フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

IELTSスコアで応募できる給付型奨学金リスト(2020最新)

IELTSといえば、英語能力の証明手段として世界的に利用されている英語試験。
海外の大学留学や企業就職のために受験する人も多いと思います。

そんなIELTS、一定スコアを獲得すれば奨学金を得るチャンスが広がることをご存知でしょうか?
実は、奨学金の中には募集要項にIELTSのスコアを設定しているものが複数あるんです。

しかも貸与型ではなく、返済不要の給付型奨学金!

そこで今回は、IELTSスコアで応募できる給付型奨学金(2020年1月時点の最新情報)のリストと各概要を紹介します。

すでにIELTSのスコアを取得している方はもちろん、これから海外留学のためにIELTSを受験する予定の方も、奨学金で留学費用を抑えられる可能性があります。
ぜひチェックしてみてください!

IELTS奨学金1:ブリティッシュカウンシルIELTS賞

IELTS奨学金1:ブリティッシュカウンシルIELTS賞

ブリティッシュカウンシルはイギリス政府が設立した国際文化交流機関で、世界100カ国以上で英語の普及やイギリス文化の振興に取り組んでいます。

その日本支部が運営している奨学金がIELTS賞(British Council Japan IELTS Award)です。

下記は2019年の実施概要です。

応募条件のIELTSスコアオーバーオール6.0以上
支給金額300,000円
支給人数4名
選考方法一次審査(書類)、二次審査(面接)
その他の応募資格
  • 日本在住者
  • IELTSの成績提出を入学条件としている大学または大学院への留学予定者
  • 留学中〜留学終了後までIELTS大使としてIELTSと留学に関しての広報に協力可能な者

    など

IELTS奨学金2:日本学生支援機構JASSO

IELTS奨学金2:日本学生支援機構JASSO

日本で最もメジャーな奨学金機関が、文部科学省所管の日本学生支援機構JASSOです。
教育の機会均等を目指し、さまざまな種類の奨学金制度を実施しています。

JASSOの給付型奨学金の中でも、以下の3種類はIELTSスコアが条件に含まれる場合があります。

協定派遣型

留学プログラムを実施する学校機関を通して給付される奨学金です。

語学水準を参加要件に設定しているプログラムが優先的に認められるため、IELTSスコアを参加要件にしている学校機関が多くあります。

自分が在籍している学校の募集要項をぜひ確認してみてください。
一例として、金沢大学の2020年度留学プログラムの概要を以下に紹介します。

応募条件のIELTSスコア5.5以上
※留学先が英語使用大学の場合
※留学先大学がスコアを指定している場合はその点数以上
支給金額月額60,000円〜100,000円
※留学先地域によって異なる
支給人数若干名
選考方法学内選考(書類)、協定校選考(書類)
その他の応募資格
  • 金沢大学の正規学生
  • 学業成績がGPA2.0以上の者
  • 留学期間満了後に金沢大学に戻り学業を継続予定の者

    など

大学院学位取得型

こちらも協定派遣型と同様、留学プログラムを実施する学校機関を通して申し込むタイプの奨学金です。
修士または博士の学位取得のために海外大学に留学する学生に対して給付されます。

以下は2018年度の募集要項です。
※下記に加えて、各大学機関でも個別に募集要件が設けられている場合があります。

応募条件のIELTSスコア7.0以上
※留学先が英語使用大学の場合
※留学先大学がスコアを指定している場合はその点数以上
支給金額月額89,000円〜148,000円(2017年度実績)
※留学先地域によって異なる
支給人数未定(2017年度実績100名)
選考方法一次審査(書類)、二次審査(面接)
その他の応募資格
  • 日本国籍を有する者
  • 学業成績評価係数が2.6以上の者
  • 留学先大学での取得予定学位が、取得済み学位と同分野かつ同レベルでない者

    など

学部学位取得型

先に紹介した2つの奨学金と異なり、日本の学校機関に在籍せず海外大学に入学して学位取得を目指す場合に応募できる奨学金です。

留学先大学の使用言語が英語である場合は、IELTSスコアが応募要件に含まれます。

以下は2019年度の募集要項です。

応募条件のIELTSスコア6.0(Academic Module)以上
※留学先が英語使用大学の場合
※留学先大学がスコアを指定している場合はそのスコア以上
支給金額月額59,000円〜118,000円(2018年度実績)
※留学先地域によって異なる
支給人数未定(2018年度実績45名)
選考方法一次審査(書類)、二次審査(面接)
その他の応募資格
  • 日本国籍を有する者
  • 高等学校等の学業成績基準が3.7以上の者
  • 支援期間開始前までに留学先大学の入学許可を得ることができる者

    など

IELTS奨学金3:経団連(日本経済団体連合会)

IELTS奨学金3:経団連(日本経済団体連合会)

日本の代表的な企業・地域団体を中心に構成されている経団連でも、いくつかの奨学金事業を主催しています。
その中で応募要件にIELTSスコアが含まれるのは以下の3つです。

グローバル人材育成スカラーシップ

財団指定大学もしく大学院の学生の海外留学を支援する奨学金です。
2020年度の募集概要は以下のようになっています。

応募条件のIELTSスコア5.0以上
支給金額2,000,000円
支給人数20名
選考方法一次審査(書類)、二次審査(面接)
その他の応募資格
  • 日本国籍を有する者
  • 留学中も財団の指定する日本の大学・大学院に籍を置く者
  • 大学入学後に取得した単位のGPAが2.0以上である者

    など

日本人大学院生奨学事業

こちらは経団連の国際教育交流財団が実施している、財団指定大学院生の海外留学を支援する奨学金です。
下記は2020年度の募集概要です。

応募条件のIELTSスコア6.5以上
※留学先が英語圏の場合
支給金額年間3,500,000円
支給人数2名
選考方法一次審査(書類)、二次審査(面接)
その他の応募資格
  • 日本国籍を有する者
  • 2020年3月31日時点の在学期間が修士・博士両課程通算満5年以内の者
  • 海外の大学または大学院に1年以上留学した経験がない者

    など

皇太子明仁親王奨学金

こちらは経団連が事業協力している奨学金制度で、留学先をハワイ大学マノア本校に限定して支援されるやや特殊な奨学金です。
下記は2020年度の募集概要です。

応募条件のIELTSスコア6.5以上
支給金額
  • ハワイ大学の学費免除
  • 生活費等として年間25,000ドル
  • 渡航旅費 (上限あり)円
支給人数1名
選考方法一次審査(書類)、二次審査(面接)
その他の応募資格
  • 日本国籍を有する者
  • 応募時に日本の大学の大学院修士課程もしくは博士課程に在学している者
  • 当奨学金に応募したことのない者

    など

IELTS奨学金4:フルブライトジャパン(日米教育委員会)

IELTS奨学金4:フルブライトジャパン(日米教育委員会)

フルブライトジャパンは、日米両国政府により日米間の教育交流を目的に設立された機関です。
その事業の一つとして、日本人学生のアメリカ留学を支援する奨学金制度を実施しています。

応募要件にIELTSスコアは含まれている奨学金は以下の2つです。

大学院留学プログラム

日本人を対象に、アメリカの大学院博士課程・修士課程への留学を支援する奨学金プログラムです。
以下は2020年度の募集概要です。

応募条件のIELTSスコア6.0以上
支給金額年間授業料40,000ドル(上限)。他に生活費、家賃手当て等も別途支給。
※2年目は授業料、生活費等すべて含め上限25,000ドルまでに更新される可能性あり
支給人数

約20名
※大学院博士論文研究プログラムを含む

選考方法予備審査、書類審査、面接審査
その他の応募資格
  • 2019年7月31日以前に学士号を取得している者
  • 米国在住経験の少ない者(優先条件)

    など

大学院博士論文研究プログラム

このプログラムは、日本の大学に博士論文を提出することを目的として、アメリカの高等教育機関あるいは研究所などで研究指導を受ける、またはアメリカでの現地調査などの機会を得ることを支援するための奨学金制度です。
2020年度の募集概要は下記のようになっています。

応募条件のIELTSスコア6.0以上
支給金額往復渡航旅費、往復荷物手当、滞在費、住居手当、家族手当、フルブライトグループ保険、図書費、着後雑費、授業料(上限あり)
支給人数

約20名
※大学院留学プログラムを含む

選考方法予備審査、書類審査、面接審査
その他の応募資格
  • 2020年4月1日時点で日本の大学院の博士課程に1年以上在籍する者もしくは2020年3月31日時点で日本の大学院に博士課程標準修業年限以上在学し所定の単位を修得した上で退学した者
  • 米国在住経験の少ない者(優先条件)

    など

IELTSスコアで応募できる給付型奨学金リスト:まとめ

以上、IELTSのスコアが応募要件に含まれる給付型奨学金(4団体9種類)をご紹介しました!
いかがでしたか?

JASSOのような対象が幅広いタイプから皇太子明仁親王奨学金のような限定的なものまで、さまざまな奨学金制度が実施されています。

なかには給付額がかなり手厚いものもあり驚きです。

狭き門の奨学金も多いですが、ぜひ一度、自分に当てはまらないか確認してみることをおすすめします。
みなさんがIELTSスコアを最大限活用して、満足のいく留学ができることを祈っています!

IELTS・ 奨学金に関しては以下の記事もあわせてご覧ください!
【経験者が語る】学部/大学院留学のためのIELTS勉強法総まとめ

【IELTS対策】スコア7.0を目指す方向け!オススメ参考書のまとめ

お金がなくても留学できる!返済不要の奨学金15選

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。