フィリピン人の英語はネイティブじゃない?なまってる?【徹底解説】 | フィリピン大学留学ナビ
フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

フィリピン人の英語はネイティブじゃない?なまってる?【徹底解説】

ここ数年アジアの中ではフィリピンの英語留学が人気になってきました。が

しかしなぜ、フィリピン人は英語を話すことができるのかご存知ですか?

それはフィリピンでは公用語の1つとして英語が使われているからです。
メディアや教育でも多く英語が使用されています。

そんなフィリピン人の英語はなまっているのかという疑問を持つ方が多いです。

そこで今回はフィリピン英語と言われているフィリピン人の英語の特徴や疑問について詳しく解説していきます。

フィリピン人の英語の特徴

フィリピン人の英語の特徴を示す画像

そもそもフィリピン人の英語を聞いたことはありますか?

聞いたことない人は一度こちらのビデオを見てみてください。


どうでしょうか?

日ごろから英語を聞きなれている人やいろんな国の人の英語を日常的に聞いているのであれば、多少のなまりは感じるかもしれません。

しかし、フィリピン英語はアメリカ英語がもとになっているので、英語初心者の人や中級レベルの日本人には聞きやすく感じるでしょう。

フィリピン人の英語の特徴①:なまっている

なまりとは、その地方特有の発音や方言のことを言います。

英語はコミュニケーションツールとして世界中で使われていて、多くの国の人が第二言語として使っていますよね。
母国語ではないため、全ての国や地域でなまりは存在するのです。

日本人もカタカナ英語と言われ、独特のアクセント(なまり)があります。
それはヨーロッパやアフリカなどでも同様でそれぞれアクセント(なまり)が存在しています。

フィリピン人の英語はなまっていますがアメリカ英語がもとになっているため、英語圏に行っても通用するアクセントです。

「フィリピン留学をしたらフィリピンなまりになってしまう」、「フィリピンなまりの英語しか聞き取れなくなってしまう」と心配する人が多いですが、まずは日本語なまりを直さないことにはフィリピンなまりにはならないのでご安心ください。 

フィリピン人の英語の特徴②:初心者向け

フィリピン人が使う英語は優しく(簡単な単語)、スラングも使わないので初心者にはとっても分かりやすいです。

下品な言葉や難しい言い回しを使っているフィリピン人は少ないです。
綺麗な言葉遣いを学びたい人にはおすすめの留学先ですね。

フィリピン人の英語の特徴③:ゆっくりで聞きやすい

フィリピン人の英語はネイティブの人たちに比べて話す速度も遅く理解しやすいのも特徴です。

アメリカ人のようにリンキング(単語同士を繋げて発音する)することもなく、それぞれの単語がスッと頭に入ってくるのでわかりやすいでしょう。

そのフィリピン英語とネイティブの英語の差によって、フィリピン留学の後にアメリカやカナダなどに行くと、彼らの話す英語が早すぎて理解できず苦労する人が多いです。

フィリピンの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

フィリピンの語学学校をチェックする!

フィリピンで英語が使われている理由

どうしてフィリピンで英語が使われているのか?フィリピンでは公用語として英語が使われていますが、

  • 歴史的な背景
  • 学校の授業が英語

という2つの理由から公用語として使われるようになりました。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フィリピンで英語が使われている理由①:歴史的な背景

フィリピンの英語は植民地時代からの影響が大きく関係しています。

  • 1565年~1898年:スペインの支配下
  • 1898年~1942年:アメリカの支配下
  • 1942年~1945年:日本の支配下

日本が太平洋戦争で敗れた後、フィリピンはやっと独立することができました。
フィリピンに英語が広まったのはアメリカの植民地時代の頃になります。

アメリカ人が多くの英語教師をフィリピンに送り30年ほどの間でフィリピンの英語人口を30%以上まで上げたと言われています。

そして、フィリピンが独立した後に教育省令25号によってフィリピン語と英語による二言語併用教育政策が定められ、英語が使われるようになったと言われています。

フィリピンで英語が使われている理由②:学校の授業が英語

二言語併用教育政策の施行により、幼稚園から大学までの授業は国語(タガログ語)以外、全て英語で行れています。

そのため、しっかり教育を受けて大学卒業までした人はとても流暢な英語を話し、仕事の場でも英語は欠かせない言語です。

フィリピンの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

フィリピンの語学学校をチェックする!

現在のフィリピンの英語事情

フィリピンの観光名所フィリピン人が昔から英語を使っていることはわかりました。

  • では実際にはどのくらいの割合の人たちが英語を話しているか?
  • フィリピン人は何語を話しているのか?
  • 国際的に見るとフィリピン人の英語の評価は?

などフィリピンの英語事情について疑問が出てきますよね。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フィリピンはアジア最大の英語国家

実はフィリピンは英語が話せる人の数が世界3位です。
数値で見るとフィリピンの人口1億人のうち、93%もの人たちが英語を話すことになります。

そのため、街を歩いていても英語は普通に飛び交っています。

基本的には街にある看板や広告は英語です。
お店のメニューや映画でも英語の上映で字幕はありません。

こういった点からフィリピンはアジアでは最大の英語国家と言われています。

フィリピンでは多言語使用が当たり前

フィリピンには200ほどの言語が存在すると言われています。

そのため、フィリピン人同士のコミュニケーションでもタガログ語やセブアノ語に加え、英語を使用することが多く見られます。

フィリピンはエリアによって使われている言葉が異なります。
日本のように方言ではなく全く異なる言語なのです。

フィリピンの公用語は4種類あります。

  1. フィリピン語
  2. タガログ語
  3. 英語
  4. スペイン語

フィリピン語はフィリピン人にとって母語ではありません。
国民の間でコミュニケーションを取ったり、共通の意識を持つための言語として作られました。

タガログ語はマニラあたりで使われていた言語です。
フィリピン語のもとになった言語と言われています。

この2つの言語はとても似ているのでタガログ語が公用語ともされています。

英語に関しては先ほど英語国家とお伝えした通り一般的に使われている公用語です。

スペイン語に関してはスペインの支配下にあった時代、フィリピンではスペイン語の教育が行われていました。
そのため、当時の公用語はスペイン語です。

母語であるタガログ語とのつながりが強く単語がよく似ているのも特徴です。
最近ではまたスペイン語の教育が盛んになってきて、学校でスペイン語を使うことが多くなってきています。

タガログ語については以下の記事もあわせてご覧ください。
知っておくとフィリピン人に喜ばれるタガログ語【簡単なフレーズ】

フィリピン人の英語は国際的に評価されている

フィリピン人の英語はアメリカ英語がもとになっているとお伝えしました。

実は米国のグローバルイングリッシュ社の「ビジネス英語指数」の調査では、フィリピンが世界で最もビジネス英語能力が高い国で1位です

このビジネス英語指数のフィリピンの数値は7.95です。
レベルで言うと、難易度の高い商談で役割を果たせるレベルです。
そんなこともあり、世界各国のグローバル企業はフィリピンにコールセンターを置いています。

コールセンターがフィリピンに集中するもう1つの理由はフィリピン人の英語の発音がアメリカ英語に近く、穏やかな性格や西洋文化にも理解があるから。

現在フィリピンには100万人以上のコールセンタースタッフが存在します。

ただ英会話ができるだけでなく世界的に通用する英語レベルを持っているのがフィリピン人の英語です。

フィリピンで英語を学ぶメリット

フィリピンで英語を学ぶメリットを表す画像フィリピンで英語を学ぶ理由は大きく分けて以下の3つがあります。

  1. 料金が安い
  2. マンツーマンレッスン
  3. 日本から一番近い英語の国

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フィリピンで英語を学ぶメリット①:料金が安い

フィリピンの物価は日本の約1/3と言われています。
特に人件費が安いです。

そのため、語学学校の費用はほかの国に比べるととても安いのが特徴

かと言って、レッスンの質が悪いというわけではありません。

語学学校の講師になる人は大学の教育学部を卒業して、公立や私立の学校教師を目指している人が多いです。
学校教師になる過程で語学学校で働くため、しっかりと大学の教育を受けているので優秀な人が多くいます。

語学学校の費用に関わらず、生活費も安く抑えられるのであまり予算のない学生にはフィリピンの語学留学はおすすめです。

フィリピンで英語を学ぶメリット②:マンツーマンレッスン

語学学校というと、生徒10人以上に対して講師が1人(グループレッスン)と想像する人も多いでしょう。

欧米諸国の語学学校はこのタイプに当てはまりますが、フィリピンの語学学校はマンツーマンレッスンが主流になります。
レッスンがすべてあなたの時間に使われるのです。

グループレッスンだと日本人は遠慮しがちであまり発言ができず、周りから遅れを取ってしまうなんてこともよくあります。

しかしマンツーマンレッスンなら分からないことがあれば、理解できるまで講師は教えてくれます。
そうすればレッスンについていけないという事態は避けられますよね。

自分のペースで勉強したい人にはマンツーマンレッスンがおすすめです。

フィリピンで英語を学ぶメリット③:日本から一番近い英語の国

日本から一番近い国で英語を公用語としているのはフィリピンです。
フィリピンまでは飛行機で5時間ほどで、時差もマイナス1時間。

長旅の疲れもなく、当日もしくは翌日から勉強に集中ができます。
そのため、時間がない社会人の短期留学にもおすすめです。

フィリピンの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

フィリピンの語学学校をチェックする!

まとめ:英語は世界共通語なのでなまりはどの国にも存在する

フィリピンだけでなく世界中にある英語のなまりを示す画像フィリピンの英語について詳しく見てきましたので最後におさらいです。

  • フィリピンは英語を公用語として日用生活で使用している
  • フィリピン人の英語人口は世界で3位
  • フィリピン人の英語は国際的にも評価されている

改めてまとめてみるとフィリピン人の英語のレベルは高いことが分かりますよね。
フィリピン人はネイティブな英語を話す人種ではないのでもちろんなまりがあります。

しかし、彼らの英語はアメリカ英語がもとになっているのでネイティブとも対等に会話のできるレベルのなまりです。

フィリピン留学をしてフィリピンなまりの英語になることは日本語なまりの英語を直さない限りなりませんのでご安心ください。

フィリピンの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

フィリピンの語学学校をチェックする!

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。