フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

フィリピン留学の穴場?地方都市イロイロの特徴を徹底解説!

フィリピン留学の都市のなかではまだまだマイナーな存在のイロイロ
この記事にたどり着いたみなさんの中にも、イロイロのことをまだ全く知らないという人も多いのでは?

実はイロイロ、フィリピン留学の穴場としてなかなかおすすめの地方都市なんです。
今回はそんなイロイロの特徴と、留学した際のメリットとデメリット、さらにイロイロに立地する代表的な語学学校を紹介します。

この記事を読めば、留学先として検討するうえで知っておきたいイロイロの概要が一通り把握できます。
ぜひあなたの留学先選びの参考にしてみてください!

留学都市イロイロの基本情報

Wikipediaより)

1.位置

イロイロは、フィリピン中部西ビザヤ地方のパナイ島南岸に立地する都市です。
パナイ島は首都マニラのあるルソン島の南側、フィリピン留学で人気のセブ島の左上にあります。

イロイロは西ビザヤ地方の政治・経済の中心地で、イロイロ州の州都でもあります。
面積56km2、人口44.8万人(2015年時点)で、フィリピンの地方都市のなかでは比較的大きな街です。

2.アクセス

イロイロには国際空港がありますが、日本との直行便は運行していないため、マニラもしくはセブで国内線に乗り換えてアクセスするのが一般的です。
移動時間はマニラからは約1時間20分、セブからは約40分です。

イロイロ市内での主な交通手段はタクシー、ジプニー、トライシクルの3つです。
治安がよいため、スリなどの最低限の注意は必要ですが、ジプニーやトライシクルといった現地ならではの乗り物を、留学生でも比較的気軽に利用できます。

3.気候

イロイロはフィリピンらしい温暖な気候で、平均気温は1年を通して20℃台後半です。
12月~5月が乾季、6月~11月が雨季で、乾季の4〜5月あたりは特に暑くなります。

また、フィリピンは日本と同様台風の上陸頻度が高い国ですが、イロイロは地理的な要因で台風被害が非常に少ないことも特徴です。

4.歴史

イロイロは西ビザヤ地方で最も歴史が古く、かつてはマニラやセブよりも経済規模の大きい都市でした。

街中にはスペイン統治時代の歴史建築が今も数多く残っています。
また、イロイロから西へ40kmの地点にあるミアガオ教会は、フィリピンに6つある世界遺産の一つとしても有名です。

近年はグローバル企業の進出地としても注目されはじめ、フィリピン国内有数のモデル都市の一つとして政府主導の都市開発が進んでいます。
これからますますの経済発展が見込まれている都市と言えるでしょう。

フィリピン留学:イロイロを選ぶメリット

1.教育水準が高い

実はイロイロは、名門フィリピン中央大学をはじめ、約40校もの教育機関が集まる学園都市でもあります。
他の都市に比べて教育水準が高いため、語学学校の講師も地元の大学を卒業した優秀な人材が集まっています。

さらに、イロイロは英語学校運営の歴史も長く、英語教育のカリキュラムの質の良さにも定評があります。
学園都市として街全体の雰囲気が学生にフレンドリーな点も魅力です。

2.安全で住みやすい

イロイロは2015年に「フィリピン国内で最も住みやすい街」に選ばれているほど、治安と利便性の良さで知られている都市です。

マニラやセブなどの大都市と比べるとはるかに治安が良く、海外が初めての留学生にもおすすめできます。

また、大型ショッピングモールがあるほか、モデル都市として政府主導で整備が進んでいることもあって、フィリピンの地方都市としてはかなり住環境が良いと言えます。

観光地化もまだされておらず、しつこい客引きなどもいなくて街全体がのんびりとした雰囲気です。
住んでいる人々もフレンドリーで愛想がよく、「The City of Love(愛の街)」とも呼ばれているほどです。

3.日本人が少なく英語に染まりやすい

イロイロは留学先としてもまだまだマイナーなため、日本人留学生が比較的少ない都市です。

「日本人同士で固まって日本語ばかり話してしまう失敗を避けたい」「留学中はできるだけ英語オンリーの環境に身を置きたい」という人に特におすすめです。

4.物価が都会より安い

マニラやセブなどの都会に比べると、地方都市のイロイロは物価が比較的安くなっています。

世界の都市データを口コミから数値化しているサイト「Numbeo」でセブとイロイロの物価を比較してみると、

Numeoより)

このように、ほとんどの項目でイロイロの方が価格が安いことがわかります。

また、物価にあわせて語学学校の学費も比較的安い傾向のため、留学コストをできるだけ下げたいという人は、マニラやセブよりもイロイロのような地方都市がおすすめです。

5.魅力的な観光地も豊富

歴史の解説でも触れた通り、イロイロの街にはスペイン統治時代の美しいコロニアル建築が多数残っています。

特に旧市街では、今なお複数のコロニアル建築が飲食店や物品店として現役で使われていて、古くから続く人々の生活のリアルな雰囲気が味わえます。

市内にあるロマネスク様式のハロ教会とゴシックルネサンス様式のモロ教会、さらにイロイロから40km先にある世界遺産のミアガオ教会も、ぜひ訪れたい観光スポットです。

また、イロイロからはマンゴーが世界一美味しいと言われるギマラス島へ船で30分程度でアクセスでき、留学生にも人気の観光地になっています。

さらに、世界的に有名なビーチリゾートのボラカイ島へもバスで5〜6時間で行くことができます。
イロイロに留学したら、週末トリップでぜひ一度ボラカイ島も訪れてみてほしいですね。

フィリピン留学:イロイロを選ぶデメリット

1.アクセスがややしづらい

日本からはマニラかセブで国内線に乗り換える必要があるため、直行便がある都市に比べるとややアクセスが不便です。
乗り換えの待ち時間も含めると大体1日がかりの移動になるため、どうしても時間と体力を消耗してしまいます。

また、海外旅行に慣れていない人だと、フィリピンで自力で国内線に乗り継ぐことに不安を感じるかもしれません。
しかし、多くの場合は留学先やエージェントが安全な乗り換え方法を丁寧に指南してくれます。

2.夜遊びスポットは少ない

マニラやセブなどの都会と比べるとバーやクラブなどは少なく、カジノもないため夜遊びにはあまり向かない街です。
ただし週末トリップなどでボラカイ島に行けば、夜遊びスポットも豊富でフィリピンのナイトライフを満喫できます。

市内に夜遊びスポットが少ないのは、誘惑に負けず勉強に集中したいという人にとっては逆にメリットにもなるかもしれません。

フィリピン留学:イロイロの代表的な語学学校

1.GITC

2003年に開校した、イロイロで最も有名な老舗語学学校です。
全ての生徒に担任をつける学習進行システムで、一人ひとりの弱点を把握したうえで最適な学習指南を行ないます。

学習スタイルは、予習と復習の自習時間が義務付けられているセミスパルタスタイル式です。
学生や社会人が利用しやすい、TOEICとIELTSの8週間点数保証コースも人気を集めています。

規模250人
資本韓国
コーススタンダードコース/1:1コース/ライトコース/パワースピーキングコース/パワー1:1コース/英語+インターンコース/TOEIC入門コース/IELTS入門コース/TOEICスコアアップ保証コース/IELTSスコアアップ保証コース/Juinor(幼稚園児)コース/Juinor(小学生・中学生)コース
ホテル1〜4人部屋/寮1人〜6人部屋
ホームページhttps://gitccollege.gest.asia

2.MK EDUCATION

収容人数300人の大規模なキャンパスを持つ語学学校です。
日本人留学生の比率は2割以下と低く、他国の留学生に囲まれて英語に染まりやすい環境です。

特徴的なコースとして、留学とともに英語での実務研修も体験できる「インターンシップコース」も提供しています。

規模300人
資本韓国
コースGeneral ESL-1コース/General ESL-2コース/General ESL-3コース/General ESL-4コース/General ESL-5コース/General ESL Premiumコース/TOEIC 試験準備コース/TOEIC点数保証コース/IELTS 試験準備コース/IELTS 点数保証コース/Internshipコース/Junior Basicコース/Junior Premiumコース
1人〜4人部屋
ホームページhttp://www.mk-edu.net

3.WE Academy

2003年に開校した、イロイロ英語教育の草分け的存在の語学学校です。
校舎兼学生寮は元ホテルをリノベーションした建物で、非常に快適な環境で留学生活が送れます。

講師は英語教育歴10年以上のベテランが7割を占め、教え方の上手さが評判で、4割以上の学生が留学を延長もしくはリピート留学しています。

規模150人
資本韓国
コースESL Aコース/ESL Bコース/ESL Cコース/ESL C+コース/セミスパルタDコース/ESL TOEICコース/ESL IELTSコース
1人〜3人部屋
ホームページhttp://www.weacademy-iloilo.com

4.Columbus English Academy

2006年に開校した、イロイロのなかでも小規模でアットホームな語学学校です。
少人数制ならではの一人ひとりに応じたきめ細やかな指導が定評を集めています。

学習スタイルはノンスパルタで、自習義務や門限などがなく自分のペースで自由に学習を進められます。
入学日の指定がなく、週半ばの入学などでも留学日数を減らさずフレキシブルに対応してもらえる点も魅力です。

規模30人
資本韓国
コースAコース(マンツーマンレッスン3コマ+グループレッスン2コマ+パターン練習1コマ)/Bコース(マンツーマンレッスン4コマ+グループレッスン2コマ+パターン練習1コマ)/Cコース(マンツーマンレッスン6コマ+グループレッスン2コマ+パターン練習1コマ)/Dコース(マンツーマンレッスン8コマ+パターン練習1コマ)
1人〜2人部屋
ホームページhttps://www.facebook.com/columbus.jp/

まとめ:イロイロは地方都市で快適にコスパよく留学したい人におすすめ!

最後に、イロイロ留学は特にどんな人におすすめかをまとめます。

  • ほどよく便利な地方都市でのんびり過ごしながら勉強したい
  • できるだけコストを抑えて留学したい
  • 平日はしっかり勉強して週末は観光も楽しみたい
  • あまり日本人同士で固まらずできるだけ英語に染まりたい

イロイロは留学先としてはまだまだマイナーな都市だからこそ、一般的なフィリピン留学とはまた一味違った経験ができるかもしれません。
ぜひあなたの留学先候補の一つに加えてみてください!

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。