フィリピン大学留学ナビ

お問い合せ・ご相談はこちら

LINEで相談
無料相談

平凡な大学生だった私がフィリピン大学留学ナビを作った理由

こんにちは!フィリピン大学留学ナビ代表の天野です。

今回は、私がフィリピン大学留学ナビを作るに至った理由を書いていこうと思います!

平凡な大学生だった私が、留学をしてさらに留学エージェントをスタートするまでの物語になります。

平凡だった私が大学留学を決めるまで

平凡な大学生活



  私が大学に入学したのは19歳の時、浪人していたので高校の同級生よりも1年遅れて入学しました。

1年遅れて入学した自分は、その劣等感から周りよりも努力して何かを成し遂げたいと焦っていました。

ですが、大学生活の初めは大学に授業とアルバイトに追われてなにもできずにただ日々を過ごしていたのです。

留学フェアへの参加

 そんな自分に転機が訪れたのは大学1年生の時に参加した留学フェアでした。
大学内で行われた留学説明会は、私に留学への思いを強く抱かせました。

当時、イギリス・アメリカを初め海外で英語で勉強する自分の姿を想像してとてもワクワクしていたのを今でも覚えています。

決めきれずにいた留学

 しかし、留学について調べるうちに二つの問題に直面しました。

1つ目は英語力の問題でした。

留学先では当然ながら英語で勉強します。

なので、大学留学をする前に英語資格(TOIEC,TOEFLなど)を取得する必要がありました。

自分の英語学習にはなんとなく自信があったのですが、実際に勉強する中で現在の英語力では全く足りないことがわかり、今までよりも数倍努力しなければいけませんでした。

 

 2つ目の問題は費用です。留学するには当然費用がかかります。

1年間留学するには学費を除いても200万円以上、アメリカやイギリスなどに留学する場合は年間300万円近い費用がかかることがわかりました。

両親に相談したところ、「日本の大学の学費相当は払うけれど生活費については奨学金をもらうか自分で負担しなさいと言われました。

先輩起業家からのアドバイス

 留学自体を尻込みしていた私は半年間以上悩み続けました

そんな時に知り合いだった女性起業家の一言が私の背中を強く押してくれました。

彼女は私の留学への思いと留学への障害について話を真剣に聞いてくれました。

そして彼女は一言、「それなら留学しちゃえばいいんじゃない?」と背中を押してくれたのです。

たった一言でしたが、その言葉が私に留学の決意をさせたのです。

夏休みの間は英語学習にコミットすることに

 第一の問題であった英語資格については、大学二年生の夏に英語のスクールとフィリピンのセブ島留学に行って英語力をアップすることにしました。

もちろん、スクールにいくこともセブ島留学に行くこともお金がかかることでしたが、30万円程度の費用をアルバイトをして貯めました。

初めてのフィリピン語学留学では、短い期間であったものの初めて英語で話す環境にさらされました。英語の勉強を学ぶだけでなく、同じく英語を勉強しにきている同世代の友人たちに刺激を受けました。

このフィリピン留学が、長期の大学留学への思いを強くしたことは言うまでもありません。

1日8時間の勉強を1ヶ月半続けた結果、夏明けに必要な英語資格を取得することができました

大学留学をするためにとった行動

大学内の留学選考を受けることに

 英語資格を満たした私は、私が所属していた大学の留学選考を受けました

私の大学は海外の大学への派遣留学制度を設置していました。
その制度を利用して学するためには選考を受ける必要があったのです。

留学用の書類選考や面接選考がありましたが先輩の助力などを受けて無事突破し、留学へ行くチケットを手に入れたのです。

いざ留学準備

 さて、留学をするまで約1年の準備期間がありましたが、当然ながら英語力をさらにあげる必要がありました。

あくまでも”英語”で勉強するので英語力は高めておくに越したことはなかったのです。

しかし、留学自体にいけることが決まった私はあまり勉強をしませんでした(笑)

そしていよいよ大学留学

留学中の苦難

 あまり勉強もしない状態で留学をしたので、最初から困難にぶち当たります。

期待に胸を膨らませて出発した留学ですが、そもそも英語での生活は初めてだったので言いたいことが伝わらなかったりコミュニケーションでかなり苦労をしたのを覚えています。

日常生活に慣れてきたのもつかの間、英語で授業を受けるのは自分が想像していた以上に難しいものでした。
同じ授業を受けている生徒は生まれてきてからずっと英語で勉強している人たち。

少人数の授業ではディベートなどもあり、英語で論理的に伝えられない自分に苛立ちを感じました。

留学中に得たかけがえのない絆


 しかし、時間が経つにつれて英語での生活や英語での授業に慣れていくことができ、ルームメイトやクラスメイト、他の国から来た留学生など世界中の友人とのつながりを作ることができたのです。

自分の国や国際問題などについて色々な国の人と議論ができました。

今でも友人の一人が日本を訪ねてきてくれたり、私が旅行先にいる友人に会いにいくこともあります。

これは日本で普通に勉強していたら絶対に得られなかったものでしょう。

留学を終えて

留学を通じて得たもの

 さて、この留学で最大の収穫は「日本という小さな世界にいてはいけない」という思いです。

日本という世界は非常に狭くて、今まで私はそんな狭い世界に生きていました。

なんとしても世界に出たい」という思いが私の中に生まれました。

日本の人口は1億人ちょっとですが、世界の人口は70億人です。私は世界の70分の1の社会にいるのです。
当然世界に出れば、ビジネスの大きさも、人・文化の多様性も70倍近い違いがあるわけです。

でも、私だけが世界に出ればいいとは思えませんでした。

世界から学んで日本社会をよくして行くためにはもっと多くの同胞・友人たちに世界に出て行って学んで欲しいと思っていたのです。

特に”留学”という形で若い人たちにもっと海外に出て行ってもらいたかった

 思いを形にするために、より多くの人に留学を紹介するために留学紹介事業を立ち上げました

事業を立ち上げた後、様々な留学を希望する人に出会いましたが留学の問題となるのは「留学の費用」と「英語資格」であることがわかったのです。

そんな問題を解決できるのが「フィリピン留学」でした。

なぜフィリピンなのか?



 では、どうしてフィリピンの大学を紹介するフィリピン大学留学ナビを作ったのかを話したいと思います。

 1つ目はフィリピンの大学の多くが留学の際に英語資格を問わないということです。

私は英語資格を取得してから留学に応募する必要があったので時間がかかりましたが、もし英語資格が必要ないならすぐに留学を開始できます。

 フィリピン留学をおすすめする2つ目の理由は、フィリピン留学の費用が安いことです。

私は留学に200万円近く必要でしたがフィリピンに留学していれば1年間に100万円もあれば生活費も学費もすべて賄えていたでしょう。

最安かつ最短で留学できる環境がフィリピンにあります。

フィリピン留学を通してどうなって欲しいか

 最後にフィリピン留学を経験する方々に留学後にどのような人材になって欲しいかを話してこの記事を締めくくりたいと思います。

留学先では自分の国の文化や政治、経済などについて説明できることが求められます。留学を経験すると日本と世界の違いにいやでも気付かされます。

 自分が日本人であると誇りをもって海外の人に説明できる人材になって世界に羽ばたいて欲しいと思います。

この記事を読んで少しても世界に羽ばたきたいと思った方はフィリピン大学留学ナビにお問い合わせください!

Contact Us まずは無料で留学カウンセリング

フィリピン大学留学ナビについて

『フィリピン大学留学ナビ』は、【誰もが気軽に海外大学に留学できる社会】を本気で目指す、フィリピン留学総合情報サイトです。
フィリピンの大学、語学学校をはじめ、フィリピン留学の費用や流れなど、フィリピン留学に必要な"すべて"の情報が集まるサイト作りを目指しています。

『フィリピン大学留学ナビ』を利用すれば、あなたに適したフィリピン留学方法、フィリピン留学情報などがわかります!
フィリピンの大学・語学学校掲載件数も、日本最大級の規模!どうぞ、『フィリピン大学留学ナビ』の圧倒的な情報量から、比較・検討してください!

フィリピン留学をお考えの方へ

フィリピンへの留学は、私たち日本人にとって魅力がたくさんあります。

フィリピンに留学すべき3つの理由

1.学費がとても安い!
日本の私立大学が130万円〜、アメリカだと300万円〜なのに対し、フィリピンでは5万円〜で留学できます
2.英語がとことん身につく!
フィリピンの英語レベルは高い上に、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒の英語力を伸ばす仕組みが整っています。
3.休日は常夏のビーチでENJOY!
フィリピンでは、どの地域でもビーチが近くにあります。休日には、留学先でできた親友と南国リゾートの気分を味わうことができるでしょう。