【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【徹底解説】シンガポールの大学留学が熱い理由!

人口600万人という小さな国でありながら、ビジネスの拠点としても世界中の注目を集めているシンガポール。
シンガポールには大学が6つありますが、アメリカやイギリスなど同じ教育レベルを持ち、毎年世界中から留学生が集まります。

日本人にとっても既に人気の留学先となっており、英語での勉強と高い教育水準をもとに、国際的な企業へと就職する学生も年々増えています。

このページでは、そんな発展著しいシンガポールへの大学留学を考えている方に向けて、留学のメリットやデメリット、そしてハイレベルな大学に関する情報などを徹底的に解説していきます。

シンガポールへ大学留学をすることは、あなたの人生にとってプラスとなること間違いありません。

これから大学進学を控える高校生や、もう一度大学や大学院などで勉強をやり直したい社会人にとって、少しでも参考となれば幸いです。

シンガポールの大学留学①:シンガポールってどんなところ?


シンガポールマーライオン

マレー半島の最南端に位置するシンガポール。ここではシンガポールという国について、2つの特徴を挙げながら説明します。

シンガポールの大学留学情報1 :中華系、マレー系、インド系が共存する文化

人口は日本の1/20である600万人で、国全体が一つの業績となっているため首都はありません。
東南アジアの小国であるシンガポールでは、主に中華系、マレー系、インド系の3つの民族が共生をしています。

民族や宗教に対する配慮もあり、各民族ごとの祝日もそれぞれ設けられています。
シンガポールの大学留学を通じて、語学力だけでなく各民族の歴史や文化なども学ぶことができるでしょう。

シンガポールの大学留学情報2 :公用語は英語

各民族がそれぞれの母語を話しますが、シンガポールという国としての公用語は英語です。
正確には、シンガポールの公用語は英語をはじめ中国語、マレー語、タミル語の4つが存在します。

学校教育や公共交通機関も全て英語表記となります。
英語を話すことができれば日常生活に支障はないものの、他の公用語を話すことで、現地の人との交流が広がるでしょう。

シンガポールの大学留学②:教育レベルは?


シンガポールストリート

シンガポールは教育水準が非常に高く、学生も勉強熱心です。
シンガポールの大学に進学をするためには中学から高校にかけて良い成績を取ることが必須条件であり、一流の大学に進学できるように、朝から晩まで勉強をします。

イギリスの調査会社であるTimes Higher Educationが2018年に発表したランキングでは、アジア大学ランキングでは1位がシンガポール国立大学、5位が南洋工科大学でした。
東京大学は8位ということで、シンガポールの大学のレベルの高さをうかがうことができます。

シンガポールという国が金融の中心地として脚光を浴びていることも、このランキングと関係しています。
日本のトップレベルの学生も東京大学や京都大学へ進学せずに、シンガポール国立大学や南洋理工大学へ進学する学生が年々増加しています。

(参考リンク:Times Higher Education 2018)

シンガポールの大学留学③:学ぶメリットとは?


シンガポール植物園

世界水準の教育レベルを誇るシンガポールですが、シンガポールへ大学進学をするメリットを改めて見てみましょう。

シンガポールの大学留学のメリット1:アジア最高レベルの治安の良さ

シンガポールは、世界平和度指数ランキング(2018年度)において、公表されている163カ国のうち8位にランクインしています。

日本は9位ですので、いかにシンガポールの治安が良いかが分かります。
私も以前シンガポールに旅行をしたことがありますが、実際に街を歩いていても危険な目にできますことは全くありませんでした。

シンガポールは日本の淡路島と同じくらいの大きさで、警察の管理が広く行き届いており、夜も比較的安全に行動をすることができます。

シンガポールの大学留学のメリット2:世界中から優秀な留学生が集まる

先ほども紹介したように、アジア最高峰の大学であるシンガポール国立大学があるということもあり、多くの留学生がシンガポールで学びます。

母国で優秀な成績を取り、その結果として自国やシンガポール政府からの奨学金をもとに留学をしてくる学生も多い印象です。

もともと多民族国家な上に、海外からの正規留学も加わり、 多様な価値観や考え方のもとで勉強に励むことができるのは、シンガポール留学の大きなメリットです。

良質な学生との出会いはもとより、将来につながるビジネスチャンスを作れること間違いありません。

シンガポールの大学留学④:学ぶデメリットとは?


シンガポール通貨

大学のレベルも東京大学よりもレベルが高く、治安も良いシンガポール。
そんな国にデメリットはないのではと考えるかもしれません。
ここでは、シンガポールで学ぶ際に注意するべき点を、2つ紹介します

シンガポールの大学留学のデメリット1:他のアジアの国と比べ費用が高い

シンガポールはフィリピンやマレーシアなどの他の東南アジアと比べて生活費や学費が高くなっています。
日本の私立大学の文系学部の1年間の学費と同じ水準です。
一例として、南洋工科大学の授業料を以下に紹介します。

学部17,000シンガポールドル(130万円)
大学院14,000シンガポールドル(115万円)

物価に関しても、食料品は日本と変わらない印象を受けます。
しかし公共交通機関は日本に比べてかなり安く、電車やバスは1時間なったとしても、約300円です。
大学の寮に住むことができれば、交通費分も浮かせることができます。

シンガポールの大学留学のデメリット2:「シングリッシュ」と呼ばれる英語のアクセント

ご存知の方もいるかもしれませんが、シンガポールの英語は「シングリッシュ」という独特のアクセントを持っています。

アメリカやイギリスの英語で勉強をした日本人にとっては、最初は現地の英語を聞き取るのに苦労するかもしれません。
シンガポールへ大学進学を考えている人は、シンガポール人の英語の特徴に慣れておく必要があるでしょう。

シンガポールの大学留学⑤:評判のいい大学を紹介


シンガポール通貨

シンガポールは全部で6つの大学がありますが、ここでは先ほどもトップランキングでも登場した2つの大学について紹介をします。

1 シンガポール国立大学(National University of Singapore)


シンガポール国立大学

シンガポール国立大学は総合大学で、13の学部と4つの大学院学部で構成されています。
国が教育に関して積極的ということもあり、各学部の研究機関も非常に充実をしています。

先ほどのランキングでも示した通り、アジアの大学の中でも最高レベルに位置し、シンガポール人だけではなく多くの留学生かここで学びます。

アメリカイギリスは地理的にも離れており費用もかかる、でもトップ大学で学士を取得したいという人は、ぜひ優秀な学生が集まるシンガポール大学を考えてみてはいかがでしょうか。

シンガポール国立大学のホームページはこちら

2 南洋工科大学(Nanyang Technology University)


南洋工科大学

1981年に創設された比較的新しい大学です。
元々は理工大学として始まったものの、現在では条件を有する総合大学として、世界ランキングでは常に上位にランクインしています。

海外大学との連携が多くあり、ダブルディグリーや海外留学をする学生も非常に多いのが特徴です。

学部生は24000人、大学院生をが8000人在籍をしており、規模も比較的大きい大学となっています。
大学のキャンパスには、学食などの他にも、スターバックスやマクドナルドなどのファーストフードが利用できます。

理工系に特に力を入れている大学ですので、理系で留学を考えている方に特におすすめしたい大学です。

南洋工科大学大学のホームページはこちら

大学留学ではシンガポールのほかにフィリピンもオススメ!


フィリピンの大学留学について

ここまでシンガポールの留学情報に関してまとめてきました。
アジアでの大学留学を考えている方に、シンガポールとともにおすすめしたいのが、フィリピンの大学留学です。
語学留学として人気になったフィリピンですが、大学留学としてのメリットはどのようなものがあるでしょうか。

フィリピンの大学留学のメリット①:高い経済成長率をキープ

アジア市経済成長を誇り、中国系や日系などの大手企業も参入するシンガポールですが、フィリピンの経済成長率はアジアでもトップレベルです。

発展途上国であるフィリピンでは、今後の国の発展を担う若い学生が、一生懸命大学で勉強をしています。
一国の発展を肌で感じながら、モチベーションの高い学生とともに大学生活を送ることによって、自己成長に繋がるでしょう。

フィリピンの大学留学のメリット②:ビジネス英語ランキングで世界1位の英語力

フィリピンもシンガポール同様に多国籍の国ですが、公用語の1つが英語です。
フィリピンのほとんどの人が英語を話すことができ、ほぼ全ての大学では、アメリカ式のテキストと英語による授業が行われます。

アメリカのある企業が2013年に行なった調査によると、 ビジネス英語力部門において、フィリピンは世界第1位を獲得しています。

英語で海外の大学を卒業したいと考えている人にとっては、シンガポールと同様に、フィリピンも魅力的な留学先ではないでしょうか。

フィリピンの大学留学についてはぜひフィリピン大学留学ナビにご相談ください!

まとめ:シンガポールの大学留学が熱い理由とは?


シンガポールの夜景

このページでは、シンガポールへの大学進学に関してまとめてきましたがいかがでしたか?
東南アジアの小国でありながら、世界的な金融センターの中心地となっているシンガポール。
街を歩けば教会やお寺、モスクなど、多民族国家としてのシンガポールを存分に感じることができます。

そして、世界中から優秀な学生がシンガポールに集まるため、国際的な感覚を身につけるにはうってつけの環境です。

自分とは違う価値観や考えを持つ人とコミュニケーションを取れることは、今まさに企業が学生に求めているスキルとなっています。

この記事をきっかけにして、シンガポール、そしてフィリピンを留学先の候補地として考えていただけたら嬉しく思います。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!