フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【効果絶大】短期のセブ島の留学の費用や英語力アップのコツを解説

「セブ島での留学って、短期でも効果はあるのかな……」

と悩む人は多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、セブ島での留学は短期でも英語力アップの可能性が十分あります。

セブ島留学では、マンツーマンレッスンなど英語力を高める指導を心がけており、集中的に勉強できる環境が整っているためです。

また短期留学の効果を高めるコツを実践することで、英語力をさらに伸ばすことも可能です。

とはいえ、具体的なセブ島留学のイメージや英語力アップのコツは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • セブ島での短期留学の費用やスケジュール
  • 短期のセブ島留学でも効果を高めるコツ
  • 短期留学でも英語力アップの可能性がある学校

を紹介します。

夏休みや春休みを利用してセブ島留学を考えている人は、参考にしてみてくださいね。

セブ島に短期で留学しても効果はある?概要やスケジュール例、費用を紹介

セブ島短期留学は効果あり?

セブ島での短期留学について、

  • レッスンや滞在方法
  • おすすめの時期
  • スケジュール例

を紹介します。

短期で留学する場合のレッスンや滞在方法

セブ島での短期留学は、1週間から1ヶ月が多いです。

短期留学のレッスンや滞在方法など詳しくは、以下の通りです。

【レッスン】
基本はマンツーマンレッスン、学校によってはグループレッスンも受講できる。
マンツーマンレッスンは1日4〜8時間、グループレッスンは1日1〜2時間ほどが多い。

マンツーマンレッスンについて、詳しくはこちら!
「フィリピンでの留学でマンツーマンレッスンのある学校や効果まとめ」

【滞在方法】
以下の3つから選ぶことができます。
※基本的には男女別で部屋が用意されています。

  • 学生寮:学校から近い場所にあり、食事や洗濯も用意してもらえる。
  • コンドミニアム:1人で個室を利用できるが、食事や洗濯、掃除は自分で行う。
  • ホテル:ホテルに1人で滞在でき、清掃や洗濯も任せることができる。

レッスンや滞在方法は、セブ島での長期留学と変わりません。

そして短期留学でもマンツーマンレッスンの数を多くすることで、1週間あたり40時間ほどのレッスンを受けることが可能です。

セブ島に短期で留学する場合のスケジュール例

セブ島で短期留学をするときのスケジュール例は、以下の通りです。

1日のスケジュール例
06:00〜07:00 起床して身支度
07:00〜08:30 食堂で朝食
09:00〜09:50 発音のレッスン
10:00〜10:50 リーディングのレッスン
11:00〜11:50 空き時間のため自習
12:00〜13:00 食堂で昼食
13:00〜13:50 リスニングのレッスン
14:00〜14:50 スピーキングのレッスン
15:00〜15:50 ライティングのレッスン
16:00〜16:50 TOEIC対策のレッスン
17:00〜19:00 放課後のため自習
19:00〜20:00 食堂で夕食
20:00〜22:00 翌日の予習
22:00〜23:00 シャワーなど就寝準備
23:00 消灯のため就寝

1週間のスケジュール例
日曜日:セブ島に到着。学生寮に向かう。
月曜日:午前中にオリエンテーションを受けて、午後から授業スタート。
火曜日〜木曜日:授業と自習の繰り返し。
金曜日:午前中だけ授業を受けて、午後から卒業式に参加。
土曜日:午前中に学生寮を出て、ホテルにチェックイン。午後から観光。
日曜日:午前中に買い物をして、午後には空港へ。夜には日本に到着。

短期留学では英語学習に集中し、卒業後に観光やアクティビティを楽しむことができます。

セブ島での短期留学にかかる費用の目安

セブ島での短期留学にかかる費用

セブ島での短期留学にかかる費用を、

  • 1週間
  • 2週間
  • 1ヶ月

にわけて紹介しますね。

セブ島留学の費用【1週間の短期】

1週間の留学にかかる費用目安は、以下の通りです。

【4人部屋に滞在し、1日6時間のマンツーマンレッスンを受けたとき】

  • 授業料と滞在費:4万〜12万円
  • 生活費:5,000円
  • 航空券:3万〜5万円
  • ビザ代:1万4,000円
  • 海外旅行保険:0〜1万円

合計 8万9,000〜19万9,000円

1週間のセブ島留学の費用やおすすめ校について、詳しくはこちら!
「【格安】セブ島留学の費用からおすすめ校まで紹介」

セブ島留学の費用【2週間の短期】

2週間の留学にかかる費用目安は、以下の通りです。

【4人部屋に滞在し、1日6時間のマンツーマンレッスンを受けたとき】

  • 授業料+滞在費:7万〜15万円
  • 生活費:1万〜2万円
  • 航空券:3万〜5万円
  • ビザ代:1万4,000円
  • 海外旅行保険:0〜1万円

合計 12万4,000〜24万4,000円

セブ島留学の費用【1ヶ月の短期】

1ヶ月の留学にかかる費用目安は、以下の通りです。

【4人部屋に滞在し、1日6時間のマンツーマンレッスンを受けたとき】

  • 授業料+滞在費:16万8,000〜20万円
  • 生活費:2万〜3万円
  • 航空券:3万〜5万円
  • ビザ代:1万4,000円
  • 海外旅行保険:0〜1万円

合計 23万2,000〜30万4,000円

1ヶ月以上の留学費用について、詳しくはこちら!
「【2019年度版】フィリピン語学留学費用を期間別に大公開!」

短期留学におすすめの時期

短期留学におすすめの時期は、以下の通りです。

  • 高校生や大学生:夏休みや春休みなど長期休暇
  • 社会人:ゴールデンウィークやお盆休みなどの休暇、もしくは有給休暇の活用

セブ島留学は、大学生に人気です。
特に夏休みのある7〜8月、春休みの2〜3月は、短期留学を希望する人が増えるシーズンでもあります。
この時期に留学することで、同じ短期留学の人と仲良くなることも少なくありません。

また人気シーズンにあわせて講師の数を増やす学校も多いため、しっかりと指導してもらうことが可能です。

ここまでセブ島での短期留学について解説しました。

とはいえ、留学したからといって必ず英語力が伸びるわけではありません。

そこで次は、短期でも留学の効果を高めるために必要なことを紹介します。

セブ島での留学が1〜2週間の短期でも、英語力をアップさせる5つのコツ

セブ島での留学が1〜2週間の短期でも、英語力をアップさせる5つのコツ

ここからは短期留学の効果を高めるコツとして、

  • 中学英語まで復習
  • 学習ジャンルの選択
  • 予習と復習の継続
  • 追加レッスンの検討
  • メリハリのある生活

の5つを解説しますね。

セブ島での短期留学の効果を高めるコツ1:中学英語まで復習しておく

短期での留学は「事前にどれだけ英語力を高めているか」によって、成果が変わります。

というのもセブ島での授業は、ほとんど英語です。
英語力がゼロで留学すると、授業内容や講師の言っていることがなかなか理解できません。

せっかく留学しても、授業内容を活かすことが難しいです。

事前に中学英語まで勉強しておくことで、授業や生活で困らないはずです。

セブ島での短期留学の効果を高めるコツ2:学校で勉強するジャンルをしぼる

語学学校のスケジュール例で、レッスンでは発音やリーディングなどさまざまなジャンルを勉強できるとお伝えしました。

まんべんなく英語学習ができますが、短期留学ではあまりおすすめできません。
すべてのジャンルを勉強しようとして、結果的に表面的な知識しか身につかない可能性があるためです。

帰国後にも継続的に勉強しない限り、英語力アップは難しいです。

短期での留学では、学校で勉強するジャンルをしぼりましょう。

例えば、

  • 発音が苦手だから発音クラスだけ受ける
  • TOEIC対策がしたいからリスニングとリーディングだけ指導してもらう

などです。

ジャンルをしぼることで、ひとつの分野を深く学ぶことができます。

セブ島での短期留学の効果を高めるコツ3:毎日の予習と復習を心がける

短期留学では予習と復習を心がけることで、英語力アップに近づくことができます。

英語は留学するだけ、レッスンを受けるだけではなかなか身につきません。
予習で学んだことをレッスンで活用し、復習で覚え直すことが必要です。
予習と復習のサイクルを繰り返すことで、頭に知識として残ります。

特に短期での留学は短い間に多くのことを学ぶため、定期的に確認することが欠かせません。

マンツーマンレッスンを1日4〜6時間におさえて、残りの時間は予習と復習に活用しましょう。

セブ島での短期留学の効果を高めるコツ4:追加レッスンも検討する

1〜2週間の短期留学では、追加レッスンも検討してみてください。

追加レッスンとは、土日など空いた時間に受けられる授業のこと。
学校にもよりますが、短期留学をする人に向けて数時間のレッスンを提供しています。

費用はいくらか必要ですが、留学の期間を最大限に活用できます。

期間が短くて不安な人は、追加レッスンのある学校を選んでみてください。

セブ島での短期留学の効果を高めるコツ5:メリハリのある生活を心がける

短期留学だからといって、英語学習だけに集中する必要はありません。
むしろ適度に息抜きをする方が、勉強へのモチベーションをキープできることは多いです。

平日は勉強、週末は観光など、日によってスケジュールを決めてしまいましょう。
リフレッシュすることでやる気が出て、英語学習の効果が高まる可能性があります。

ここまでセブ島での留学が短期でも、効果を高める5つのコツを紹介しました。

英語力アップにはコツを実践するだけでなく、短期留学の指導が得意な語学学校に通うこともおすすめです。

そこで次は、セブ島にある短期留学向けの語学学校を紹介しますね。

セブ島への留学が短期でも、効果が期待できる語学学校3つ

短期の留学でも効果が期待できる学校として、

  • Howdy
  • NILS
  • Souspeak

の3つを見ていきましょう。

セブ島での短期留学におすすめの語学学校1:Howdy

セブ島での短期留学におすすめの語学学校1:Howdy

Howdyとは、セブ島の郊外にある語学学校です。

  • 費用は1週間で6万1,000円〜
  • 年間の授業実施数は361日
  • 土日の追加レッスンにも対応

1週間など、特に短期の留学を希望している人におすすめです。

セブ島での短期留学におすすめの語学学校2:NILS

セブ島での短期留学におすすめの語学学校2:NILS

NILSとは、目的にあわせた留学プランを提供する語学学校です。

  • 費用は1週間で7万7,000円〜
  • スパルタレッスンでTOEICのスコアアップを保証
  • シニアや親子での留学にも対応

短期留学プランも用意しているので、計画やスケジュール、カリキュラムなどこまかく相談したい人におすすめです。

セブ島での短期留学におすすめの語学学校3:Souspeak

セブ島での短期留学におすすめの語学学校3:Souspeak

Souspeakとは、徹底的なスパルタレッスンを提供している語学学校です。

  • 費用は1週間で4万5,000円〜
  • 「平日は外出禁止」など厳しいルールで学習環境を用意
  • TOEICスコアを200点以上伸ばした実績あり

短期で集中的に英語を勉強したい人におすすめです。

セブ島での留学が短期でもコツを知っていることで成功に近づく

セブ島での留学が短期でもコツを知っていることで成功に近づく

今回はセブ島での短期の留学について解説しました。

おさらいすると、短期留学でも英語力を伸ばすことは可能です。

ただし、以下のことを意識して留学することが欠かせません。

  • 中学英語まで復習しておく
  • 学習ジャンルをしぼる
  • 予習と復習を習慣にする
  • 追加レッスンを検討する
  • メリハリのある生活を心がける

5つのコツを知っておくだけで、短期留学でも留学の効果を高めることは可能です。

迷ったときは、今回紹介した短期の留学に対応している語学学校がおすすめです。

セブ島留学についてさらに詳しく知りたい人は、体験談である「セブ島英語留学の本当の秘密を大公開!【経験者がすべてお話します】」も読んでみてください。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。