フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

半年のフィリピン留学にかかる費用は120万?節約法も大公開

リーズナブルに留学できることで大人気のフィリピン留学!

半年間のフィリピン留学は半年間はみっちりと英語に囲まれた環境で生活し英語学習ができるので大幅な英語力アップが期待でき、TOEIC やTOEFLといった英語試験の対策も万全です。

しかし、半年間のフィリピン留学となると気になるのが「留学の費用」ですよね。

今回は、留学前に支払う学費+寮生活費などの出発前に必要な費用から、現地生活費(お小遣い)やビザ代、航空券や海外旅行保険料までの総額留学費用をシミュレーションするとともに、費用を節約する方法も一緒にご紹介します。

半年のフィリピン留学にかかる費用

今回はセブ島にある3D ACADEMYに半年間(24週間)留学した場合でシミュレーションしてみます。

半年の留学総費用:1,163,690円(①+②+③+④)

条件:3D ACADEMY、実践英語コース(4時間マンツーマンレッスン+3時間グループレッスン)、4人部屋利用

①出発前の支払費用
777,000円
15,000円(入学金)+759,000円(授業料)
+3,000円(空港ピックアップ費用)
②出発後の支払費用
41,470ペソ≒
86,690円
6,500ペソ(SSP費用)+17,870ペソ(ビザ延長代)
+3,000ペソ(ACR I-Card)+6,000ペソ(教材費)
+8,100ペソ(水道光熱費)
現地での生活
150,000円
150,000円
航空券+保険料
150,000円
60,000円(往復航空券)
+90,000円(海外旅行保険)

半年のフィリピン留学に必要な費用の内訳

はじめに半年のフィリピン留学費用総額の1例をシミュレーションしてみましたが、ここからは費用の内訳に関して詳しく説明してきます。

費用の内訳は、「出発前に支払う費用」「現地で支払う費用」「現地での生活費」「航空券&海外旅行保険料」の4つに分類することができます。

フィリピン留学に出発前に支払う費用(日本)

出発前に支払う費用は、入学手続きに必要な入学金や授業料+寮費、空港ピックアップ費用などがあります。

費用の支払いは利用する留学エージェントに支払う場合や語学学校に直接支払う場合があり、留学状況により異ります。

☆入学金:10,000円〜15,000円

金額は学校によって異なります。
留学生の少ないオフシーズンなどは入学金の割引・免除が受けれるキャンペーンがある場合もあります。

☆授業料+宿泊費+食費 ※語学学校、コース、部屋で異なる

フィリピンの語学学校では学校内に寮や食堂が併設されているため、授業料+滞在費+食費がまとめて提示されます。

費用の一例を下記の表にまとめてみました。

選択するコースや滞在する部屋別費用(条件:3D ACADEMY、24週間留学)

4時間マンツーマンレッスンコース6時間マンツーマンレッスンコースセミスパルタコースTOEIC・IELTS等対策コース
寮1人部屋1,155,000円1,275,000円1,335,000円1,275,000円
寮2人部屋945,000円1,065,000円1,125,000円1,065,000円
寮4人部屋759,000円879,000円939,000円879,000円
寮6人部屋669,000円789,000円789,000円
ホテル1人部屋1,305,000円1,425,000円1,425,000円
ホテル2人部屋1,005,000円1,125,000円1,125,000円

語学学校別費用(条件:6時間マンツーマンレッスン、24週間留学、4人部屋利用)

3D ACADEMYQQ EnglishSMEAGCIA
入学金15,000円15,000円15,000円10800円
授業料879,000円1,049,400円1,128,000円1,036,800円

上記のように費用は授業のコース、宿泊する部屋、語学学校によって異なります。

費用は滞在する部屋あたりの人数が多いほど安くなり、個室が最も高額です。
学校によってはホテルやコンドミニアムに滞在することもできる場合があり、更に費用は高額になります。

フィリピンの語学学校では特色ある授業のコースが用意されており、一般英会話コースやTOEIC等の資格対策コース、ビジネス英語コースなどの選択するコースによっても費用は異なり、1日のマンツーマンレッスンの授業数が増えるほど高額になります。

☆空港ピックアップ費:無料〜7,000円程度

渡航時に近くの空港までスタッフが迎えに来てくれる際の費用になります。
はじめての海外や学校までの移動が不安な方などは利用をオススメします!

セブ島など空港から近い所にある学校は1200円〜2500円程度で、無料のピックアップサービスがある学校もあります。

バギオやクラークなど空港から遠い地域の学校は5,000〜7000円程度が相場です。

フィリピン留学に出発後に現地で支払う費用

到着した後、学校に直接払う費用のことです。

支払いはフィリピンペソでの現金払いで、両替をしてから学校へ支払います。(以下1ペソ=2.1円で計算しています。)

☆水道光熱費:800~1500ペソ(1680円〜3150円)/1ヶ月

使用した分だけ支払う「メーター制」と1週間や1ヶ月あたりの使用料が決まっている「定額制」いった2タイプの精算方法があります。

メーター制の場合、1部屋あたりの人数で割った金額を支払うこととなるため、人数の多い部屋に滞在するほど費用は安くなります。

☆教材費:500〜1000円/1冊

コースやレベル、授業の進み具合によって必要な教材が変わるので個人差があります。

☆SSP(Special Study Permit):6500ペソ〜7000ペソ(13650円〜14700円)

フィリピン政府から発給される特別就学許可書のことでフィリピンへ留学する全ての人が取得しなければなりません。

申請は学校が代行してくれますが、代行手数料がかかる場合が多いです。

☆ACR I-Card:3500ペソ〜4000ペソ(7350円〜8400円)

フィリピンに60日以上滞在する外国人に対して取得が義務づけられている外国人登録証です。

法的なフィリピン居住資格なので、長期滞在用の身分証明書にもなります。
申請は学校が代行してくれますが、代行手数料がかかる場合が多いです。

☆ビザの延長費用:表参照

フィリピンでは入国時30日間は無料の観光ビザが与えられるので観光ビザを利用して留学ができます。

しかし、31日を越えると有料の観光ビザとなり、ビザを延長するために費用を支払わなければなりません。
申請は学校が代行してくれますが、代行手数料がかかる場合が多いです。

留学期間延長ビザ費用
4週以下無料
5週~8週3,140ペソ(約6,594円)
9週~12週7,550ペソ(約15,855円)
13週~16週9,990ペソ(約20,979円)
17週~20週12,430ペソ(約26,103円)
21週~24週14,870ペソ(約31,227円)

フィリピン留学の語学学校以外にかかる費用

☆フィリピン現地での生活費:15,000円〜40,000円

個人のライフスタイルによって現地での生活費はかなり違ってきます。
食事代や洗濯代は学校に払う授業料の中に含まれているので、校内でお金を使うことはほとんどありません。

想定される出費としては外食費、レジャー費、交通費、おみやげ代、日用品購入費などがあります。

フィリピンは日本より物価が安いといわれていますが、予想より出費が多くなることもあり予算はやや多めに考えておくことをオススメします。

特にセブ島ではマリンアクティビティを楽しんだり、ダイビングのライセンスが取得できたりと週末ごとに外食やアクティビティに出かけることも多いので他のエリアに比べて生活費が高くなってしまうこともあります。

☆航空券代:35,000円〜90,000円

フィリピン-日本間の往復航空券は航空会社や時期によって大きく変動します。

格安航空会社(LCC)は時期によってプロモーションを行うことがあるので更に安い航空券をゲットすることもできます。

☆海外旅行保険料:4000円〜10,000円/1ヶ月

もしもの怪我や病気に備えて海外旅行保険には必ず加入しておきましょう!

3ヶ月以内の留学の場合はクレジットカード付帯の保険に加入することで費用は0円になりますが、半年の留学の場合は東京海上日動などの大手保険会社の海外旅行保険に加入する必要があります。

費用は保険会社やプランによって値段は変わります。

半年のフィリピン留学にかかる費用の節約方法

半年のフィリピン留学には120万円近くの費用が必要ですが、中には「少しでも安く留学できないの?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

実は、ポイントを押さえれば節約することが可能になります。

半年のフィリピン留学費用の節約方法①渡航費を抑える

最も節約できるポイントは、格安航空会社(LCC)を利用して渡航費を抑えることです!

日本からフィリピンへの直行便でも格安航空会社(LCC)であるジェットスターやセブパシフィック等が就航しており、最も安い時は往復2万円前後で航空券を購入することができます。

プロモーションが不定期に行われているので留学日程に融通が効く方は航空券が安く購入できるタイミングで留学すると留学費用の大幅な節約につながります。

しかし、LCCであっても観光シーズンであるゴールデンウィークや夏休み期間、年末年始の時期は高額になります。

そのため航空券が比較的安くなる、4月上旬~6月中旬(GW除く)、10月上旬~12月上旬が狙い目になります!

格安航空券を探すために「スカイスキャナー」などの料金比較サイトを使用することもオススメです。

半年のフィリピン留学費用の節約方法②オフシーズンに留学する

オフシーズン(10月~12月上旬、GWを除く4~6月)は留学生が少ないので、多くの語学学校で少しでも留学生を確保しようとさまざまなキャンペーンを行うことが多いです。

主なキャンペーンとして「入学金割引や無料」「授業料20%オフ」「寮の部屋をグレードアップ」などがあります。

夏休み(7月〜9月)、春休み(2月〜3月)のピークシーズンはキャンペーンが行われることは稀なので、留学時期を柔軟に決めれる方はオフシーズンのキャンペーンを狙って留学費用を節約することをオススメします。

半年のフィリピン留学費用の節約方法③学生寮は大人数部屋を利用する

先述したようにフィリピン留学は全寮制が一般的です。
寮は主に1〜4人部屋が中心で、学校によっては6人部屋まで用意されている場合もあります。

費用は1部屋あたりの人数が多くなるほど安くなり、水道光熱費も折半できるので大幅な節約が可能になります。

例)3D ACADEMYの場合は半年間で1人部屋と4人部屋の費用の差は40万円程度!!

フィリピン留学では大人数のリーズナブルな部屋から予約が埋まっていく傾向にあるので、安い部屋を希望する場合は留学が決まったらすぐに予約することをオススメします!

まとめ:半年のフィリピン留学の費用は節約してお得に留学しよう!

いかがでしたか?
今回は半年間フィリピンへ留学した場合にかかる費用や節約術について紹介しました。

今回の記事のポイントは以下の2つになります。

  • 半年の留学費用は120万円前後
  • 節約することで更に安く留学することも可能

半年間の留学は100万円以上と非常に高額であり決断も容易ではないかと思いますが、英語力の向上以外にも海外で生活する経験など費用以上の価値があります。

この記事がフィリピン留学を検討する方にとって少しでも参考になれば幸いです。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。