画の授業
  • 立地は富裕層が住んでいる地区!ハイレベルな住環境
  • 食事は日本人の主婦目線で栄養バランスに配慮
初心者におすすめのコース<一般英語コース>
マンツーマン授業とグループ授業をバランスよく受講するGeneral ESL、
マンツーマン授業に特化したIntemsive ESL、Premium ESL、
授業数の少ないLight ESLの4種類があります。

General ESL

  • マンツーマン授業:5コマ
  • 1:4グループ授業:2コマ
  • オプション授業:1~3コマ
Intemsive ESL
  • マンツーマン授業:7コマ
  • 1:4グループ授業:0コマ
  • オプション授業:1~3コマ
Premium ESL
  • マンツーマン授業:9コマ
  • 1:4グループ授業:0コマ
  • オプション授業:1~3コマ
Light ESL
  • マンツーマン授業:4コマ
  • 1:4グループ授業:0コマ
  • オプション授業:1~3コマ

【口コミ】

セブ島への留学がおすすめの理由

セブ島への留学がおすすめの理由続いて、なぜセブ島留学がここまで人気を集めているか、その理由を詳しく見ています。

  1. 物価が安い
  2. マンツーマンレッスンが多い
  3. 短期集中型
  4. 日本から一番近い英語を話す国
  5. フィリピン人の人柄

セブ島への留学がおすすめの理由①:物価が安い

なんといっても一番うれしいのが物価の安さです。

フィリピンの物価はなんと日本の1/3

ちなみにフィリピン人の平均月給は3万円です。
ということは彼らは3万円で1カ月生活しているということですよね。

そのため外国人の場合、贅沢をしなければ5~8万円もあれば最低限の暮らしは出来るでしょう。

フィリピンの物価が実際にどれほど安いのか見てみます。

商品

フィリピン価格
(1ペソ=2円)

日本価格
水(500ml)20ペソ(42円)100円
スナック菓子30ペソ(63円)150円
コーラ10ペソ(21円)100円
ビール35ペソ(73円)200円
菓子パン5ペソ(10円)150円

物価の安いフィリピンなら、留学でネックとなる生活費が他の国に比べて割安になります。

セブ島への留学がおすすめの理由②:マンツーマンレッスンが多い

通常、欧米留学で行われている語学学校のレッスンはグループレッスン

しかも人数は多い時で15~20人になることもあります。

雰囲気としては日本の小学校や中学校と同じような感じです。

一方でマンツーマンレッスンはフィリピンならではのスタイルです。

当然、欧米留学で取り入れているグループレッスンに比べ、フィリピンのマンツーマンレッスンの方が語学力の向上は早いでしょう。

その理由は、マンツーマンレッスンなのでレッスン中は講師を独り占めできるから

あなたが納得いくまで質問ができます

グループレッスンではあなた一人のためにレッスンを中断させるのは申し訳なくてできないですよね。

この違いによってあなたの語学力の向上に大きな差がでてきます

セブ島への留学がおすすめの理由③:短期集中型

前項でお伝えした通り、フィリピンの留学は基本的にマンツーマンレッスンになります。

しかも1日のレッスン数が8レッスンと朝から晩まで勉強するプランがある学校が多いです。

となると必然的に短期間で語学の習得が可能になります。

欧米の留学では半年から1年が一般的な留学期間ですが、フィリピンでは半年以上留学する人はあまりいません。

目的により留学の期間は異なりますが、フィリピン留学では一般的に半年も留学すればビジネス英語を習得できるまで向上させることができます。

あなたに合った留学期間を詳しく知りたい場合は「【完全版】フィリピン留学|あなたにぴったりの留学期間は?」をチェックしてみて下さい。

留学期間ごとの効果や目的別のおすすめ留学期間をご紹介しています。

セブ島への留学がおすすめの理由④:日本から一番近い英語を話す国

フィリピンは日本から約5時間で行くことができます。

時差も1時間と少ないです。

アメリカやオーストラリアなどの留学となると、フライトは8時間以上かかります。

航空券もその分高くなるので、気軽に行ける距離ではないですよね。

また、なまりがあると言われているフィリピン人の英語ですが、フィリピン英語はアメリカ英語がもとになっています。

そのため英語初心者の人や中級レベルの日本人にとっては聞き取りやすいのです。

母国語ではありませんが、公用語としてフィリピン国内で使われています。

そしてアジアの中で最大の英語国家なのです。

全フィリピン人の93%が英語を話すと言われているほど。

それでもフィリピン人の英語が気になる人は「【徹底解説】フィリピン人の英語力とは?」をチェックしてみましょう。

フィリピン人の英語がどれほど世界に通用するか詳しく説明しています。

セブ島への留学がおすすめの理由⑤:フィリピン人の人柄

留学生活で大事なのは現地の人たちとの交流です。

先にお伝えした通りフィリピン人は英語を公用語として使っています。

そして使う英語もスラングなどではなく、優しい単語やゆっくり話してくれたり、初心者でも理解しやすいのが特徴です。

それに加え、フィリピン人はとてもフレンドリーなので何かと声をかけてくれます。

そんな彼らと日々過ごすことで留学生活が楽しく感じられたり、語学も向上したりとメリットがたくさんです。

現地でできる友情はとても大切ですよ。

セブ島の語学学校の選び方で重要なポイント

セブ島の語学学校の選び方で重要なポイント最後にセブ島留学の語学学校の選び方で重要なポイントをご紹介します。

大きく分けるとポイントは以下の3つです。

  1. 語学学校のタイプ
  2. 語学学校の校則
  3. 語学学校の国際色

順番に見ていきましょう。

セブ島の語学学校の選び方で重要なポイント①:語学学校のタイプ

まずフィリピンの語学学校には2つのタイプがあります。

  1. スパルタ学校
  2. リゾート学校

文字通りですが、スパルタ学校は朝から晩まで勉強をするスタイルです。

加えて平日の外出ができなかったり、テストの点数が悪いと義務自習をさせられたり

勉強・食事・睡眠と、この3軸で生活するイメージです。

一方でリゾート学校は、レッスン数は少ないところで3レッスン(午前中のみ)のみであったり、平日の外出はもちろんOK、滞在先もホテルなど留学とバケーションを同時に楽しめるようなタイプになっています。

学校タイプ勉強時間学校の立地滞在先
スパルタ学校平均10時間以上誘惑の少ない郊外など学校の寮
リゾート学校平均3時間以上ビーチフロントなどリゾートホテル

スパルタ学校:本気で英語を学びたい人におすすめ
リゾート学校:バケーションも楽しみたい人におすすめ

スパルタ学校は語学学校でスパルタ具合が異なります、あなたに合った学校を見つけましょう!

スパルタ学校が気になる人は「フィリピン語学留学のスパルタ校の実態とは?メリット・デメリットも紹介」をチェックしてみて下さい。

セブ島の語学学校の選び方で重要なポイント②:語学学校の校則

前項の語学学校のタイプに付随しますが、学校によって校則が異なります。

この校則が厳しい学校がいわゆるスパルタ学校です。

スパルタ校はちょっとハードルが高いな。」と思っていませんか?

そんなあなたにはセミスパルタ学校がおすすめです。

セミスパルタ校は平日の外出不可やテストの頻度、門限などがスパルタ校に比べゆるいです。

スパルタ校と名乗っている学校であっても、校則はそこまで厳しくないところもあります。

また学校によってはコースがいくつかあり、スパルタ度合いを選ぶこともできます。

スパルタ校と言っても一概にすべての学校の校則が厳しいわけではないので、学校の公式サイトで確認してみましょう!

セブ島の語学学校の選び方で重要なポイント③:語学学校の国際色

続いて語学学校の国際色です。

まず、フィリピンにある語学学校のほとんどが韓国資本、もしくは日本資本になります。

そのため、日本資本の学校であればもちろん日本人が多くなり、韓国資本であれば韓国人が多くなります。

また語学学校によってどの国へ営業をかけているかは異なります。

日本だけ、アジアだけ、もしくは幅広く営業をかけている学校もあります。

学校の国際色を知りたい場合は、学校の公式サイトをチェックしてみましょう。

TARGETというセブ島の語学学校を参考に見てみます。

TARGETというセブ島の語学学校の学生データ

一番右の国際色を見てみると、日本60%・台湾20%・中国10%・ベトナム&その他10%となっています。

それぞれの国がどのくらいの割合なのか、一目でわかりますよね。

ということで学校の国際色が気になる人は、学校の公式サイトを確認してみましょう。

まとめ:おすすめの語学学校は人によって異なる

おすすめの語学学校は人によって異なる

フィリピンのセブ島の語学学校をご紹介しましたが、始めにお伝えした通りセブ島だけでも数えきれないほどの語学学校があります。

それぞれの学校で売りにしていることや、得意としている分野も異なります。

まずはあなたが留学する目的、

  • 何のために留学するのか
  • 留学後はどうなりたいのか

留学の先のことを考えて、語学学校を選びましょう。

そうすることで、留学の経験がその後のあなたの人生で活かされますよ!

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。