【2020年最新版】セブ島留学に必要な持ち物 | フィリピン大学留学ナビ
フィリピン大学留学ナビ
LINEで相談
無料資料請求する

【2020年最新版】セブ島留学に必要な持ち物

このページではセブ島留学に半年間行った経験者が持って行って良かった持ち物、
セブ島で買った方がいいもの等をご紹介します。
セブ島に行く前に準備しておいた方がいいもの、逆にセブ島に行ってから調達してもいいものをそれぞれご紹介します。

どうぞ最後までご覧ください。

セブ島おすすめの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

セブ島の語学学校をチェックする!

また、フィリピン留学全般の持ち物についてはこちらの記事もご覧ください。
実際に行ってわかった!フィリピン留学の持ち物「いる・いらない」

★優先別持ち物一覧★

必須現地調達が
出来ない
現地調達出来るが
品質が違う
無くてもいいが
あったら便利
パスポート電子辞書トイレットペーパーパソコン
現金参考書類マスクポケットWi-fi
身分証明書衣類デジカメ
海外旅行保険証書綿棒日本からのお土産
現地情報が確認できる書類スキンケア用品
スマホ生理用品
SIMピン文房具
それぞれの充電器

 

見出し

【必須】手持ちカバンに入れるべき、セブ島留学に必須の持ち物

セブ島留学に必須の持ち物①:セブ島留学の貴重品類

セブ島留学に必須の持ち物

①パスポート

基本ですね。これが無いとセブ島に入国も出来ません。
入国する際もそうですが、セブ島では無くさないようにしましょう。

学校に行く際や、普通に町を出歩く際はもちろん持ち歩く必要はありません。
もし、持ち歩かなければならない際は鞄の奥底へ隠しておきましょう。

②現金3万円くらい

日本円でまず3万円くらい用意しておきましょう。
よく、現地の方がレートが良いと言われています。
なのでおすすめは国内で先に5千円だけペソに両替しておく。

そして現地に着いたら空港で残りを両替するのがいいでしょう。
セブ島に滞在分の現金をそのまま持ってくるのは結構リスキーなのでやめておいた方がいいでしょう。

③身分証明書

運転免許書が無いとレンタルバイクやレンタカーが借りれない事があります。

④海外旅行保険証

保険証書が無いと、せっかく加入していないと治療が受けられません。
必ず原本を持っていきましょう。

⑤滞在先情報が確認できる物

学校の寮に入る場合が多いと思うので、住所が書いてある紙を持っていくと入国がスムーズです。

(入国時、VISAは必要ないので持って行かなくて大丈夫です)

セブ島留学に必須の持ち物②:セブ島留学のカード事情

まず、一番便利なのは

VISAデビットカード。

普通のクレジットカードでもいいですが、これだと使いすぎてしまい、引き落としに怯える生活を送ってしまうかもしれません。

その点、デビットカードであれば使った後はすぐに引き落とされるので普通に現金感覚で使えることが出来ます。

ローカルなお店はまだ使えないお店も多いですがショッピングモールやファストフード店等、使えるお店も増えてきているのでぜひ効率的にVISAデビットカードを活用しましょう。

セブ島留学に必須の持ち物③:セブ島留学のガジェット類

①スマホ(SIMフリーがなお良し)

日本でももちろん、必須ですよね。
iphoneであれば6SからSIMフリー対応なのでぜひ用意しておきましょう。
もしもSIMフリースマホを持っていない場合は現地でWi-fiを調達しましょう。

1000ペソで購入できるので日本で購入するよりも安価です。

②SIMピン

これが意外と活躍します。
SIMフリーのスマホの場合、セブ島に着いてからSIMを入れる事が出来ます。
なかなか代用できる物が無いので忘れて後悔しないようにしましょう。

③パソコン

調べものをしたり、万が一スマホが無くなった時の保険としてあった方がいいでしょう。
私も、日本でスマホを無くしたり落とした事はありませんでしたがセブ島で初めて無くしてしまいました。。

その時初めて、「パソコン持ってきててよかった~!」と心の底から思いました。
少し荷物になってしまうかもしれませんがあって損はしないでしょう。

④それぞれの充電器類

意外と忘れがち。
メーカーによってはすぐに手に入らないものも多いので最後に必ずチェックしておきましょう!

⑤デジカメ

最近ではスホでもいい写真は撮れますがやっぱりちゃんとしたカメラで撮る写真は違いますね。
セブ島の海は世界有数のダイビングスポットでもあるのでせっかく行くならいいカメラを持って行った方が楽しみが増えます。

セブ島のWi-fi事情ってどうなの?
私の感覚だと、日本より進んでいる感じがします。
日本だと、カフェに入ってもパスワードを定員さんに聞かなければいけない事が多いです。

それに比べてセブ島はほとんどお店のフリーWi-fiもしくはWi-fiのパスワードがでかでかと掲示してあります。
結構ストレスフリーで使えます。

インターネット環境が常に無いと無理だという方はSIMを購入するかポケットWi-fiを持ち歩くのがいいかと思いますが、それぞれの施設で使えるWi-fiで十分そうであれば特に用意する必要も無いですね。

<貴重品を無くさない・盗まれないための方法>
今までご紹介したものは全て無くなると代替えが出来なかったり、高価な持ち物ばかりでした。
これらを無くさないための対処法をご紹介します。
セブ島留学に必須のセキュリティー
①大きなお金は持ち歩かない!
1日に使うお金は大体500ペソくらいあれば十分。
現金は盗まれてしまうと取り返しがつかないので大きなお金は持ち歩かない事をおすすめします。
何か出費がある事を想定して、あとはクレジットカードやデビットカード1枚あれば十分です。

②カバンはチャック付きの物を選ぶ!
とにかく、ちゃんとチャックで中の物が見えたり、すぐに取られるような物はやめましょう。
リュックは危険だとよく言われますが、ファスナーがゆるんでなければ大丈夫かと思いますね。

もしも、ストリートチルドレンが多いところや、夜道を歩く際はリュックを前にして歩くのがいいでしょう。
日本人というだけで狙われる可能性は常にあるという事を忘れないようにしましょう。

③少しの時間でも荷物は置きっぱなしにしない!
前述でも述べた通り、日本人だけというだけであなたの荷物は狙われやすいです。

カフェ・レストランなど人目が多いところでも盗まれてしまう可能性は十分にあります。
「ちょっとだけなら・・・。」と思って置きっぱなしにしておくことは大変危険です。
自分の荷物は必ず持っておくようにしましょう。

もしもApple payや電子マネー対応のスマホを持っている方はぜひ活用してなるべくキャッシュレスで生活しましょう。

万が一、スマホを落としてしまったとしても他端末から使用中止にしたり、パスコードを設定しておけば他の人に使われる事もありません。
なるべく持ち物を減らして、盗まれたり忘れるリスクを減らすことが大事です。

【生活用品】セブ島留学開始後すぐ使う持ち物

もちろんですが、日本とセブ島では文化が違います。
日本では普通にあるものもセブ島ではない場合が多々あります。
ぜひ持ち物の事前準備を整えて、困らないようにしましょう。

セブ島留学開始後すぐ使う持ち物①:セブ島ならではの必要な持ち物

①トイレットペーパー 1ロール

セブ島留学に必須の持ち物:トイレットペーパー

実はセブ島のトイレにはトイレットペーパーが備え付けられていないトイレが多いです。
必ず手持ちカバンに入れておくようにしましょう!
使い終わる前に、必ずスーパーで買い足しましょう。

②マスク

セブ島でのあるあるが、喉を壊してしまう事。
日本とは気候が違うため、慣れるまではマスクをしておいた方がいいでしょう。

③上着

セブ島は気候が暖かい分、店内や校内が寒い可能性が高いです。
機内でも使う可能性は高いので必ず手持ちに用意しておきましょう。

セブ島留学開始後すぐ使う持ち物②:セブ島でも購入できるが品質が全然違う生活用品

①綿棒

日本のものとは違い、持ち手のところが大変もろいです。
私は日本から持って行って良かったと思いました。

②洋服類

セブ島の洋服は安いですが品質はやはり劣ります。
濃い色がついているものは洗濯すると色落ちするので要注意です。

セブ島留学開始後すぐ使う持ち物③:セブ島留学持ち物女性編

①生理用品

セブ島のものは品質が落ちます・・。
吸収率重視の方は日本から持ってくる事をおすすめします。

②スキンケア用品

これも品質の問題。
日本のブランドの物はほとんど流通していません。

【勉強道具】意外とセブ島で手に入らない持ち物

英語目的で行ったセブ島。
ちゃんと必要最低限の持ち物は用意して、英語学習に集中できる環境を整えておきましょう。

セブ島で手に入らない持ち物①:学生時代を思い出して持ち物は一通り準備しましょう

セブ島留学に必須の持ち物:文房具

皆さんは学生時代、これが無いと勉強に身が入らない!
という経験をした事はありませんか?

例えば
書きやすいお気に入りのシャーペン
角がたくさんある消しやすい消しゴム
使い勝手がいい3色ボールペン
等々、、、

実はこういう商品って日本でしか手に入りません。
日本の文房具は海外に浸透してないんですよね。
その為、もちろんセブ島でも手に入らない日本の文房具は多いです。

セブ島留学の持ち物:一通り用意しておいた方が良い理由

正直に言いますと、セブ島の文房具は品質が良くない事が多いです。
クオリティにこだわらないのであればその辺のスーパーでもちろん購入は出来るのですがおそらくその品質には皆さんがっかりするでしょう・・・。

ボールペンはすぐインクが出なくなる
ノートの紙質は悪く、字がとても書きずらい

日本みたいにハイクオリティの文房具に慣れてしまっている私たちからすると意外とストレスが溜まってしまうかもしれません。
勉強に集中するためにも、持ち物はしっかり用意しておきましょう。

セブ島留学の持ち物:セブ島留学を成功させるためのマスト持ち物

  • 電子辞書

  • 単語帳

  • ノート

最低限、この3つだけは用意しておきましょう!
特に、単語帳は現地ではまず売っていません。
英語から日本語に訳されている貴重な勉強教材です。
ちなみにおすすめはコチラ。

単語帳おすすめ

学校へ行く道中のジプニーの中でよく読んでいました。

【番外編】セブ島留学へ持っていくと必ず喜ばれる持ち物

①日本のお菓子

日本のお菓子は海外の物とは違いバラエティに富んでいます。
良く喜ばれるのは抹茶味のチョコ。

抹茶は日本独自の味なのでセブ島では珍しいようです。
その他にも、日本のお菓子というだけで結構皆さん喜んでくれました。
ぜひ自分のイチオシのお菓子を持っていきましょう。

②前に使っていたiPhone

セブ島に流通しているiPhoneは日本より型が2つほど遅れています。
iPhoneの値段は世界共通のため、発展途上のセブ島ではとても高価なものです。

その為、セブ島の人々がよく使っているのは現地のメーカーのものが多いです。
もしも、誰かにあげてもいいなと思うiPhoneがあれば一応持っていってみましょう。
セブ島で仲良くなった友達やお世話になる先生にあげるときっと喜ばれるでしょう!

③文房具

前述で紹介したように、日本の文房具は非常にオリジナリティに富んでおり、なかなか海外では珍しい機能が付いているものがたくさんあります。
最近では、無印良品のボールペンなんかが人気だそうです。
ぜひ持って行ってばらまきましょう。

皆さんのセブ島留学がきっとよりよいものになるでしょう。

まとめ:事前に準備するものとセブ島で購入するものを上手に区別しましょう

セブ島留学に必須の持ち物をチェック

いかがでしたか?

セブ島に着いてから、「あれを持ってくればよかった・・・。」
という後悔だけは無いようにしてほしいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

セブ島おすすめの語学学校一覧についてはこちらをご覧ください!

セブ島の語学学校をチェックする!

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。