【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【海外大学へ編入】仕組みやメリット、手続きの注意点など徹底解説

このページでは海外大学への編入の仕組みなどを徹底的に解説していきます。

編入について気になること
  • 日本の大学からも海外大学に編入できるの?
  • 編入してからの単位が不安…

など、編入に関する情報の少なさからこのような不安を抱えがちです。

一方で、日本の大学から編入をすることで、海外大学で4年間勉強をするよりも学費が節約できたり、単位を利用できたりと様々なメリットもあります。

スムーズに編入手続きが行えるように、今の段階からしっかりと準備をしておきましょう。
(特に断りがない限り、ここではアメリカの大学の編入システムをベースとして解説をしていきます。)

Contents

海外大学への編入とは?


海外大学への編入とは?

海外の大学に編入するとはそもそもどういうことなのか、基礎からおさらいをしていきましょう。

海外大学へ入学する方法は主に2種類

海外大学へ入学する方法は主に2種類あり、1年生から入学をする一般入学と、学期の途中から籍を移す編入です。
編入は、英語ではトランスファー (Transfer)といいます。

日本では稀に途中で大学を変える人がいますが、アメリカに比べると、日本の編入制度はまだまだマイナーです。

アメリカでは編入はごく一般的に行われている

一般的に編入とは、1,2年次に短大やコミュニティカレッジ、もしくは日本の大学で学び単位を取得し、3年次から4年制の総合大学(ユニバーシティ)で学ぶことを指します。

アメリカでは、2年制大学と4年制大学が地理的にも近く、お互いの結びつきも強いため、3年目から4年制大学に進むという選択肢が普通です。

日本の大学に既に在籍している場合は、まずは語学学校で英語のレベルをクリアして、その後に編入をするというルートになります。

海外大学へ編入する方法

海外の大学へ編入する方法は大きく分けて2つあり、ご自身の今いる状況によって変わります。

海外大学へ編入する方法①日本の大学から編入する場合

日本の大学で数年間在籍、もしくは卒業してから、海外大学へ編入するというのが第一の方法です。

日本の大学、もしくは短大を中退し、取得した単位を持ってアメリカの4年制大学で学ぶことになります。
大学を卒業したあとでも、大学の単位を移行することができます。

海外大学へ編入する方法②現地の2年制大学から編入する場合

日本の大学から編入をするのに対して、2つ目の方法は現地学校から4年制大学に編入をするパターンです。

まずは2年制の大学はコミュニティカレッジと呼ばれ、英語力を含め大学で学びたいことを見据えて、基礎知識を勉強する場所です。

したがって、非アメリカ人で4年制大学へ進学するために、まずはコミュニティカレッジに留学をするという留学生も多く在籍しています。

2年制大学から4年制大学へとトランスファーをするときは、取得単位を移行することができます。

海外大学への編入のメリット5選

アメリカをはじめ、広く行われている編入ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、主に5つに分けてメリットを解説します。

海外大学への編入のメリット①:4年制大学に4年間通うよりも学費が安い

アメリカの私立大学は、日本と比べて学費が非常に高いです。
1年間の学費は平均で400万円ですので、4年間で卒業をした場合は学費だけで1,600万円必要となる計算です。

一方でアメリカの短大、もしくはコミュニティカレッジにの年間の学費は、地域にもよりますが、50万~100万円となり、私立大学のおよそ4分の1です。

学費的な理由もあり、アメリカでは編入が当たり前に行われているのです。
最初の2年間をコミュニティカレッジで学ぶことは、費用的な面でも大きなメリットとなります。

海外大学への編入のメリット②:既に取得した単位を移行できる

編入はお金の節約だけではなく、時間の節約にもなります。

アメリカの大学は、学年よりも単位数で卒業数が決まるため、3年生であっても卒業に必要な単位をとっていれば4年生の卒業時期まで待たずして卒業をすることが可能です。

そしてこの単位ですが、短大やコミュニティカレッジで積み重ねた単位を、編入の際に移行することができます。

これにより、4年制大学に編入しても1から単位を取る必要がなく、しっかりと4年で卒業できるシステムが整えられているのです。

日本の大学から編入をする場合でも、申請をすれば編入先の大学の単位として認めてくれます。(全てがそのまま認められるとは限りません。)

海外大学への編入のメリット③:名門大学を卒業できるチャンスが広がる

アメリカで編入が当たり前に行われる理由の一つとして、学歴に対する考え方があります。
日本の大学は入学をするのが難しいのに対して、アメリカをはじめとした海外大学は卒業をするのが難しいです。

そしてアメリカでは、最終学歴を重視する社会です。
名門大学を卒業したということが、すなわち在学中の努力を示すものとして見られます。

短大やコミュニティカレッジで優秀な成績を取れば、そうした名門大学へと入学できるチャンスをつかむことができるのです。

海外大学への編入のメリット④:海外大学院留学への足がかりとなる

日本の大学に在学をしていて編入を考えている人の中に「海外大学院留学」を考えている人もいることでしょう。
海外の大学に留学をするためには、相当の専門性と語学力が欠かせません。
大学の一部を海外で過ごし、英語で専門を学ぶことで、希望の大学院への道も近づきます。

そして、海外の大学を卒業するために、編入制度を利用することも可能です。

繰り返しになりますが、アメリカは卒業した大学が非常に大きなウェイトを占め、もちろん大学院の入試にも影響があります。

長い目で計画をした時に、編入は、大学院留学への足がかりともなるのです。

海外大学への編入のメリット⑤:在学中に奨学金をゲットできる可能性も

編入が可能かどうかの条件の一つに、在籍している大学での成績があります。
大学での成績が優秀でトップ大学にいくような学生には、奨学金が用意されている場合があります。

この奨学金は返済義務がないものですので、留学費用を大幅に抑えることができます。

編入をしようと考えている人は、良い成績を取れるように専門の勉強を頑張っておくと、奨学金をもらって留学ができる可能性があるでしょう。

海外留学の奨学金についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。

【厳選!】おすすめの海外大学留学用奨学金7選

【社会人OK】これで費用は安心。海外留学の奨学金を大公開!

海外大学編入の注意点とは?

海外大学編入への注意点とは?

海外大学への編入方法やメリットを紹介してきました。

アメリカの大学では編入はごく当たり前の選択肢であるとお伝えをしましたが、誰でも簡単に編入できるわけではもちろんありません。

ここでは、編入に際の必要条件などを解説します。

海外大学編入の注意点①:英語力を示すスコアが求められる

海外留学をしたいといっても、英語力がなければ授業についていくことができませんし、テストでも優秀な成績をとることは無理です。

実際に、編入条件として英語力を示すスコアの提出を多くの大学が求めており、名門大学になればなるほど基準は高くなります。

もし基準のレベルに達していない場合は、大学が指定する語学期間で英語を学ぶことがあります。TOEFLのスコアをすでにある方は問題ありません。

海外大学編入の注意点②:一定の成績がないと編入できない

アメリカの大学に編入をするためには、一定の成績以上を取っていなければなりません。
一般的に編入基準となる最低GPAは2.0で、これを下回ると大学から編入の許可が降りません。

先ほどもお伝えしましたが、海外大学に編入したいときは、大学が入学を認めてくれるほどの優秀な成績が必要です。

海外大学に編入は、フィリピンがオススメ!

海外大学への編入はおすすめ

ここまではアメリカを中心とした編入制度を解説してきました。

アメリカを海外編入の例として取り上げた理由としては、編入というシステムが広く浸透しているということ、そして日本の学生の一番人気の編入先だからです。

そこで最後の章では、アメリカ以外の大学への編入について考えてみたいと思います。

アジアの国でありながら、欧米のような留学環境があるとして注目集めているのが「フィリピン」です。

語学留学のような短期間ではなく、フィリピンの大学で学部生として学ぶ選択肢も、ぜひ知っていただければと思います。

フィリピンの大学に編入するメリット①:英語で専門分野が学べる

フィリピンの公用語は英語で、子供の頃からテレビや街中の看板で英語が使われています。

当然、大学の授業も英語で行われますので、自分の専門分野を英語で学んで卒業をすることができるのです。
大学に進学することで、確実に上級の英語力が身につきます。

フィリピンの大学に編入するメリット②:欧米に比べて学費が圧倒的に安い

フィリピンの大学の一番の特徴は学費が安いということです。
国立大学であれば、年間の学費が10万円私立大学でも平均20~30万円です。

アメリカの私立大学や短大と比べても、フィリピンの学費がどれだけ安いかが分かると思います。

またフィリピンの物価も日本の3分の1ほどですので、長期間の留学だと圧倒的に欧米や日本の大学よりも安くなります。

フィリピンの大学の学費についてはこちらの記事をご覧ください。

フィリピンの大学の学費は本当に安い?留学費用もあわせて解説!

フィリピンの大学に編入するメリット③:最終学歴として加算できる

短大や語学学校は、学歴として見なされませんが、そこからフィリピンの大学に編入をし、無事に卒業すれば立派な最終学歴として履歴書に書くことができます。

英語で卒業をしたということが分かるので、就職活動でも大きな武器となるでしょう。

フィリピンの大学に編入するメリット④:奨学金制度を利用できる

編入などで海外の大学に進学をする学生は、日本政府や自治体が用意している奨学金に申請をすることが可能です。

フィリピンの語学留学と大学進学を組み合わせることで、奨学金をゲットしているケースもあります。

奨学金団体に「なぜ留学/編入を希望するか」というしっかりとした目的を伝えることができれば、奨学金獲得の可能性は大いにあります。

まとめ:海外大学へ編入する方法を徹底解説

まとめ:海外大学へ編入する方法を徹底解説

このページでは、海外大学の編入方法をアメリカを例にして見てきました。
途中で大学を変えることに対して、日本と海外では考え方の違いがあります。

また、海外の学生が編入をする理由としても「より自分に合う大学が見つかった」「奨学金を出してくれる大学が見つかった」など様々です。

日本の皆さんも、このページを参考にしながら、海外の大学進学を実現していただきたいと思います。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!