【フィリピン大学留学専門】フィリピン大学留学ナビ

フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

【フィリピン行き格安航空券(LCC)】チケットの買い方、おすすめ会社を紹介

「フィリピン行きの格安航空券を探しているけれど、どこがいいんだろう」

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

フィリピン行きの格安航空券は、セブパシフィック航空など数社のLCCが利用できます。
料金は平均3万〜5万円と、それほど高額になりません。

時期によっては、2万円以下で購入できることもあります。

しかし出発する日本の空港によって、料金やフライト時間、利用できる航空会社が異なります。
スムーズに航空券を購入するには、自分の出発地で利用できるLCCを把握していることが欠かせません。

そこで今回は、

  • フィリピン行き格安航空券を購入できる会社
  • フィリピン行き格安航空券の料金相場とベストシーズン
  • 空港別のおすすめ航空会社と料金
  • 格安航空券を検索できるおすすめサイト

を紹介します。

日本の地域別にお伝えするので、自分の最寄りの空港をもとに参考にしてみてくださいね。

Contents

フィリピン行き格安航空券を購入できる主な航空会社3つ

はじめに、フィリピン行き格安航空券を購入できる航空会社として、

  • セブパシフィック
  • エアアジア
  • ジェットスター

の3つを紹介します。

フィリピン行き航空会社1:セブパシフィック【直行便】

フィリピン行き航空会社1:セブパシフィック【直行便】

セブパシフィック航空とは、フィリピンの代表的なLCC(格安航空会社)です。

  • 主にマニラへの直行便を運航
  • チケットが低価格で、最安は1万円から購入可能
  • アプリからのチェックインも可能

フィリピン留学や旅行では、最初にセブパシフィック航空を確認するのがおすすめです。

フィリピン行き航空会社2:エアアジア【経由便】

フィリピン行き航空会社2:エアアジア【経由便】

エアアジアは、マレーシアの代表的なLCCです。

  • セブ島やマニラへの経由便を運航
  • セールを活用すると、2万〜3万円ほどで購入可能
  • 経由地はマレーシアやタイなど、東南アジアが多い

東南アジアを経由したい、留学や旅行の合間に観光したい人は航空券をチェックしてみてください。

フィリピン行き航空会社3:ジェットスター【直行便、経由便】

フィリピン行き航空会社3:ジェットスター【直行便、経由便】

ジェットスターは、オーストラリアに本社があるLCCです。

  • 主にマニラの直行便を運航
  • 地方からの直行便が多い
  • 低価格で1万円以内で購入できることもあり

関西や福岡など、地方からの直行便を多数運航しています。

地方からフィリピンへ渡航する人は、ジェットスターの利用がおすすめです。

ここまでフィリピン行き格安航空券を購入できるLCCを紹介しました。

続いては、フィリピン行き格安航空券の料金やベストシーズンを見ていきましょう。

フィリピン行き格安航空券の相場とベストシーズン:平均5万円、6月がおすすめ

フィリピン行き格安航空券の相場とベストシーズン:平均5万円、6月がおすすめ続いては、フィリピン行き格安航空券の

  • 料金相場
  • ベストシーズン

を紹介しますね。

フィリピン行き格安航空券の料金相場は、往復5万3,000円

フィリピン行き格安航空券(LCC)の往復料金相場は、およそ5万3,000円です。

料金を時期ごとに見ると、以下の通りです。

【前半】

料金
1月5万1,000円
2月4万8,000円
3月4万9,000円
4月5万4,000円
5月5万8,000円
6月4万4,000円

【後半】

料金
7月4万7,000円
8月5万7,000円
9月4万4,000円
10月4万4,000円
11月4万7,000円
12月7万1,000円

LCCの会社によっては、もう少し安くなることも少なくありません。

最も高い月と安い月は、以下の通りです。

  • 高い月:5月、8月、12月
  • 安い月:6月、9月、10月、11月

基本的に日本の旅行シーズンである年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みは高い傾向にあります。

対して、長期休暇の前後である6月や9〜11月は、5万円を超えることがほとんどありません。
格安航空券も低価格で購入できることが多いです。

ベストシーズンは6月

フィリピン行き格安航空券を購入するなら、おすすめは6、9、10、11月だとお伝えしました。
低価格なシーズンと旅行シーズンからベストシーズンを見ると、最もおすすめなのは6月です。

というのもフィリピンの気候は、以下の2つにわけることができます。

  • 乾季:12〜5月
  • 雨季:6〜11月

6月は雨季に入っていますが、雨が降る日はそれほど多くありません。

多少の雨は気にしないなら、6月は最も快適に観光することが可能です。

ここまでフィリピン行き格安航空券の料金などを紹介しました。

とはいえ、出発地の空港によって料金やフライト時間は異なります。

そこで次は、空港と目的地別に料金相場とフライト時間をお伝えします。

【セブ島】フィリピン行き格安航空券の料金と時間【空港別】

【セブ島】フィリピン行き格安航空券の料金と時間【空港別】ここからはセブ島行き格安航空券を、

  • 関東
  • 関西
  • 名古屋
  • 九州

にわけて紹介しますね。

関東:羽田空港、成田国際空港【往復】

【羽田空港】

料金4万〜6万円
フライト時間6〜10時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空

【成田国際空港】

料金4万〜6万円
フライト時間4時間55分(直行便)
6〜10時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空、エアアジア

関東からは成田空港で直行便を利用できます。

関西:関西国際空港【往復】

料金2万5,000〜5万円
フライト時間8〜13時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空
エアアジア

セブパシフィック航空を利用できますが、マニラ経由となります。

名古屋:中部国際空港(セントレア)【往復】

料金2万2,000〜5万円
フライト時間8〜13時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空
エアアジア
チェジュ航空

名古屋からは、韓国の航空会社「チェジュ航空」も利用可能です。

九州:福岡空港【往復】

料金1万8,000〜3万円
フライト時間7〜11時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空
ジンエアー
チェジュ航空

福岡からは韓国のLCC「ジンエアー」も利用できます。

また福岡からのフライトは、2万円を切ることが少なくありません。
時期をねらうことで、さらに低価格で渡航することも可能です。

セブ島のマクタン・セブ空港について、詳しくはこちら!
「【最新版】マクタン・セブ空港の施設、市内アクセス、注意点を徹底解説」

【マニラ】フィリピン行き格安航空券の料金と時間【空港別】

【マニラ】フィリピン行き格安航空券の料金と時間【空港別】続いては、マニラ行きフライトを

  • 関東
  • 関西
  • 名古屋
  • 九州

にわけて紹介しますね。

関東:成田国際空港、羽田空港【往復】

【羽田空港】

料金3万〜6万円
フライト時間7〜11時間(経由便)
航空会社エアアジア

【成田国際空港】

料金1万5,000〜4万円
フライト時間4時間45分(直行便)
7〜11時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空
ジェットスター

羽田はANAやフィリピン航空などFSCのフライトが多いため、LCCを利用することは難しそうです。

関東からマニラまでのフライトは、成田発のジェットスター(直行便)を利用するのが便利そうですね。

関西:関西国際空港【往復】

料金1万〜5万円
フライト時間3時間55分(直行便)、
7〜10時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空
ジェットスター

ジェットスターの直行便が利用できるうえに、フライト時間もそれほど長くありません。
関西からはジェットスターの利用がおすすめです。

名古屋:中部国際空港(セントレア)【往復】

料金1万8,000〜3万円
フライト時間4時間10分(直行便)
7〜11時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空
チェジュ航空
テーウェイ航空

名古屋からマニラまでの直行便は、セブパシフィック航空が運航しています。

九州:福岡空港【往復】

料金1万5,000〜4万円
フライト時間4時間(直行便)
7〜11時間(経由便)
航空会社セブパシフィック航空
ジェットスター
ジンエアー
エアアジア

福岡からもセブパシフィック航空とジェットスターが、マニラまでの直行便を運航しています。

マニラのニノイ・アキノ空港について、詳しくはこちら!
「マニラのニノイ・アキノ空港について|市内へのアクセス・注意点など」

ここまで紹介した格安航空券を購入するのは、検索サイトを活用するのがおすすめです。

そこで次は、おすすめの検索サイトを紹介しますね。

フィリピン行き格安航空券の購入におすすめのサイト3つ

おすすめの検索サイトとして、

  • スカイスキャナー
  • トラベルコ
  • エクスペディア

の3つを見ていきましょう。

格安航空券の購入におすすめのサイト1:スカイスキャナー(Skyscanner)

格安航空券の購入におすすめのサイト1:スカイスキャナー(Skyscanner)

スカイスキャナーは代表的な検索サイトで、世界各国へのフライトを探すことができます。

  • 日時と目的地を入力するだけで最安値をピックアップ
  • 片道や直行便などさまざまな条件を入力可能
  • フライト時間の選択肢も多数

航空券を購入するときは、まずスカイスキャナーで検索してみましょう。

格安航空券の購入におすすめのサイト2:トラベルコ(TRAVELKO)

トラベルコは、格安航空券と格安ホテルを検索できるサイトです。

  • ホテルやツアー、アクティビティもあわせて予約可能
  • 海外旅行に関する旅行記事も掲載
  • 旅行会社とも提携しているので安心

トラベルコはホテルなども予約できるので、旅行でフィリピンへ渡航する人におすすめです。

格安航空券の購入におすすめのサイト3:エクスペディア(Expedia)

格安航空券の購入におすすめのサイト3:エクスペディア(Expedia)

エクスペディアとは、世界中の航空券やホテル、旅行ガイドをチェックできるオンライン旅行会社です。

  • オンライン旅行会社としての規模は世界最大
  • 航空会社のタイムセールにも対応
  • 会員登録でさらなる割引もあり

フィリピン以外の国にも旅行したい人は、エクスペディアがおすすめです。

JALやANAなど、フィリピン行き航空券を幅広く探したい人はFSCもチェックしよう

JALやANAなど、フィリピン行き航空券を幅広く探したい人はFSCもチェックしよう

ここまで、LCCを中心とした格安航空券について解説しました。

実はフィリピン行き航空券は、LCCだけが販売しているわけではありません。
JALやANAなど「FSC」といわれる、サービスの充実した航空会社もチケットを販売しています。

航空券は目的やフライト時間、予算などにあわせてLCCとFACから選ぶことができます。

フィリピン行き航空券を購入できるFSCは例えば、

  • フィリピン航空
  • JAL
  • ANA

などです。

FSCの航空券はおよそ5万円から10万円。
決して安い金額ではありませんが、LCCに比べて機内食や映画など、サービスが充実しています。

長時間のフライトでも「食事代が節約できる」「フライトの疲れが残りにくい」などのメリットが少なくありません。

あなたの目的や予算、重要視するポイントによってはFSCの方が良いことがあります。

FSCにおける航空券の料金について、詳しくは以下の記事で解説しまいます。
気になる人は、あわせてチェックしてみてくださいね。

「【フィリピン留学の航空券】相場や安い時期、おすすめ航空会社を紹介」

フィリピン行き格安航空券はおすすめ会社と検索サイトから探すとお得

フィリピン行き格安航空券はおすすめ会社と検索サイトから探すとお得

今回は、フィリピン行き格安航空券について解説しました。

おさらいすると、フィリピン行き格安航空券を利用できる主な会社は以下の3つです。

  • セブパシフィック航空
  • エアアジア
  • ジェットスター

また空港別に、利用できる航空会社や料金、フライト時間もお伝えしました。

まとめると、直行便を利用できる空港と航空会社は以下の通りです。

【セブ島】

  • 成田国際空港:セブパシフィック航空

【マニラ】

  • 成田国際空港:セブパシフィック航空
  • 関西国際空港:ジェットスター
  • 中部国際空港:セブパシフィック航空
  • 福岡空港:セブパシフィック航空、ジェットスター

また今回紹介した検索サイトを活用しながら、安い航空券を探してみてくださいね。

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。